4年ぶりのグレートジャーニー.... #カルガモ

またまたS川です。

近くのポイントへ他の鳥を探しに来たので、また寄ってみました。前回撮影できたのは生まれたての10羽のヒナを連れた、1ファミリーだけでした。あれから3日しか経っていないのですが、そのヒナたちが元気で居るか?あるいはこの3日の間に生まれた他のヒナたちは?と気になります。

今回は下流域から河川敷に降りたところに一つのファミリーが。1羽減っていますが、おそらく3日前に出会ったヒナたちだと思います。とりあえずはシャッターを押しましたが、前回と同じような画像ばかりなので、早々に切り上げて上流へ向かいます。

そして100mほど歩くともう一つの子供連れが。ヒナは5羽ですが、ちょっと大きく育っているようです。少しは撮りましたが、やはり5羽ではちょっと迫力に欠けますね。

続いて1kmほど遡ると今度はヒナ9羽の大家族です。この辺りまで来ると急流になっており、かなり高い堰堤も複数箇所あります。ただ、ここはちょうど橋の下で暗く、これまでの陽射しのあるポイントとはちょっと雰囲気が違います。SSは1/250、ISO8000、+補正2.7となりましたが、そんなにノイズも目立たなかったようです。

どうやら私が到着をしたときは下流への引越のまっ最中。高い堰堤を降りた直後だったようですが、何故か親鳥は戻ろうとしているようです。親鳥だけは飛び上がれるのですが、小さなヒナたちは到底無理....。それでも、飛び上がれそうな低いところを探して右往左往しますが、どこも高過ぎるようです。可愛いだけでなく、何とか低いところを探そうとするこの賢さには驚きました。

十数回試していたようですが、ついに無理だと諦めたのか、親鳥は下へおり下流へ向かって先導します。そして、4年前のこの日以来のグレートジャーニーが始まりました。何カ所もの堰堤を滑り降りながらの引越は大感動でした。

やはり、穏やかに水面をゆったり泳いでいる様子も可愛いのですが、急流ならではのこの迫力はたまりませんね。可愛いだけだと思っていた、このヒナたちの逞しさを改めて実感しました。カルガモにはヒナを連れたこの時期しかレンズを向けることはありませんが、この日だけで600枚も獲りました〜笑。

ただ、最初の橋の下での撮影時のまま1/250のSSで追いかけたので、堰堤を飛び降りるヒナの姿が止まらなかったのは悔いが残りました。それと今回も使用したのは18-400mmズーム....、この地でのカルガモファミリーにはベストマッチでした。




