北の地遠征 プロローグ #オオハクチョウ

この時期になると、コハクチョウやマガンが見たくなり、毎年北の地へ出かけます。

この地へ行くとコハクチョウ、マガンだけでなく、地元ではなかなか見つけにくい猛禽類も多く、運がよければ一度にかなりの種に出会うことができます。今年はコモトさんをお連れして、まずはY水鳥公園へ向かいました。この水鳥公園では、まさに北の地から渡ってきたばかりのコハクチョウが、先着している他の群れたちと鳴き交わして挨拶する....と言う感動のシーンが見られる可能性も高く、これも楽しみです。

昨年は、例年より少し早く10月末に出かけました。運よくオオハクチョウの挨拶シーンは見ることができましたが、マガンや他の猛禽類にはほとんど出会えず....。過去の訪問で一番少ない収穫に終わったので、今年は少し遅らせてこの時期にチャレンジです。

この地を塒にしているコハクチョウは、夜が明けると近くの田んぼへ採餌に出かけます。それでも、たいてい数羽の居残り組がいてくれるので、その子たちを期待して9時過ぎに到着しましたが、居残っている子はゼロ.... 。うーん、早速不運に見舞われたかも?と嫌〜な予感が頭をよぎります。

それでも、池の中央から少し遠いところに2羽の白い鳥を見つけました。
オオハクチョウでしたが、池の中央よりも対岸寄りで300〜400mくらいの距離がありそうです。しかも、晴天が災いしてかなりの逆光です。順光でも真っ白な鳥は難易度が高いのに、この光線では補正もかなり難易度が....。そして、見ている間もどんどん対岸の方へ遠ざかっていきます。とりあえず、ボウズ逃れにと数枚は撮りましたが、究極のトリミングと露出補正のため全く解像しません。それでも、この地ならではのオオハクチョウなので、一生懸命シャッターを押しました〜〜。

その後期待するのは、やはりコハクチョウ同志の挨拶シーンですが、冷静に考えるとこの日は挨拶をする出迎え組がいません。到着シーンは気にはなるのですが、その後に向かう予定の餌場の田んぼの様子も気になります。

すると、レンジャーさんから「採餌に出かけているマガンがお昼までに一旦帰ってくるかも....」と教えていただいたので、少し待ってみることに。そして、11時過ぎにその予測どおり、かなりの数のマガンが帰ってきてくれました。しかし、着水するのはこれまた池の対岸寄り....、700mで撮影しても豆粒です。早々にオオハクチョウとマガンに出会えたと言うものの、当然満足する画像は残せず、ストレスを残すことになりました。

そして、この後は早々に撤収し、コハクチョウの採餌場を探しに出かけます。

遠いところに居たのはオオハクチョウでした
OOHAKUCHOU-52b.jpg
オオハクチョウ

これだけプラス補正すると水面や草木等、まわりは真っ白に....
OOHAKUCHOU-53b.jpg
オオハクチョウ

バタバタしてくれたのに遠すぎます
OOHAKUCHOU-54b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-55b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-57b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-58b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-59b.jpg
オオハクチョウ

予測どおりマガンが帰ってきました
MAGAN-51b.jpg
マガン

MAGAN-52b.jpg
マガン

MAGAN-53b.jpg
マガン

しかし、これまた遠いところにしか降りてくれません
MAGAN-54b.jpg
マガン

MAGAN-55b.jpg
マガン

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク






何とオオハクチョウが居ました.... #オオハクチョウ

全部がコハクチョウだと思いながら撮影を始めましたが、なんとオオハクチョウが混じっています。

しかもオオハクチョウの方が多く、総勢11羽の中に7羽も....、「オオハクチョウの中にコハクチョウが混じっています」の表現の方が正しいです....笑。7羽のうち2羽はカップル?と思わしき仲のよい成鳥でしたが、残りは3羽の幼鳥を連れた5羽の家族でした。4年前にこの地で出会ったときはコハクチョウだけでしたので、近場でのオオハクチョウとの貴重な出会いとなりました。

この日は汗ばむように陽気で北の国からの鳥にはあまりお似合いではなかったかもしれませんが、ほどよい大きさの池でゆったりと泳ぐシーンが撮影できました。情報によると近辺の3つの池を交互に行き来しているようですが、いつまで居てくれるのでしょうね。

やはり身体も一回り大きいです
OOHAKUCHOU-43b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-44b.jpg
オオハクチョウ

幼鳥3羽を連れた家族のようです
OOHAKUCHOU-41b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-42b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-49b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-50b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-47b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-48b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-50*1b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-50*2b
オオハクチョウ

親より大きいくらいですが顔つきは幼いです
OOHAKUCHOU-50*9b
オオハクチョウ

ずっと一緒に居るのはカップルなのかも....
OOHAKUCHOU-50*8b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-50*7b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-50*6b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-50*5b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-50*4b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-50*3b
オオハクチョウ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク






