こんな時期にウミアイサが.... #ウミアイサ

さて、どこに撮影に行こうか?....と、行き先に悩む時期になってきました。

そんなにひどい雨ではなかったものの、昨日まで3日間は引きこもりに....。
やはり出先で降られるのは嫌なので、余程の貴重な鳥でないと、雨予報の日は撮影に出るのを躊躇してしまいます。ましてや、無理をして出かけても雨の中では綺麗な画像が残せません....、私はそんな日は無理せず休養です。しかし、引きこもりが続くとついついアルコールが増えてしまうという心配も....笑。

そんな中、自宅近くのM川下流にウミアイサが居る....と。

そう言えば、3年前一昨年もこの川で季節外れのカワアイサに出会ってます。今回は怪我なのか病気なのか解りませんが、何故かこの川は居残り組の鳥には人気があるようです。それでもこの時期に見られるのはレアだと、今日のターゲットはウミアイサに決定です。

そして、昨日までのアルコールを抜こうと今日はもちろん徒歩にてスタートです。
はっきりしたポイントが解らなかったのですが、既にブログにあげておられる方の情報では、JRの鉄橋の辺りのようです。それなら、1時間半ほど歩けば見つかるだろう....と出かけましたが、見つけたのはJRをもっともっと通り越し、H電鉄の鉄橋近くの中州でした。

中州と言っても、2〜3mほどしかないところへ上陸して、翼を休めているようです。翼を広げるシーンもありましたが、見た目は異常もなく、怪我をしているのか、病気なのかは解りませんでした。撮影をしていた数十分の間もほとんど水へは入ろうとしません。今後は30度を超える日が続いていくと思いますが、この先無事に過ごせるのでしょうかねぇ....。





中州にいましたが、向こう向きです

ウミアイサ♂

順光なのにうまく眼がでません
UMIAISA-163b.jpg
ウミアイサ♂

UMIAISA-162b.jpg
ウミアイサ♂

なんとか眼が....
UMIAISA-164b.jpg
ウミアイサ♂

UMIAISA-165b.jpg
ウミアイサ♂

UMIAISA-166b.jpg
ウミアイサ♂

UMIAISA-167b.jpg
ウミアイサ♂

UMIAISA-168b.jpg
ウミアイサ♂

UMIAISA-169b.jpg
ウミアイサ♂

UMIAISA-170b.jpg
ウミアイサ♂

UMIAISA-170*1b
ウミアイサ♂

UMIAISA-170*2b
ウミアイサ♂

バタバタするシーンを見る限り、翼に異常はなさそうですが....
UMIAISA-170*3b
ウミアイサ♂

やっとこちらを向いてくれました
UMIAISA-170*4b
ウミアイサ♂

UMIAISA-170*6b
ウミアイサ♂

UMIAISA-170*7b
ウミアイサ♂

UMIAISA-170*8b
ウミアイサ♂

しかし、すぐに振り返ってお休みです
UMIAISA-170*9b
ウミアイサ♂

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-20E Ⅲ


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







滑り止めだったかも.... #キセキレイ

アカショウビンの地で、開門前に撮影したキセキレイです。

まさかこの地でアカショウビンを外す事はないだろう....とは思いましたが、一応滑り止めとして撮影しておきました。かなり管理が行き届いているこの地ですが、ここは動物園ではありません。ましてや相手は野生のアカショウビン....、自然界は何があるかわかりませんよね。

結局、この後アカショウビンとの出会いは実現したので、滑り止めのメイン画像にはならなくてよかったです。それでも、先日ご紹介したとおり厳しい子育て状況でしたので、もう数日ずれていれば撮影できていなかったかも。そう思うと、やっぱりフィールドで出会った鳥はなんでも撮っておかないと....とつくづく思います。

このキセキレイはカップルでいたようで、この枝の上で交互に気持ちよく囀っていましたが、残念ながらちょっと遠かったです。ここは結構明るく、そんなにISOは上がってないのですが、かなりのトリミングでノイズだらけになってしまいました。

それでも、普段は汚い泥の混じった下草の地でしか出会えないキセキレイの枝止まりは新鮮でした。


キセキレイ

KISEKIREI-32b.jpg
キセキレイ

KISEKIREI-37b.jpg
キセキレイ

KISEKIREI-33b.jpg
キセキレイ

KISEKIREI-34b.jpg
キセキレイ

KISEKIREI-36b.jpg
キセキレイ

KISEKIREI-35b.jpg
キセキレイ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







赤色型はライファーでした.... #コノハズク

アカショウビンの撮影地でのもう一種のターゲットはコノハズク。
今年、この地に居るのはライファーの赤色型でした。

前回紹介したように、この日のアカショウビンは意外な展開でしたのでずっと眼が離せず....。コノハズクの居るところはアカショウビンのポイントからわずか数分ですが、なかなかそちらへ向かう気が起こりません。ようやく、アカショウビンの♀が持ってきた餌を自分で食べた後、近くの枝で動かなくなったのを見て、撮影に向かいました。

