脇見で大失態.... #オオタカ

今季はまだ撮影できていない、ミコアイサの成鳥♂....。

例年やってきている地元のN池/K池には、今年も早々に10羽以上が来てくれていています。ただ、この周辺の池を常に巡回しており、運が悪いと出会えません。そして、私が撮影できた日はまだ♀タイプのままで、パンダにはなっていない状態でした。

その後、真っ白になった姿を撮影しておられる方がいらっしゃったので、クロガモ撮影の帰りに訪問すると今度はなんと池の水が空っぽ。その日はそのまま帰ってしまったのですが、改めてこの日は近くのK池公園へ。もちろん、ターゲットはミコアイサの♂です。

この地はオオタカの撮影でも有名で、今年のこの時期は2羽の幼鳥と成鳥とが確認されており、カメラマンの姿も絶えません。ただ、なかなか見透せるところで行動してくれないのと、距離が遠すぎるのとで、なかなか脚が向かないのです。

そんな中、現地到着早々、日本列島の島の福島県あたりの木にオオタカの姿が。めずらしく被りもなく、いいところへ止まっていますが、やはりかなりの距離があり、いまいち満足な画像が撮れません。なので、とりあえず証拠写真だけ撮った後、やっぱりミコアイサを探す事に....。そして、ミコアイサ♂を2羽確認できましたが、これまた遠い遠い水面上を泳いでいます。それでも、結構な広範囲を泳ぎながら、餌を探しているので、そのうち近くで撮れるかも?....と、追いかけてみました。

その後、先程オオタカが止まっていた付近の水面で異様なものが....。はじめは何が起こっているのか理解できなかったのですが、冷静に考えると先程のオオタカが狩りをしたようです。後ろ向きでよく見えないのですが、カモ?を押さえ込んでいます。しかし、引き上げるのに苦戦している様子で、ドタバタドタバタの繰り返し。これはいいシーンに巡り会えたと、連写です。

そして、かなりの時間膠着状態が続いたので油断をしてしまい、ここで取り返しの付かない大失態を演じてしまいました。思った以上に晴れ上がり、ギラギラ光線だったのでそれまでの「狩りのシーン」がちゃんと撮れているか?とモニターを確認。

直後に目線を戻したのですが、水面には何の姿も無し....。「あれっ?掴んで飛んだ?それとも失敗して飛び去った?」....、全く状況が解りません。そして、少し離れたところでカメラを構えておられた、OさんやチームKの方々に詳細をお聞きすると、ユリカモメを掴んで対岸の雑木の中に入った....と。えっ、あんな僅かな瞬間に???過去、何回も被写体から眼を離した瞬間にナイスショットを逃したことがあるのに、またもややってしまいました。

たった数秒のつもりでしたが、実際は何秒だったのでしょう....。あのわずかな間にユリカモメを掴んでいく肝心のシーンを逃してしまい、大失態です。せっかく巡り会えた「狩りのシーン」だったのに、ほんとに脇見での大失態でした....泣。

     珍しくいいところに止まっていましたが、やはり遠い〜
    
     オオタカ

     OOTAKA-52b.jpg
     オオタカ

メインターゲットのミコアイサ♂も、これまた遠い〜
MIKOAISA♂-120*21b
ミコアイサ♂

ん?これは???
OOTAKA-53b.jpg
オオタカ

狩りの真っ最中でした
OOTAKA-54b.jpg
オオタカ

白いお腹とオレンジ色の脚 カモ?
OOTAKA-55b.jpg
オオタカ

すぐ傍をカワウは平気で通過します
OOTAKA-56b.jpg
オオタカ

顔が見えました
OOTAKA-59b.jpg
オオタカ

OOTAKA-58b.jpg
オオタカ

この直後、脇見して大失態を....
OOTAKA-60*1b
オオタカ

この奥へユリカモメを連れ込んだ....とのこと
OOTAKA-60*2b
オオタカ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク






またまた逆光に大苦戦.... #オオタカ

不本意な画像しか残せなかったベニマシコを諦めた後、今度は近くの高い枝に大きなシルエットが....。

これまた、真後ろに太陽が....というような大逆光で、肉眼では何の鳥かも判別不可。少しでも逆光を避けようと回り込みますが、足元が悪いのと、飛ばれるかも?と思うと、あまり動けません。とりあえずは+2.3程度の補正をしてシヤッターを押しましたが、それでも1枚目のように真っ黒でした。カラスではなく、どうやら猛禽とは解りましたが、それでもトビ?ノスリ?....。

そこからまた現像時にかなりの補正をして、やっとたどり着いたのがこれらの画像です。結局、モニターに現れたのは胸から腹にかけての縦班....、どうやらオオタカの幼鳥のようですね。

+2.3でもこの時点では何か解らず....、さてこの子は?
OOTAKA-50*5b


再補正後、モニターに現れたのは....

