やっとコミミズク....(飛翔編)

新しい地のコミミズク(飛翔編)です。

事前の情報ではこの地は近くを飛ぶ頻度が高いので、意外と三脚は邪魔になることも....と。
この日は天候にも恵まれていて、遅い時間帯にならなければISOも適正でシャッター速度も遅くならなさそうです。初めての地なのでポイントの広さやカメラマンの多さもわからず、近くを飛ぶなら走りまわる可能性も?....と思いきって手持ちにしました。数十分間の枝止まりの際は、飛び出しの瞬間を撮ろうとずっとファインダーを覗いていたので、さすがに左腕が怠くなりました。それでも、他の撮影は手持ちでほぼ良好で、むしろ出現場所までの瞬時の移動には役立ちました。

しかし、いくら手持ちとは言え、至近距離で眼の前、頭上、後ろ側....と縦横無尽に飛び交う姿を捉えるのは難易度が高く、やはり微妙な解像力は劣ってしまったようです。

やはり飛翔姿は迫力ですね
KOMIMIZUKU-110*5b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*4b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*13b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*14b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*6b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*15*b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*7b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*8b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*9b
コミミズク

このシーンは逆光気味が残念でした
KOMIMIZUKU-110*10b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*11b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*12b
コミミズク

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







やっとコミミズク....(枝止まり編)

新しい撮影地のコミミズクです。

早朝型の私としては夜行性の鳥の撮影は決断力が鈍ります。そろそろ....と思いながら延び延びにしているうちにもう2月....笑。今日は雨予報なので、昨日は一日中フルタイムで撮影に使おうと決心しました。午前中はMFにてベニマシコ、ルリビタキ探しをして、午後からこの地へ。

昨年までの地と違い、この地は鳥との距離が近いので最近は人気の場所です。
ただ、私は初めてなのでいまいち様子がわからず、不安を抱えながら午後2時前に到着です。この地もやはり3羽ほどが飛び交い、ポイントも3カ所くらいに分かれている....とのこと。とりあえずは一番カメラマンの数が多い上流域でスタンバイしました。30分ほどすると、中流域に現れたとのことでまわりのカメラマン共々大移動....。

そして今年も無事この子の姿を撮影することができました。確かに鳥との距離が近く、目線で撮れるのは新鮮ですが、昨年までのようにステージ風ではないので、自分自身の後ろを含めて360度どこを飛ぶかわからないという不安感もあって、意外に撮影の難易度は高かったです。それでも撤収するまでの2時間ほどは3羽がそれぞれのポイントで飛び交い、堪能することができました。

発見時は草むらの上にいました
KOMIMIZUKU-101*b
コミミズク

KOMIMIZUKU-102b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-103b.jpg
コミミズク

眼の前の枝に
KOMIMIZUKU-104b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-105b.jpg
コミミズク

とっ、飛んだ
KOMIMIZUKU-106b.jpg
コミミズク

この枝で数十分もの間、休憩していました
KOMIMIZUKU-107b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-108b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-109b.jpg
コミミズク

後ろの通路を人が歩いたので警戒したようです、耳が....
KOMIMIZUKU-110b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*1b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*2b
コミミズク

KOMIMIZUKU-110*3b
コミミズク

次回は飛翔編です

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







第3弾は枝止まり編....

コミミズク第3弾は枝止まりです。

午後2時過ぎに飛び出したこの子ですが、まずは私たちのスタンバイした真ん前のこの枝に....。手前の杭付近ではなかったので多少の距離はありますが、自然の樹木なので私たちにしては大歓迎でした。そして、その後もお別れの挨拶をしてくれているのか、何度何度もその付近の枝に止まってこちらへ視線を送ってくれ、いい送別会となりました。

ほんとに今年も11月、あるいは12月にこのシーンに再会したいものですね。


コミミズク

KOMIMIZUKU-92b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-93b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-94b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-95b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-96b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-97b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-98b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-99b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-100b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-100*1b
コミミズク

KOMIMIZUKU-100*2b
コミミズク

     KOMIMIZUKU-100*8*b
     コミミズク

     KOMIMIZUKU-100*6b
     コミミズク

     KOMIMIZUKU-100*7*b
     コミミズク

開放F値でうまく背景がぼけてくれました
KOMIMIZUKU-100*3b
コミミズク

KOMIMIZUKU-100*4b
コミミズク

KOMIMIZUKU-100*5b
コミミズク

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







第2弾も飛翔編です....