1羽減っていますが、おそらく3日前のヒナたちかも?
KARUGAMO-230*31b
カルガモ

ここのヒナは5羽でした
KARUGAMO-230*32b
カルガモ

今回の主役は上流の橋の下に SSは1/250、ISO8000、+補正2.7
KARUGAMO-221b.jpg
カルガモ

親鳥は引き返したいみたいです
KARUGAMO-222b.jpg
カルガモ

親鳥だけ飛んで堰堤の上へ
KARUGAMO-226b.jpg
カルガモ

ヒナたちは大慌てです
KARUGAMO-224b.jpg
カルガモ

こんな撮影はズームレンズが必須です
KARUGAMO-228b.jpg
カルガモ

親鳥は諦めて
KARUGAMO-229b.jpg
カルガモ

ヒナたちのところへ戻りました
KARUGAMO-227b.jpg
カルガモ

いよいよグレートジャーニーが始まります
KARUGAMO-230b.jpg
カルガモ

また堰堤がありましたが
KARUGAMO-230*2b
カルガモ

この高さならヒナたちも平気で降りていきます
KARUGAMO-230*3b
カルガモ

どんどんと下流を目指します
KARUGAMO-230*6b
カルガモ

少しだけ休憩のようです
KARUGAMO-230*7b
カルガモ

ん?また上流へ??
KARUGAMO-230*9b
カルガモ

せっかく降りたのにまた登るんでしょうか?
KARUGAMO-230*11b
カルガモ

また親鳥だけ....笑
KARUGAMO-230*12b
カルガモ

体力のある子は続きます
KARUGAMO-230*13b
カルガモ

なんとか2羽目も成功....
KARUGAMO-230*14b
カルガモ

2羽は親鳥に追いつきましたが
KARUGAMO-230*15b
カルガモ

他の子たちは呆然としたままです
KARUGAMO-230*16b
カルガモ

やっばり兄弟のところへ戻るようです
KARUGAMO-230*17b
カルガモ

改めて下流へ
KARUGAMO-230*18b
カルガモ

今度の堰堤は高いですが、皆で一気に....
KARUGAMO-230*19b
カルガモ

気持ちよさそうですね
KARUGAMO-230*20b
カルガモ

SS1/250では飛び降りる瞬間が止まりません 残念!
KARUGAMO-230*21b
カルガモ

そろそろヒナたちは疲れてきているようです
KARUGAMO-230*23b
カルガモ

次の堰堤もまあまあ高いです
KARUGAMO-230*24b
カルガモ

迷わず降りていきます
KARUGAMO-230*25b
カルガモ

全員無事に降りました
KARUGAMO-230*26b
カルガモ

やっと平らな水面になりました
KARUGAMO-230*29b
カルガモ

頑張ったのはこの子たちです 逞しいですね
KARUGAMO-230*30b
カルガモ

Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




そろそろ気になるのは.... #カルガモ

定点観測地のカルガモファミリーです。

今年もS川へ様子を見に行ってきました。
うまく出会えない年は、下流からかなり遡って上流まで探すのですが、今年は到着早々下流域で出会えました。何羽が生まれたのかは解りませんが、まだ10羽が健在でしたので、誕生してからまだそんなに日にちは経っていないでしょう。小さくて必死で親鳥を追いかける様子はほんとに可愛いかったです。

親鳥がターンしても、すぐに離れずに必死で着いて行きます。もう少し大きくなると、やんちゃ?な数羽が他のヒナから離れて暴走したりするのですが、まだまだ全員がぴったりくっついています。

このポイントはかなり下流でしたので、2〜3日前に来ていたら4年前のこの日のように、上流から下流への大引越が見られたかもと思うと少し残念でした。

そして、このポイント辺りはほとんど流れがありません。右へ左へと水草等の餌を食べながら、池のような水面を何度も横切るように泳いでくれました。贅沢な話ですが、あまりにも穏やかすぎる水面でしたので、同じような画像ばかりになってしまい、ちょっと画像的には物足りなかったかも。

その後、しばらく上流まで歩いてみましたが、このファミリー以外は見つけられませんでした。

それと、カルガモは母親だけが子育てをすると聞きますが、このファミリーは父親?と思われるもう1羽が、少し離れたところからずっと見守っていました。

無事に出会えましたが、逆光で水面が光ります

カルガモ

KARUGAMO-212b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-213b.jpg
カルガモ

こちら側へ移動し始めたので、対岸へ渡ることに
KARUGAMO-214b.jpg
カルガモ

やっばり順光がいいですね
KARUGAMO-215b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-216b.jpg
カルガモ

今年のヒナは10羽でした
KARUGAMO-217b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-218b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-219b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-220b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-220*1b
カルガモ

きちんと整列して必死に追いかけます
KARUGAMO-220*2b
カルガモ

KARUGAMO-220*3*b
カルガモ

KARUGAMO-220*4b
カルガモ

珍しく父親?がずっと見守っていました
KARUGAMO-220*6b
カルガモ

KARUGAMO-220*5b
カルガモ

Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




定点観測のS川に.... #カルガモ

この日は定点観測をしている、K市のS川へ行ってきました。

ターゲットはもちろんカルガモファミリーです。この川は途中にかなりの高低差のある急流があり、ダイナミックなシーンが見られる可能性も高くこの時期は毎年訪れています。今年はすでにN池隣市S川でカルガモファミリーに出会えていますが、穏やかな水面でののんびりした光景ばかりで、ちょっと不満が残っています。

3年前のこの日は数十センチの高さの堰堤をジャンプしながら、100m以上も下流まで移動する迫力のあるシーンが見られました。この感動に再開したくて今年も訪れてみましたが、少しタイミングが悪かったのか、この日の子供たちはもうかなり大きくなっていて、ちょっと可愛さには欠けています。

それでも、この後どんなシーンが見られるか?と密着取材です。
堤防脇の草地に上陸して休憩していたこのファミリーですが、まず子供たちが水に入り始め、下流へ向おうとしました。ところが、後を追いかけた親鳥は子供たちを上流へと導きます。そして、その後試練の場所へ到着。数十センチ以上あるかと思う高い堰堤が立ちはだかります。親鳥はさっさと上がってしまいますが、子供たちは上がれないようです。かなり大きめの子供たちとはいえ、やはりこの子たちにはちょっと高過ぎるようです。

足止めをくらった後、初めのうちは右へ左へと上れそうな所を探しますが、さすがに高過ぎるとわかったのか、ほとんど動かなくなりました。さて、親鳥および子供たちはこの後どうするのか?と期待しましたが、すぐにこの様子を察したようで、結局親鳥が子供たちの元へ戻りました。その後は親子で餌を探しながら、下流へと泳ぎ、元いた休憩場所までの短い旅を終えました。

今回はダイナミックなシーンこそありませんでしたが、高低差のあるこの川での行動は見ていて面白いです。欲を言えば、子供たちがもう少し幼かったら、よかったのですが…。

草地で休憩中 5羽の子供たちはかなり大きいです

カルガモ

KARUGAMO-202b.jpg
カルガモ

そろそろ行動開始です
KARUGAMO-203b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-204b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-205b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-206b.jpg
カルガモ

子供たちは下流へ行きたかったようですが
KARUGAMO-210b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-209b.jpg
カルガモ

親鳥は上流へと導きます
KARUGAMO-210*1b
カルガモ

KARUGAMO-210*2b
カルガモ

そこには高い堰堤が
KARUGAMO-210*3b
カルガモ

親鳥はさっさと上へ....
KARUGAMO-210*4b
カルガモ

しかし、子供たちは上がれません
KARUGAMO-210*5b
カルガモ

        親鳥は上がってくるように、促しますが
        KARUGAMO-210*7b
        カルガモ

やはり無理のようです
KARUGAMO-210*8b
カルガモ

結局、親鳥は子供たちのところへ戻りました
KARUGAMO-210*9b
カルガモ

そして、みんなで下流へ
KARUGAMO-210*11b
カルガモ

KARUGAMO-210*12b
カルガモ

結局、元の辺りへ戻りました
KARUGAMO-207b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-208b.jpg
カルガモ

子供たちがもう少し幼かったらなぁ....
KARUGAMO-210*13b
カルガモ

KARUGAMO-210*14b
カルガモ

KARUGAMO-210*18b
カルガモ

KARUGAMO-210*15b
カルガモ

KARUGAMO-210*17b
カルガモ

Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




今年はどんな子育てが.... #カルガモ

この時期になると、毎年定点観測をしている西の地のN池です。

ここは例年、数組のカルガモ、カイツブリ、バン等が数組ずつ、ところ狭しと子育てしています。今年はどんな子が見られるかと、様子を見に行ってきました。この地は池全体を見渡せる遊歩道の上からだと500mmでも遠いくらいですが、手摺りのすぐ横の水面ならスマホでも撮れる....という状況なので、サンヨン+1.7テレコンと18−400mmズームの2本体制で臨みます。

現地に着いてまず眼に入ったのは、カルガモの親子....。しかし、ヒナの数は3羽しかいなくて、もうかなり大きく育っています。3羽になるまでにはいろんなドラマがあったのでしょうが、もうこれだけ大きく育ってしまうと、写真的にはあまり魅力がないですねぇ....。ただ、カルガモは親子共に警戒心がありません。結局、9〜10枚目の画像を除くと、100〜200mm域程度での撮影です、やはりこいうい場所ではこの種のズームは貴重ですね。

でも、ここまで来てこの親子だけの画像では不満です。早々に別のファミリーを探す事に....。

KARUGAMO-191b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-192b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-193b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-194b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-195b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-196b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-197b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-198b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-199b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-200b.jpg
カルガモ

Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




このファミリーには大苦戦.... #カルガモ

早々にカルガモファミリーに出会いました。

通常カイツブリやカルガモファミリーの撮影時は18-400等のお手軽ズームで行くのですが、元々はこのS川河口でコアジサシや渡りのシギチ類がターゲット....。干潮時間の遠い砂浜なら....と、機材は1.4テレコン付500mmレンズの700mmです。

ポイントへ向かう途中の対岸で見つけたのですが、いくら何でもこれでは自由が利きません。それでも、目一杯後ずさりをしたり、道路まで上がって橋の上から狙ったりと、私自身をズームさせての大苦戦となりました....笑。それでも、700mmとなると被写界深度が浅く、いくら遠めから狙ってもファミリーの中の1羽か2羽にしかピンが来ません。しかも、数えてみると12羽居たので全員の集合写真も撮りたかったのですが、とてもとても全員が収まるような画像を撮るのは不可能でした。

これからまだ何度も出会えるでしょうから、次回撮り直しをしたいと思いますが、それにしてもやっぱり可愛いですね。12羽全員が育つと言うことはあり得ないでしょうが、今後あまり数を減らさずに育ってほしいものです。

河口付近の石上で全員が休憩中でした 親鳥は爆睡中

カルガモ

すぐそばをカラスやアオサギが通ると親鳥が起き上がりますが、無防備そのものですよねぇ
KARUGAMO-182b.jpg
カルガモ

一時間近く、この無防備状態が続きましたが、やっと子どもたちが行動開始です
KARUGAMO-183b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-184b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-185b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-186b.jpg
カルガモ

さすがに700mmでは全員の集合写真は諦めました
KARUGAMO-187b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-188b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-190b.jpg
カルガモ

中央の子を狙うと周りの子にはピンが来ません
KARUGAMO-190*4b
カルガモ

KARUGAMO-190*5b
カルガモ

KARUGAMO-190*3b
カルガモ

KARUGAMO-190*15b
カルガモ

KARUGAMO-190*16b
カルガモ

KARUGAMO-190*9b
カルガモ

KARUGAMO-190*10b
カルガモ

KARUGAMO-190*6b
カルガモ

KARUGAMO-190*7b
カルガモ

KARUGAMO-190*8b
カルガモ

KARUGAMO-190*11b
カルガモ

KARUGAMO-190*12b
カルガモ

KARUGAMO-190*14b
カルガモ

KARUGAMO-190*13b
カルガモ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




近況報告
11月も後半に入り、いよいよ新型コロナウイルスの第3波がやってきました。しかも驚異的な感染者が増えているようです。他に普通のインフルエンザも気になりますし、皆さま気をつけながら探鳥しましょう。





FC2カウンター

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2020年9月現在)

* カメラボディ *

Nikon D500
Nikon D7100
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone 6s

* レンズ *

AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(B028)
  18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事


最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











QRコード

QR


カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー