今回は脇役です.... #マガン&コハクチョウ

今季2度目のこの地ですが、今回のターゲットはシノリガモ、ライファーのクロサギ、そしてハイイロチュウヒのリベンジです。

マガンコハクチョウは前回飽きるほど撮っていますので、今回は脇役にまわってもらいました。それでも、今回はマガンの数が多く、あちらこちらに大群が....。やっぱりこの広いフィールドで大群に出会うと迫力がありますね。

そして、田んぼで採餌しているシーンにはヒシクイらしき姿が写っていました。もちろん、現地では気づいていなかったので、残念ながらきちんと撮れていません。いつもはオオワシ撮影時の湖北で見かけることが多いのですが、湖北へやってくるのはたいていオオヒシクイ。今季も撮影することができました。

それに対してこちらに入るのはヒシクイが多いと聞いていましたが、やはりきちんと撮れていないので特定できません。ヒシクイなら、これまで画像に残せていないので、もっときちんと撮っておけばよかったと悔やまれました。まぁ、現地で気づいていないので仕方がないのですが....。2年前のカリガネの時もそうでしたが、この大群の中から似た風貌の異種を探し出すのは難しいですよね。

そして、その後はやはり白鳥ロードへ。
脇役といえ、この地へ来ると少しは撮っておきたいですね。田んぼの子は、嘴や身体が泥だらけで汚いですが、冬水たんぼの子はやはり綺麗でした。

背景に数羽居るのが、ヒシクイかオオヒシクイか?
MAGAN-74b.jpg
マガン

ここの後ろにも....
MAGAN-78b.jpg
マガン

オオヒシクイのようにも見えるのですが

マガン

MAGAN-72b.jpg
マガン

MAGAN-77b.jpg
マガン

MAGAN-76b.jpg
マガン

田んぼの子は泥だらけですね
KOHAKUCHOU-331b.jpg
コハクチョウ

KOHAKUCHOU-332b.jpg
コハクチョウ

それに引き換え、冬水田んぼの子は綺麗です
KOHAKUCHOU-334b.jpg
コハクチョウ

KOHAKUCHOU-333b.jpg
コハクチョウ

KOHAKUCHOU-338b.jpg
コハクチョウ

KOHAKUCHOU-337b.jpg
コハクチョウ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




飛翔姿を集めました.... #マガン

贅沢な話ですが、群れが至近距離で田んぼにおりていると、画像はどう切り取ろうか?と悩みますね。少し後ろへ下がればいいのですが、やはり少しでも近づこうとする本能?が頭から抜けず、ついつい前へ....と(笑)。一昨年のように3,000羽もの大群ではありませんでしたが、充分満足に撮影できました。

それでも、コハクチョウより地味なマガンだけに、田んぼでのシーンは直ぐに飽きてしまいます。なので、いろんな飛翔シーンばかりを集めてみました。

地味と思っていましたが、お腹と脚が見える翼を広げたシーンは、迫力があってなかなか絵になりますね。

MAGAN-70*1b
マガン

MAGAN-70*2b
マガン

MAGAN-70*5b
マガン

MAGAN-70*6b
マガン

MAGAN-70*9b
マガン

MAGAN-70*10b
マガン

MAGAN-70*3b
マガン

MAGAN-70*4b
マガン

MAGAN-69b.jpg
マガン

MAGAN-70b.jpg
マガン

MAGAN-70*7b
マガン

MAGAN-70*8b
マガン

MAGAN-70*11b
マガン

MAGAN-70*12b
マガン

MAGAN-61b.jpg
マガン

MAGAN-62b.jpg
マガン

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




次のターゲットは.... #マガン

ここ数年とは違って、水鳥公園ではほとんど収穫がなかっただけに今年はどうなることか?とビビりましたが、意外に白鳥ロードにコハクチョウが居たので(笑)ホッとしました。となると、次のターゲットはマガンです。水鳥公園では豆粒のような姿しか見られなかったので、例年どおり白鳥ロードから更に西のH川河口付近に向かいます。

直ぐに田んぼで採餌している茶色っぽい鳥の大群を見つけて、テンションが上がりましたが、近づいてみるとなんとカルガモ。カルガモがあんな多くの群れで、田んぼへ降りて餌を食べてる姿は初めて見ました。やっぱり都市部に近い地元と違って、この辺りは自然の凄さをつくづくと感じます。

早々にマガンを見つけた!と興奮しましたが、リセットして探し直すことに。すると、またまた鳴きながら飛んでくる茶色い鳥の群れが居ます。よく見ると、先程の子たちよりは一回り以上身体が大きいです。一昨年のような大群ではありませんが、今度こそマガンと確信してレンズを向けました。

考えれば、昨年もこの地へ訪れていたのにも関わらず、マガンに出会えていません。2年ぶりにマガンに出会えて、水鳥公園を出発したときの不安が払拭されました。その後は近くの田んぼへ降り、食事を始めました。ただ、コハクチョウやマガンの群れに至近距離で出会うと、群れをどう切り取ろうか?と悩みますね。