画面からはみ出るような近い枝に止まってくれているのは嬉しいのですが、逆光で真っ暗です。肉眼では赤黒っぽい塊にしか見えず、ライファーにもかかわらず表情の確認もできません。アカショウビンとは違った意味で大苦戦でした。

そのまま撮れば真っ黒ですので、いろんな露出補正を試みてみます。しかし、顔の表情が解るくらいに明るくすると、周りは真っ白に飛んでしまい、場の雰囲気が出ません。最終的には、顔のみを少し明るくすることで落ち着きましたが、こういう撮影は難しいですね。

しかも、ISO自動設定の上限をOFFにしてしいたので、ISOが12800超の画像も量産。さすがに、塗り絵のような画像になっていて大半はボツになりました。


大苦戦の補正です 肉眼では表情がわからなかったので新鮮です

コノハズク

KONOHAZUKU-12b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-14b.jpg
コノハズク

この画像はISOが12800 まるで塗り絵ですね
KONOHAZUKU-13b.jpg
コノハズク

後ろから陽が射すと見にくいです
KONOHAZUKU-15b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-16b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-17b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-18b.jpg
コノハズク

KONOHAZUKU-20b.jpg
コノハズク

顔の一部分だけに陽が当たるのもNGですね
KONOHAZUKU-19b.jpg
コノハズク

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







悲しいドラマになったようです.... #アカショウビン

夏場の鳥枯れの時期を前にして、Pochiさんご夫妻とYasuoさんからお誘いをいただき、昨日は今年の前半戦最後の遠征に行ってきました。

行き先は交尾から孵化へと順調に進み、数日前から頻繁にヒナへ餌運びをしているアカショウビンの地です。昨年は手持ちで出かけて悔しい思いをしましたので、今回は横着をしないで三脚携行です。最近はヒナが巣穴から顔を出すらしく、先日地元近くのS山では情けない画像しか撮れなかったので、ぜひリベンジを....と期待を持って現地到着です。

ひょっとすると来週末までに巣立ちするかもということで、カメラマンは大混雑....、ピーク時は70〜80名に。「巣穴に向かう前に立ち寄る枝」と「巣穴の正面」の両方が見えるベストポジションは既に満員でしたので、とりあえずは枝止まりをしっかり撮ろうと、少し離れたところに敢えてスタンバイしました。

その後一時間ほど待ちましたが、シーンとしたままです。ヒナは6羽居るとも聞きましたので、もっと頻繁に餌を与えないとまずいのでは?....と気になります。その後、先着のカメラマンから「1度目は7時ごろに来たけど、餌を持ってなかった…」とか、「昨日の夕方から持ってきた餌を与えていない…」と言うようなあまり聞きたくない情報が。

そんな情報の中、やっと遠い枝に止まった子が「キョロロロロ〜〜〜ッ!」、でもやはり餌は持っていません。それでも、その直後に今度は♀と思われる個体がカナヘビを咥えて登場です。その後数回巣穴へ向かってダイブしたようですが、なぜか餌を咥えたまま枝上に戻ります。多くのカメラマンから「あれ、まだ持ってる…」と言葉が漏れます。このあたりから、一旦ホッとした現地に不安な空気が流れ始めます。

そして巣穴の方を凝視したまま、なんと一時間あまり動きません。もちろん口にはまだカナヘビが....。「うーんやっぱりおかしい…」、「何かに襲われた…」、「ヒナは死んでいる?....」と、現地は騒然。

そして、その後にはとうとうその餌を自分で食べてしまい、多くのカメラマンからは溜息が…。しかし、その後もずっと枝上からは動かず、悲しげに巣穴を凝視しています。この時点で「もうヒナは生きていない…」と、不安が確信になりました。

そして、今度は近くの枝にカエルを咥えた♂もやってきましたが、♀の様子を見ていたのか、すぐに自分で食べてしまい、どこかに飛び去ってしまいました。♀はまだしばらくの間、この場をは離れるのを躊躇していたようですが、諦めたのか♂を追いかけて森の中へ。

その後しばらく様子見をしましたが、結局午前中で撤収しました。その間も餌運びはなく、やはりヒナは死んでいるのでは…と推測されます。ただ、ヘビやカラスに襲われたのなら丸呑みされてしまうので、親鳥はもう餌を持ってこないでしょう。とりあえず餌を持ってくると言うことは、巣穴にはまだ姿はあるのでは....と。巣穴の周りにはハエが多数集まっていると言う話もあり、情報が錯綜していますが、定かではありません。

結局、その後の詳しい情報は不明のままですが、巣立ち直前でのアクシデントは気になりますね。悲しげなアカショウビンの表情が脳裏に残ったまま、私たちも帰宅しました。

Pochiさん、Yasuoさん、お疲れ様でした。まさかの展開にほんとに疲れましたね。
それから、その後の動向が気になりますので、昨日夕方まで粘られた方、本日以降行かれた方等、詳細を教えていただければ幸いです。

ようやく遠い枝上でキョロロロロ〜〜〜ッ!
AKASHOUBIN-103b.jpg
アカショウビン

AKASHOUBIN-102b.jpg
アカショウビン

AKASHOUBIN-104b.jpg
アカショウビン

その直後♀でしょうか カナヘビを咥えて登場です
AKASHOUBIN-105b.jpg
アカショウビン

AKASHOUBIN-106b.jpg
アカショウビン

AKASHOUBIN-107b.jpg
アカショウビン

巣穴へダイブしましたが、餌を咥えたまま枝上に戻ります....
AKASHOUBIN-108b.jpg
アカショウビン

AKASHOUBIN-109b.jpg
アカショウビン

また同じようなシーンが....
AKASHOUBIN-110*2b
アカショウビン

そしてずっと巣穴を見ています
AKASHOUBIN-110*3b
アカショウビン

そしてこんな状態がずっと続きます
AKASHOUBIN-110*1b
アカショウビン

AKASHOUBIN-110b.jpg
アカショウビン

結局、自分で食べてしまったのには驚きました
AKASHOUBIN-110*7b
アカショウビン

AKASHOUBIN-110*6b
アカショウビン

しかし、巣の見えるところからは移動しません
AKASHOUBIN-110*5b
アカショウビン

今度はカエルを咥えた♂が....
AKASHOUBIN-110*9b
アカショウビン

♂は直ぐに自分で食べ始めました
AKASHOUBIN-110*10b
アカショウビン

AKASHOUBIN-110*13b
アカショウビン

AKASHOUBIN-110*14b
アカショウビン

AKASHOUBIN-110*15b
アカショウビン

この後すぐに森の中へ
AKASHOUBIN-110*16b
アカショウビン

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







やっとこの地で.... #ササゴイ

今季は地元近くのM川で既に2度出会えたササゴイですが、某有名地でもやっと出会えました。

今季も既にコアジサシシロエリオオハムを撮影した帰りに訪れましたが、何故かいずれもお留守....。私のところからこの地までは結構距離があり、なかなかこの鳥だけをターゲットにして出かけることは少ないです。しかも2度も続けて外すと、もう今季はこの地では会えないかもと思っていましたが、チョウゲンボウの子育てを撮影したこの日に無事出会えました。

毎年思いますが、ここで過ごすササゴイはほんとに警戒心がありませんね。無茶して近づいているわけではないのですが、この日は画作りが難しいくらいの至近距離で撮ることができました。

しかし、何度か魚を獲ろうとするシーンがあったのですが、もう既に満腹だったのか、よほど下手なのか(笑)、さっさと諦めて飛び去ってしまいました。

少し下流で餌探しを....

ササゴイ

SASAGOI-112b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-113b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-114b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-115b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-116b.jpg
ササゴイ

もう満腹なのか、集中力がありません
SASAGOI-117b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-118b.jpg
ササゴイ

上流の魚の覆いポイントへ....
SASAGOI-119b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-120b.jpg
ササゴイ

SASAGOI-120*1b

ササゴイ
SASAGOI-120*2b
ササゴイ

SASAGOI-120*3b
ササゴイ

結局魚を獲ることもなく、飛び去ってしまいました
SASAGOI-120*4b
ササゴイ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







近況報告
7月にはいり、いよいよ梅雨も本格的になってきました。

災害級の豪雨になっているところもありますが、皆さまが被害に遭われことのないよう祈っております。そして、既に被害に遭われた皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

カメラボディ
Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10

レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro 1.4X DGX 他


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
天気予報
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク