定点観測のS川に.... #カルガモ

この日は定点観測をしている、K市のS川へ行ってきました。

ターゲットはもちろんカルガモファミリーです。この川は途中にかなりの高低差のある急流があり、ダイナミックなシーンが見られる可能性も高くこの時期は毎年訪れています。今年はすでにN池隣市S川でカルガモファミリーに出会えていますが、穏やかな水面でののんびりした光景ばかりで、ちょっと不満が残っています。

3年前のこの日は数十センチの高さの堰堤をジャンプしながら、100m以上も下流まで移動する迫力のあるシーンが見られました。この感動に再開したくて今年も訪れてみましたが、少しタイミングが悪かったのか、この日の子供たちはもうかなり大きくなっていて、ちょっと可愛さには欠けています。

それでも、この後どんなシーンが見られるか?と密着取材です。
堤防脇の草地に上陸して休憩していたこのファミリーですが、まず子供たちが水に入り始め、下流へ向おうとしました。ところが、後を追いかけた親鳥は子供たちを上流へと導きます。そして、その後試練の場所へ到着。数十センチ以上あるかと思う高い堰堤が立ちはだかります。親鳥はさっさと上がってしまいますが、子供たちは上がれないようです。かなり大きめの子供たちとはいえ、やはりこの子たちにはちょっと高過ぎるようです。

足止めをくらった後、初めのうちは右へ左へと上れそうな所を探しますが、さすがに高過ぎるとわかったのか、ほとんど動かなくなりました。さて、親鳥および子供たちはこの後どうするのか?と期待しましたが、すぐにこの様子を察したようで、結局親鳥が子供たちの元へ戻りました。その後は親子で餌を探しながら、下流へと泳ぎ、元いた休憩場所までの短い旅を終えました。

今回はダイナミックなシーンこそありませんでしたが、高低差のあるこの川での行動は見ていて面白いです。欲を言えば、子供たちがもう少し幼かったら、よかったのですが…。

草地で休憩中 5羽の子供たちはかなり大きいです

カルガモ

KARUGAMO-202b.jpg
カルガモ

そろそろ行動開始です
KARUGAMO-203b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-204b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-205b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-206b.jpg
カルガモ

子供たちは下流へ行きたかったようですが
KARUGAMO-210b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-209b.jpg
カルガモ

親鳥は上流へと導きます
KARUGAMO-210*1b
カルガモ

KARUGAMO-210*2b
カルガモ

そこには高い堰堤が
KARUGAMO-210*3b
カルガモ

親鳥はさっさと上へ....
KARUGAMO-210*4b
カルガモ

しかし、子供たちは上がれません
KARUGAMO-210*5b
カルガモ

        親鳥は上がってくるように、促しますが
        KARUGAMO-210*7b
        カルガモ

やはり無理のようです
KARUGAMO-210*8b
カルガモ

結局、親鳥は子供たちのところへ戻りました
KARUGAMO-210*9b
カルガモ

そして、みんなで下流へ
KARUGAMO-210*11b
カルガモ

KARUGAMO-210*12b
カルガモ

結局、元の辺りへ戻りました
KARUGAMO-207b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-208b.jpg
カルガモ

子供たちがもう少し幼かったらなぁ....
KARUGAMO-210*13b
カルガモ

KARUGAMO-210*14b
カルガモ

KARUGAMO-210*18b
カルガモ

KARUGAMO-210*15b
カルガモ

KARUGAMO-210*17b
カルガモ

Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







今年はどんな子育てが.... #カルガモ

この時期になると、毎年定点観測をしている西の地のN池です。

ここは例年、数組のカルガモ、カイツブリ、バン等が数組ずつ、ところ狭しと子育てしています。今年はどんな子が見られるかと、様子を見に行ってきました。この地は池全体を見渡せる遊歩道の上からだと500mmでも遠いくらいですが、手摺りのすぐ横の水面ならスマホでも撮れる....という状況なので、サンヨン+1.7テレコンと18−400mmズームの2本体制で臨みます。

現地に着いてまず眼に入ったのは、カルガモの親子....。しかし、ヒナの数は3羽しかいなくて、もうかなり大きく育っています。3羽になるまでにはいろんなドラマがあったのでしょうが、もうこれだけ大きく育ってしまうと、写真的にはあまり魅力がないですねぇ....。ただ、カルガモは親子共に警戒心がありません。結局、9〜10枚目の画像を除くと、100〜200mm域程度での撮影です、やはりこいうい場所ではこの種のズームは貴重ですね。