やっぱりこのシーンが見たかったのです.... #オオハクチョウ

運よくオオハクチョウコハクチョウと続いて飛来してくれましたが、このシーンに出会えた後に観たくなるのは挨拶シーンです。

以前、レンジャーさんに教えていただきましたが、先着組は到着組を丁寧に出迎えて、挨拶を交わす習性があるとのこと。過去、何回もそのシーンに出会えましたが、今回はオオハクチョウとコハクチョウという他種同志だったので、同じような行動をするのか?も気になります。

コハクチョウが着水した後は遙か遠くの対岸まで泳いで行ってしまったので、見づらくなってしまいましたが、先着していたオオハクチョウの家族が追いかけていき、挨拶をするシーンが確認できました。あまりに遠くて納得できる画像が残せませんでしたが、やはりこの子たちにはきちんとした習性があるようで、改めて感心させられました。

コハクチョウが遠い対岸に着水した後、先着していたオオハクチョウが動き出しました

オオハクチョウ

対岸のコハクチョウのところへ向かってます
OOHAKUCHOU-32b.jpg
オオハクチョウ

まもなくコハクチョウのところへ到着です
OOHAKUCHOU-33b.jpg
オオハクチョウ&コハクチョウ

OOHAKUCHOU-34b.jpg
オオハクチョウ&コハクチョウ

OOHAKUCHOU-35b.jpg
オオハクチョウ&コハクチョウ

OOHAKUCHOU-36b.jpg
オオハクチョウ&コハクチョウ

OOHAKUCHOU-37b.jpg
オオハクチョウ&コハクチョウ

OOHAKUCHOU-38b.jpg
オオハクチョウ&コハクチョウ

OOHAKUCHOU-39b.jpg
オオハクチョウ&コハクチョウ

OOHAKUCHOU-40b.jpg
オオハクチョウ&コハクチョウ

OOHAKUCHOU-40*1b
オオハクチョウ&コハクチョウ

やはりお互いに挨拶を交わすシーンは圧巻です
OOHAKUCHOU-40*2b
オオハクチョウ&コハクチョウ

OOHAKUCHOU-40*3b
オオハクチョウ&コハクチョウ

OOHAKUCHOU-40*4b
オオハクチョウ&コハクチョウ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク






やっぱり運がありました.... #オオハクチョウ

2羽のコハクチョウに出会えたものの、かなり遠いのとあまり動きがないのとが少々不満です。

午後になって集中力が途絶えかけたころに、背後からこの子たちが鳴きながら飛来....。
直ちにシングルポイントAFからグループエリアAFにカメラの設定を切り替えて慌ててレンズを向けましたが、やはりかなり遅れをとりました。はじめはコハクチョウ?と思いましたが、傍に居たレンジャーさんが鳴き声を聞いて「オオハクチョウ!」と。もちろん私にはコハクチョウとオオハクチョウの鳴き声の違いは解りませんが....笑。そして幼鳥2羽とともに池の中央辺りに着水しました。

聞くと、オオハクチョウは今季初飛来とのこと。まさか予感したとおりに北の地からの渡りの到着個体に出会うことができるとは思っていなかったので大感激です。ただ、ここは室内の観察室のため、北から飛来してくると頭上を通り過ぎてからしか視野に入らず、どうしても後追い画像になってしまいます。それでもこんな運に恵まれたのですから、贅沢を言えばきりがないですよね。

いきなり背後から飛来したのはオオハクチョウ....

オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-22b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-23b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-24b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-25b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-26b.jpg
オオハクチョウ

無事着水しました
OOHAKUCHOU-27b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-28b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-29b.jpg
オオハクチョウ

よく見ると2羽の幼鳥を連れていました
OOHAKUCHOU-30b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-30*1b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-30*2b
オオハクチョウ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク






今回はいい感じで撮れました。

2回目のオオハクチョウです。

昨年秋の山陰行の日に初めて出会うことができましたが、ずっと公園内の池の一番手前に居たため、近すぎて窮屈な画しか撮れませんでした。今回はシジュウカラガンを追いかけたコハクチョウの群れから少し離れた田んぼに4羽が....。しかもコハクチョウの中に混じらず、この子たちだけ離れて活動していてくれたので単独での撮影に成功です。

さすがにずっと田んぼで餌を啄んでいるので、身体や嘴が汚れているのは仕方ないですね。

OOHAKUCHOU-17b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-18b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-19b.jpg
オオハクチョウ


オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-12b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-13b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-14b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-15b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-16b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-20b.jpg
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-20*1b
オオハクチョウ

     OOHAKUCHOU-20*2b
     オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-20*6b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-20*7b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-20*8b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-20*9b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-20*10b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-20*4b
オオハクチョウ

OOHAKUCHOU-20*5b
オオハクチョウ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク






近況報告
いよいよ12月になり、冬鳥真っ盛りですね。

気になっていた湖北のオオワシも無事到着し、いつ行こうかと楽しみです。しかも、まだ出会えていないベニマシコやルリビタキも気になります。ハイイロチュウヒのリベンジにも行きたいし、忙しくなりそうです。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

* カメラボディ *

Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10
Apple iPhone 6s

* レンズ *

AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON
  18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR
  40mm f/2.8G

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
天気予報
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク



































スポンサーリンク