オオタカ

OOTAKA-41b.jpg
オオタカ

OOTAKA-43b.jpg
オオタカ

OOTAKA-42b.jpg
オオタカ

OOTAKA-44b.jpg
オオタカ

OOTAKA-46b.jpg
オオタカ

OOTAKA-49b.jpg
オオタカ

OOTAKA-50b.jpg
オオタカ

OOTAKA-50*1b
オオタカ

OOTAKA-50*3b
オオタカ

OOTAKA-50*2b
オオタカ

OOTAKA-50*4b
オオタカ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク






動画も撮りましたが....

飛翔シーンの撮影は全滅に終わりましたが、密かに(笑)動画も撮りました。しかし、気温も上昇して風も穏やかだっただけに、陽炎の影響が出たようで、鮮明な映像にはなりませんでした。

背景の枝の間を見ると、ゆらゆらと揺れる空気感が伝わってきますよね。


[広告 ] VPS

オオタカ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク






第2の滑り止め....?

先日20日の遠征ですが、第1そして第2のターゲット共に外してしまいました。
まぁ、こんなこともあろうか?と、滑り止めにオガワコマドリを準備する等、下調べは万全でした。しかし、まさか第2の滑り止めまでもがメインとなるとは....。

もちろんオオタカは地元近くの公園や、大阪市内の某都市公園でも簡単に撮れるはずなのですが、これまで私との相性はあまり良くありません。先日、地元の公園で初めて出会えましたが、撮れたのはこのシーンのみ。大阪市内の某公園に於いては過去10回程度訪れて、これまで出会いはゼロです。

そんな中、この日は枝に止まっている♀と、その子に近づく♂とのカップルを見ることができました。貴重なシーンにも恵まれたのですが、枝被りの画像となってしまいました。

まずは枝に居る♀を見つけました
OOTAKA-31b.jpg
オオタカ

すぐ♂が近づき、18禁のこんなシーンも....
OOTAKA-32b.jpg
オオタカ

うーん、枝被りが残念でした
OOTAKA-33b.jpg
オオタカ

その後♂は近くの枝で休息です
OOTAKA-34b.jpg
オオタカ

OOTAKA-35b.jpg
オオタカ

OOTAKA-36b.jpg
オオタカ

OOTAKA-37b.jpg
オオタカ

OOTAKA-38b.jpg
オオタカ

OOTAKA-39b.jpg
オオタカ

OOTAKA-40b.jpg
オオタカ

OOTAKA-40*1b
オオタカ

おっ、飛ぶかも....
OOTAKA-40*2b
オオタカ

その後予想どおりに上空を舞ってくれましたが、飛翔シーンは全滅でした。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク






一瞬のオオタカ....

今季はルリビタキの♂、♀ともにまだ出会えていないので、今日はゆっくりとマイフィールドで探索する予定でした。

ところが起床後、ふとオオタカが撮りたくなり、伊丹市のK池へ....。この地は過去に何回も訪れたことがありますが、鳥までの距離がかなりあり満足度がいまいちだったので、長い間撮影地の候補から外しておりました。最近は出現具合もいい様子で、ブログにUPされている方も増え、再訪したいと思っていたところでした。

久々に懐かしいポイントを訪れましたが、カメラマンはなんと私一人、早々に嫌な予感が....。それでも遠くの木々の間を双眼鏡でくまなく探してみると、被りまくった枝の間に居ました。すぐに発見できたのでホッとしましたが、その後なかなか動いてくれません。そしてこちらが油断した隙に飛び出した後、一瞬で横切り、島の裏側へと消えてしまいました。その後は結局姿を姿を見せてくれないまま、時間切れ....。帰り際に西側の別ポイントにも寄ってみましたが、ここにも全然現れない....と。

今日はご機嫌斜めだったのか、どこへ行ってしまったのでしょうね〜〜。

なんとこんなところに居ました
OOTAKA-23b.jpg
オオタカ

かろうじて撮れたのはこの2枚のみでした
OOTAKA-21b*
オオタカ

OOTAKA-22b*
オオタカ

待ち時間はこの子が相手をしてくれましたが....
JOUBITAKI♀-143b
ジョウビタキ♀

JOUBITAKI♀-141b
ジョウビタキ♀

JOUBITAKI♀-142b
ジョウビタキ♀

Nikon D500 + AF-S Nikkor ED 300mm F2.8G VR II + AF-S TELECOVERTER TC-20E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク






近況報告
7月に入って、毎日のようにどこかで被害の出るような豪雨が続いています。すでに被害に遭われた方には謹んでお見舞い申し上げます。 まだしばらくこんな状況が続きそうですし、今年は新型コロナ肺炎も注意が必要です。くれぐれも注意をされてお過ごしください。



FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2020年6月現在)

* カメラボディ *

Nikon D500
Nikon D7100
Apple iPhone 6s

* レンズ *

AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(B028)
  18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX
  12-24mm F4(IF)

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
天気予報
assembled by まめわざ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
QRコード
QR
スポンサーリンク