この子も再会でしょうか.... #ホウロクシギ



またまたK浜にホウロクシギが。前回撮影した後、もう3週間程度経っています。その間の目撃情報をほとんど聞いていないので別個体か?とも思われますが、個体数の少ないレアものだけにどうなんでしょう。よほど好物の餌があったのを思い出して、遠方から舞い戻ってきたのでしようか。それにしても、身体と全く同色の岩の上に居たので、うっかり見逃してしまうところでした。岩の上に頭が出ていたので、?と思いましたが、もう少し...

☞この記事を読む

久々の大物でした.... #ホウロクシギ



この地へ訪れる前にホウロクシギの情報があったのですが、直ぐに訪問することができず、一週間近く経っていました。なので、ホウロクシギはもう諦めて他のシギチを!との謙虚な気持ちで訪問したのが功を奏したのか、目の前に大きなシギが。なんと半ば諦めていたホウロクシギで、この子に出会うのははこの日以来、私にとっては4年半ぶりの大物でした。その日もそうでしたが、そもそもそんなに出会える鳥ではないので、単独で出会う...

☞この記事を読む

なんと7年ぶりの再会....?



ミサゴに出迎えてもらった後、カラスに追われて2羽のチュウシャクシギがやってきました。....と思いましたが、チュウシャクシギにしてはかなり身体が大きく、違和感が....。と言うことは、ホウロクシギ?ダイシャクシギ?と思いましたが、この時点では識別の決め手がわかりません。それでもこの2種のうちのどちらかだろうとじっくりと撮影しました。帰宅後調べてみますと、チュウシャクシギより大きく、眉班、頭央線も見えないの...

☞この記事を読む

久々のライファーです



ホウロクシギホウロクシギホウロクシギホウロクシギホウロクシギホウロクシギ今日は久々にMGさんと某野鳥園へ行ったのですが、たいした種も現れないし、鳥までの遠さにうんざりして先日に引き続いて早々とE干潟へ移動...。ここで初見初撮りのホウロクシギに出会いました。当初はホウロクかダイシャクかと悩みましたが、どうやらホウロクの幼鳥のようですね。幼鳥ならではの警戒心の薄さか至近距離での撮影ができました。前回の...

☞この記事を読む
近況報告
9月に入りましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

ようやく朝晩は少し涼しくなりましたが、お昼は依然として猛暑が続いています。そして、少しはマシになったとはいえ、まだまだ新型コロナウイルスも猛威を振るっています。

ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年9月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z50
Nikon D500
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(F004)
  SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)

* テレコンバーター *

AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


カテゴリー