この日はフィナーレに相応しく、かなりの枚数を撮ることができたので、第1弾に引き続いて飛翔編です。この日は午後2時頃からの飛翔ということで、珍しく青空バックの飛翔シーンも撮れました。

それとおまけの子にも遭遇....。
キツネとのことですが、身体の大きさといい、顔つきといい、どう見てもキツネというより野犬か猛獣というレベル。撮影中に至近距離で出会ったら危険かも....、皆さん、くれぐれもご注意ください。


コミミズク

KOMIMIZUKU-112b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-113b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-114b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-115b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-116b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-117b.jpg
コミミズク

バトルシーンはうまく撮れませんでした
KOMIMIZUKU-119b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-120b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-120*1b
コミミズク

KOMIMIZUKU-120*2b
コミミズク

KOMIMIZUKU-120*3b
コミミズク

KOMIMIZUKU-120*4b
コミミズク

KOMIMIZUKU-120*5b
コミミズク

KOMIMIZUKU-120*6b
コミミズク

おまけのキツネ?です まるで猛獣の風貌でした....
KITSUNE-1b.jpg
キツネ?

KITSUNE-2b.jpg
キツネ?

Nikon D7200 + AF-S Nikkor ED 300mm F2.8G VR II + AF-S TELECOVERTER TC-20E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







いい出会いの送別会となりました....

先週末、いよいよ旅立ちの近いコミミズクにお別れに行ってきました。

今季はこれまで2回訪れましたが、前回前々回とも中途半端な撮影しかできていません。滞在中はよほどのことがない限りいつでも撮れるだろうと、希少感が落ち着いてはいますが、相変わらずの人気者です。

飛び出すのは早くても午後3時過ぎ、4時を過ぎることも多いとのことで、地元近くでトラツグミとハチジョウツグミを撮った後、1時半頃に到着です。先着の方に聞くと、「昨日、一昨日と飛ばなかった....」と。嫌〜な予感がする中、Yasuo君さんとも合流して中流域でスタンバイを始めました。するとその直後、2時頃に私たちのスタンバイした眼の前を1羽のコミミズクがふらふら〜と。その後、上流側と下流側も数羽がそれに続きます。

前回は雨の降り出しと駐車場の閉門時間との二重の時間切れで泣く泣く撤収しましたが、この時間帯に飛び出してくれただけでも大満足でした。狩りのシーンにこそ遭遇できませんでしたが、4時頃までは乱舞状態を楽しませてくれ、リッチな送別会となりました。

この冬にもまた帰ってきてこられるように、この地の環境が変わらないことを祈ります。
第1弾は飛翔編です。

まずは私たち眼の前で飛び出しが....

コミミズク

KOMIMIZUKU-82b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-83b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-84b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-85b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-86b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-87b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-88b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-89b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-90b.jpg
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*2b
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*1b
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*3b
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*4b
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*5b
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*6b
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*7b
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*8b
コミミズク

その後は真ん前を通過しました
KOMIMIZUKU-90*9*b
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*10b
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*11b
コミミズク

KOMIMIZUKU-90*12*b
コミミズク

Nikon D7200 + AF-S Nikkor ED 300mm F2.8G VR II + AF-S TELECOVERTER TC-20E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







近況報告
いよいよ12月になり、冬鳥真っ盛りですね。

気になっていた湖北のオオワシも無事到着し、いつ行こうかと楽しみです。しかも、まだ出会えていないベニマシコやルリビタキも気になります。ハイイロチュウヒのリベンジにも行きたいし、忙しくなりそうです。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

* カメラボディ *

Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10
Apple iPhone 6s

* レンズ *

AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON
  18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR
  40mm f/2.8G

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
天気予報
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク













































スポンサーリンク