でも、ここまで来てこの親子だけの画像では不満です。早々に別のファミリーを探す事に....。

KARUGAMO-191b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-192b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-193b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-194b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-195b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-196b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-197b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-198b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-199b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-200b.jpg
カルガモ

Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







このファミリーには大苦戦.... #カルガモ

早々にカルガモファミリーに出会いました。

通常カイツブリやカルガモファミリーの撮影時は18-400等のお手軽ズームで行くのですが、元々はこのS川河口でコアジサシや渡りのシギチ類がターゲット....。干潮時間の遠い砂浜なら....と、機材は1.4テレコン付500mmレンズの700mmです。

ポイントへ向かう途中の対岸で見つけたのですが、いくら何でもこれでは自由が利きません。それでも、目一杯後ずさりをしたり、道路まで上がって橋の上から狙ったりと、私自身をズームさせての大苦戦となりました....笑。それでも、700mmとなると被写界深度が浅く、いくら遠めから狙ってもファミリーの中の1羽か2羽にしかピンが来ません。しかも、数えてみると12羽居たので全員の集合写真も撮りたかったのですが、とてもとても全員が収まるような画像を撮るのは不可能でした。

これからまだ何度も出会えるでしょうから、次回撮り直しをしたいと思いますが、それにしてもやっぱり可愛いですね。12羽全員が育つと言うことはあり得ないでしょうが、今後あまり数を減らさずに育ってほしいものです。

河口付近の石上で全員が休憩中でした 親鳥は爆睡中

カルガモ

すぐそばをカラスやアオサギが通ると親鳥が起き上がりますが、無防備そのものですよねぇ
KARUGAMO-182b.jpg
カルガモ

一時間近く、この無防備状態が続きましたが、やっと子どもたちが行動開始です
KARUGAMO-183b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-184b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-185b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-186b.jpg
カルガモ

さすがに700mmでは全員の集合写真は諦めました
KARUGAMO-187b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-188b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-190b.jpg
カルガモ

中央の子を狙うと周りの子にはピンが来ません
KARUGAMO-190*4b
カルガモ

KARUGAMO-190*5b
カルガモ

KARUGAMO-190*3b
カルガモ

KARUGAMO-190*15b
カルガモ

KARUGAMO-190*16b
カルガモ

KARUGAMO-190*9b
カルガモ

KARUGAMO-190*10b
カルガモ

KARUGAMO-190*6b
カルガモ

KARUGAMO-190*7b
カルガモ

KARUGAMO-190*8b
カルガモ

KARUGAMO-190*11b
カルガモ

KARUGAMO-190*12b
カルガモ

KARUGAMO-190*14b
カルガモ

KARUGAMO-190*13b
カルガモ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







猛暑の中でまだ子育てを.... #カルガモ

そろそろ、この子たちの子育ても落ち着いてきたか?....と思っていましたが、この地では猛暑の中でまだ子育て中でした。

この日この地で出会った家族にはヒナが2羽....。
風貌をみるとまだ幼い感じで、誕生してからそんなに日にちも経っていないはず....。おそらく誕生した当初はもっと兄弟姉妹が居たと思いますが、短期間にたった2羽になってしまうという壮絶なドラマがあったのかもしれませんね。

まだまだ猛暑が続きますし、今後元気に育ってこれることを祈るばかりです〜〜。


カルガモ

KARUGAMO-172b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-173b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-174b.jpg
カルガモ

Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







子どもたちは3羽だけでした....

またまたカルガモの家族に出会えましたが、この家族の子どもたちは3羽だけでした。

通常カルガモは10〜12羽の卵を産むとのことですが、まだ幼い風貌なのに3羽しか居ない子どもたちを見ると、これまでにどんな壮絶な過去があったのかと気になってしまいます。今後は無事に育ってほしいものです....。

KARUGAMO-170*3b
カルガモ

KARUGAMO-170*4b
カルガモ

KARUGAMO-170*2b
カルガモ

KARUGAMO-170*1b
カルガモ

KARUGAMO-164b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-165b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-161b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-162b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-166b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-167b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-168b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-169b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-170b.jpg
カルガモ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







近況報告
お盆入り、2019年も折り返しを迎えましたが、まだまだ猛暑が続きそうですね。

当方の関西地方もすでに36〜37度の酷暑になっています。この時期は鳥影も少ないのであまり無理をせず、秋の渡りが始まる頃で体力を温存しておきたいものですね。。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

カメラボディ
Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10

レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro 1.4X DGX 他


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
天気予報
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク