ヒナを撮影できたのは3年ぶりでした.... #アオバズク

私は例年北摂の大木の地へ出かけて、アオバズクの子育てを撮影していました。

しかし、現地までは結構距離があるので、天候が不順なこの時期は訪問するタイミングが合わないまま巣立ってしまい、撮影できなかったことも多々ありました。そこへ、今年はちょうど親鳥がやってくる頃に新型コロナウイルスの緊急事態宣言.... 。

その後解除はされましたが、今年はこのままできるだけ近場での自粛撮影を継続し、近くの初めての地で観察することにしました。

初めて訪れたこの日は、頭上の枝の上で♂だけが見張りをしており、♀の姿はありません。巣の中で抱卵中か既に生まれたヒナの子育て中と思われました。そして、先週になって♀が巣から出てきているという情報をいただきました。

アオバズクの子育てですが、Wikipediaによると一度に2〜5個の卵を産み、♀のみが抱卵。その期間は約25日で、その後の巣立ちまでの日数は約28日とのこと。

前回から約3週間が経っていますが、産卵日が解らないので、どのタイミングでヒナの姿が見られるか?は微妙です。それでも、そろそろ巣立ちが近づいているものと思われるので気にはなっていました。

現地に到着すると、親鳥は前回撮影したのと全く同じ枝から見守っています。
そして、反対側の低い枝には、情報どおり前回姿のなかった♀の姿がありました。巣の場所はちょうど陰になっているようでこちらからは見えませんが、おそらくこの♀の視線の先でしょう。

しかし、この日はまだヒナの姿が確認できません。それでも、この2羽の親鳥の緊張感のある視線をみていると、もう間近だと思われます。驚かせないように、そ〜っと撮影してさっさと撤収しました。

そして、その6日後の朝早く、一番子が出たとの情報が。

この日は所用があり、もともと帰りに寄るつもりでしたが、所用を後回しにしてこちらが先です....笑。連絡をいただいて数十分後に現地へ着きましたが、すでに10人ほどのカメラマンが先着されていました。

そして、皆さんのレンズの先には可愛いヒナの姿が。
前回♀が止まっていた同じ枝のようです。巣立った直後ですので、ほとんど動きもありませんが、時折左右を見回す等の可愛い仕草を見ることができました。

逆光の陽差しの当たる明るい枝に止まっているので、いつもと雰囲気が違います。この子は暗いところの方がお似合いかも....、夜行性のアオバズクには眩しすぎたようです。他のあちこちの場所でもヒナの巣立ちが報告されていますが、この地もやっと巣立ちました。

動きのある度、情報をいただいたYさん、ありがとうございました。

この翌日には二番子も出ていたようです。アオバズクのヒナを撮影するのは3年ぶりになりますが、天敵に襲われることなく、無事に育ってほしいものです。












♂は前回と全く同じ枝にいました
AOBAZUKU-231*b
アオバズク

AOBAZUKU-234*b
アオバズク

AOBAZUKU-232*b
アオバズク

前方の低い枝には♀が
AOBAZUKU-238b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-240b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-239b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-236b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-237b.jpg
アオバズク

6日後、無事一番子の巣立ちです
AOBAZUKU-240*1b
アオバズク

AOBAZUKU-240*2b
アオバズク

AOBAZUKU-240*3b
アオバズク

AOBAZUKU-240*4b
アオバズク

AOBAZUKU-240*5b
アオバズク

AOBAZUKU-240*6b
アオバズク

AOBAZUKU-240*7b
アオバズク

AOBAZUKU-240*8b
アオバズク

1〜8枚目
Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

9〜16枚目
Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




今年は初めての地で.... #アオバズク

例年なら、5月のGW明けにフクロウの巣立ち、そしてその後はアオバズクの子育て....と、ダブルで楽しめる大木の地ですが、昨年からフクロウの姿を見かけなくなっています。

数年前からフクロウおよびアオバズクの巣のすぐ近くにカラスが巣をつくっていたので、気にはなっていました。これを嫌ったのか?、それとも実際に襲われるような事件があったのか?は解りませんが、今年もフクロウは来なかったようです。

そして、今年の5月と言えば、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の真っ最中....、さすがに県を跨いで様子を見に行くのは自粛....。この地は行き慣れているとはいえ、けっこう距離があるので、その後も行きそびれてしまっていました。

そろそろ....と思っていたところ、隣県ではなく、隣市の神社にもアオバズクが居るのを教えていただき、今年はそちらにチャレンジしてみることに。ここなら大木の地までの1/3くらいの距離です。

数日前に撮影されたYさんに神社内での詳しいポイントを教えていただき、現地へ向かいましたが、お昼過ぎでもカメラマンはゼロ。小さな神社ですし、昼間動かないアオバズクは長時間撮影するような鳥ではありませんので当然でしょう。

それでも、到着してすぐ鳥居近くの枝に止まっているのを見つけました。

そんなに高い枝ではなかったのですが、角度が真上。しかも、この日は直前にかなりの雨が降り、昼間でも真っ暗で雨粒がポツポツと落ちてきます。レンズ面に雨粒が落ちてこないようにと気を使いますが、仰角は90度近くに。ほとんどお腹しか写らないので、顔を捉えようと後ろへ下がると葉っぱが被ってしまいます。それでも、顔の見えるところを探しながら、なんとか撮影することができました。

それと、この地の前に訪れた地でのSSのまま撮影していたので、なんとISOが6400まで上がっていたのに気づかずでした。現像時に気がついてドキッとしましたが、思ったほどのノイズは無し。ノイズが目立たないような背景だったのと、トリミングが少なかったのがよかったようですね。