今度こそマガンでした

マガン

MAGAN-52b_20191128143112c74.jpg
マガン

MAGAN-53b_201911281431118d2.jpg
マガン

MAGAN-54b_20191128143111226.jpg
マガン

MAGAN-57b.jpg
マガン

MAGAN-58b.jpg
マガン

MAGAN-59b.jpg
マガン

MAGAN-60b.jpg
マガン

田んぼでの群れは切り取り方に悩みます
MAGAN-60*13b
マガン

MAGAN-60*14b
マガン

MAGAN-60*1b
マガン

MAGAN-60*2b
マガン

MAGAN-60*5b
マガン

MAGAN-60*6b
マガン

MAGAN-60*11b
マガン

MAGAN-60*12b
マガン

MAGAN-60*7b
マガン

MAGAN-60*8b
マガン

MAGAN-60*9b
マガン

MAGAN-60*10b
マガン

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




続いて飛翔編です....

静止画を撮影している時点でも数百羽は居たはずですが、その後飛翔を繰り返しながら他のグループとも合流し、2,000羽近い大群になってしまいました。これらの数の大群が飛翔するときは空が暗くなるか?というほどの大迫力でした。

もう2年近く前のこの日、この近くの地で飛翔姿を撮影したときは、数羽が上空を通り過ぎただけの一回のチャンスでしたが、今回はお腹がいっぱいになるくらいの満足度でした。これでカリガネを見つけていたら大満足ですね....。

全部マガンですが、ほんの一部しかファインダーに収まりません
MAGAN-50*17b
マガン

MAGAN-50*18b
マガン

MAGAN-50*13b
マガン

MAGAN-50*14b
マガン

MAGAN-50*15b
マガン

MAGAN-50*16b
マガン

MAGAN-50*2b
マガン

MAGAN-49b.jpg
マガン

MAGAN-44b.jpg
マガン

MAGAN-50*3b
マガン

MAGAN-50*4b
マガン

MAGAN-50*10b
マガン

MAGAN-50b.jpg
マガン

MAGAN-50*1b
マガン

MAGAN-50*7b
マガン

MAGAN-50*8b
マガン

MAGAN-50*11b
マガン

MAGAN-50*12b
マガン

MAGAN-50*6b
マガン

MAGAN-42b.jpg
マガン

MAGAN-43b.jpg
マガン

MAGAN-50*5b
マガン

MAGAN-45b.jpg
マガン

MAGAN-46b.jpg
マガン

MAGAN-47b.jpg
マガン

MAGAN-48b.jpg
マガン

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




やはり本場のマガンはど迫力....

先日は、地元でマガンに出会えましたが、やはり本場での姿が見たくなり北の地へ遠征してきました。

現地へ到着し、採餌をしている田んぼを探そうとすると、すぐ近くの田んぼに大量のマガンが....。
茶色い田んぼに茶色い身体のため、遠くからはよく見えなかったのですが、なんと数百羽のマガンが食事中でした。あまりに簡単に出会えたので大興奮の中、早速撮影を始めましたが、数が多すぎてファインダーの中にうまく収まりません。2年前に有名なツルの越冬地を訪問したときもそうでしたが、眼の前にターゲットが居るにもかかわらず、どう撮ったらいいのか撮影に悩みます。大群の全体画を撮った後は、仲間から外れている寂しがり屋の子を探すことに....。しかしマガンは結束力が強いのか、小グループで行動している子が少なく、苦戦の撮影が続きました。それでもその後はこの大群全体で一斉に飛び上がってあちこち移動した後、3つほどのグループが合流して大空を覆い尽くす場面もみられ、大迫力のマガンに堪能しました。

簡単に出会えましたが、ファインダーに収まりきれません

マガン

MAGAN-33b.jpg
マガン

MAGAN-34b.jpg
マガン

MAGAN-35b.jpg
マガン

その後は河川の中州へ移動
MAGAN-36b.jpg
マガン

MAGAN-37b.jpg
マガン

小グループで行動する子は少なかったです
MAGAN-40*6b
マガン

MAGAN-40*5b
マガン

MAGAN-40*11b
マガン

MAGAN-40*12b
マガン

なんとか単独の画像も
MAGAN-40*9b
マガン

MAGAN-40*10b
マガン

この子たちは曇り空のほうがよかったかも
MAGAN-39b.jpg
マガン

MAGAN-40b.jpg
マガン

MAGAN-40*1b
マガン

MAGAN-40*2b
マガン

MAGAN-40*7b
マガン

MAGAN-40*8b
マガン

いい感じの背景で撮れました
MAGAN-40*3b
マガン

MAGAN-40*4b
マガン

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




近況報告
さて、9月もいよいよ後半戦....。冬鳥はもう少し先になるでしょうが、ノビタキや杜鵑類が気になりますね。

まだまだ、残暑が厳しいですが、そろそろ山行きが楽しみです。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2020年9月現在)

* カメラボディ *

Nikon D500
Nikon D7100
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone 6s

* レンズ *

AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(B028)
  18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事


最新コメント
リンク
ランキング
QRコード
QR
スポンサーリンク











天気予報
assembled by まめわざ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ


カテゴリ