この後、この地でも無事に子育てしてくれるといいのですが....。また様子を見に行ってみます。












すぐに見つかりましたが、角度が90度近いです
AOBAZUKU-221b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-223b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-222b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-224b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-225b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-226b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-227b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-228b.jpg
アオバズク

ちょっと移動すると、顔が見やすくなりました
AOBAZUKU-230*2b
アオバズク

AOBAZUKU-230b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-230*1b
アオバズク

AOBAZUKU-230*3b
アオバズク

AOBAZUKU-230*4b
アオバズク

AOBAZUKU-230*5b
アオバズク

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




今年も来ていました.... #アオバズク

北摂の有名な大木の地です。一旦姿は確認されたものの、その後はこの地で子育てをすることはなく、今年はフクロウの可愛いヒナを見ることができませんでした。

昨年から気になっていたのは、この地を訪れたときに見つけたカラスの巣....。どうやら、今年もこれがあるようで、ひょっとするとフクロウが警戒したのかもしれませんね。となると、その後のアオバズクの子育ても気になるところです。しかもなぜか今年は情報もなく、アオバズクの姿をブログにUPされているのは他所ばかりです。そんな中、この地の様子をブログにUPされた方がおられたので、早速様子見に行ってきました。

いつもどおり、早朝に到着。平日ですし、まだヒナが見られる訳ではないのでカメラマンは私お一人様です....笑。そして、例年姿をみせる柿の木の枝を探しましたが、姿はありません。ブログにUPされていた方の情報では、今年の♂は例年と違う個体....と。と言うことは全く違う枝に止まっている可能性の方が大きいと、他の枝を探すことに....。大ケヤキというだけあって大変な作業になったと心配しましたが、すぐに柿の木の反対側のケヤキの枝に止まっているこの子を発見し、ホッとしました。

柿の木よりは明るいところでしたが、背後から木漏れ日が当たるという微妙な光線で、意外と苦戦....。どうしても顔が暗くなってしまい、不満の残る画像となってしまいました。

♀の姿はありませんでしたが、既に抱卵中で7月半ば過ぎには巣立ち後のヒナの姿が見られるかも....と。今後が楽しみになりました。

AOBAZUKU-213b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-212b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-214b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-215b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-216b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-218b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-219b.jpg
アオバズク


アオバズク

AOBAZUKU-217b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-220b.jpg
アオバズク

Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




大木の地のヒナが巣立ちしました....

昨日は大木の地のアオバズクのヒナを撮影してきました。

そろそろ巣立ちかも?と先週末にも訪れましたが、この日は巣立ちするヒナを待っている両親の姿が見られただけでした。そして、その2日後の19日に2羽が巣立ちしたそうです。5月のフクロウの時も、巣立ち直後のヒナが見たくて週末に訪れましたが、残念ながら巣立ちは翌日の月曜日....。ほんとに今年はタイミングに恵まれません、週末カメラマンの辛いところを痛感しました。

今回ももう高い枝の上に上がってしまっているのではないか?と気にしながらの現地到着です。今年のヒナは2羽だそうで、やはりそこそこ高い枝上に居ましたが、枝被りもわずかで、昨年のこの日と比べると上々の撮影条件でした。それでも午前5時半からの撮影でしたので当初のISOは5000....、ノイズに悩まされたのが残念でした。

初めのうちは眼を閉じた2羽が並んだシーンだけでしたが、1時間ほどしたところで2羽とも眼を開いてキョロキョロするシーンも撮れました。ただ、あまりにくっついて並んでいるので、エンゼルポーズをしかけたものの、窮屈なのかやめてしまいました。

親鳥の視線の先には....
AOBAZUKU-202b.jpg
アオバズク

この子たちが居ました
AOBAZUKU-210*7b
アオバズク

AOBAZUKU-206b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-207b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-203b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-204b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-205b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-210*1b
アオバズク

AOBAZUKU-210*2b
アオバズク

AOBAZUKU-210*3b
アオバズク

おっ、エンゼルポーズ?
AOBAZUKU-209b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-210*4b
アオバズク

AOBAZUKU-210*5b
アオバズク

窮屈なのか、やめてしまいました
AOBAZUKU-210*6b
アオバズク

AOBAZUKU-210*9b
アオバズク

こんな近くで親鳥が見守っていました

アオバズク

1〜15枚目
Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

16枚目
Nikon D500 + TAMRON SP70-300 F/4-5.6 Di VC USD

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




お母さんも居ました....

いよいよ撮影場所に悩む時期になりましたが、気になる2ヶ所へ行ってきました。

まずはお馴染みの大木の地です。
前回訪れた日はお父さんだけが近くの柿の木でのんびりとする姿が見られましたが、今回はケヤキの木の枝上にお母さんの姿も確認することができました。残念ながらヒナの巣立ちはまだのようでしたが、そろそろ秒読み段階ですね。しかし、この様子ではまたまた平日になりそうです。うーん、週末カメラマンは辛いですよねぇ〜〜〜。

柿の木のお父さん

アオバズク

AOBAZUKU-192**b
アオバズク

AOBAZUKU-193b.jpg
アオバズク

ケヤキの枝にはお母さんが居ました....
AOBAZUKU-194b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-195b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-196b.jpg
アオバズク

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




近況報告
12月に入りましたが、ますます新型コロナウイルスの第3波が猛威を振るっています。他に普通のインフルエンザも気になりますし、皆さま気をつけながら探鳥しましょう。





FC2カウンター

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2020年9月現在)

* カメラボディ *

Nikon D500
Nikon D7100
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone 6s

* レンズ *

AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(B028)
  18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事


最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











QRコード

QR


カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


カテゴリー