AFエリアモードの切り替えは....

今日は久々にかなりの雨になりましたね。皆さま、被害等ございませんか? 

前回はD500でのマニュアル露出とISO感度自動設定併用の件をご紹介しましたが、今日はAFエリアの切り替えについてです。
野鳥の撮影時のAFエリアってどう設定されていますか?

当然、狭い範囲で眼をピンポイントに狙うのがベストでしょうが、いきなり飛び出されたりすると困ってしまいますよね。そのため、少し広い範囲のまま撮影すると、微妙にフォーカスが外れたり....と、なかなかうまく撮れません。ましてや、飛翔している場合でも一直線に飛んでいる場合と、頻繁にターンを繰り返しながら飛んでいる場合とでは、条件も違うのでエリアのチョイスに悩みます。

私のメイン機のD500には、
「グループエリアAF」、
「シングルポイントAF」、
「ダイナミックAF(範囲は25点、72点、153点)」、
「3D-トラッキングAF」、
「オートエリアAF」、
のAFエリア設定があります。

「3D-トラッキングAF」や「オートエリアAF」は野鳥には向かないと思っていますので、私は使ったことはありません。普段は、枝止まりの静止シーンは「シングルポイントAF」、飛翔シーンは「グループエリアAF」、そして大きな鳥や数の多い群れの時には「ダイナミックAF」等で補っています。

問題は、いきなり動きが変わった場合等の瞬時の切り替えです。デフォルトではAFモードボタンを押しながら、サブコマンドダイヤルを回すという両手の作業がいるのです。これでは止まっていた鳥が急に飛び出した場合にはとても追いきれません。過去には何度も悔しい思いをしたことが....。

そして、これも前回と同じとあるサイトで紹介されているのを発見して解決です。

数種のカスタムボタンにそれぞれのAFエリアが割り当てられるのです。このボディを購入した直後には取説で眼にしたものの、便利だという実感がないとなかなか使ってみよう気にはなりません。その後はスルーしてしまっていました。

最近のインターネットの解説サイト等では、動画付きで解説されている記事も多く、ほんとにわかりやすいです。早速試してみようと思いました。

結局私は、
AF-ONボタンに「シングルポイントAF」、
Pvボタンに「ダイナミックAF」、
Fn1ボタンにPvボタンから外したプレビュー機能、
をそれぞれ割り当て使ってみることに。そして、ボタンを併用しない人差し指だけでのデフォルトシャッターは「グループエリアAF」です。

このセッティングにて、
眼にピンポイントでフォーカスが欲しい枝止まりは、親指でAF-ONボタンを押しながらの「シングルポイントAF」撮影。
枝の上を少し動く等AFの範囲を広くしたいときは、中指でPvボタンを押しながらの「ダイナミックAF」撮影。
そして飛び出してしまったら人差し指だけを使っての「グループエリアAF」連写撮影。
というように、ファインダーで鳥を追いながら、人差し指もシャッターから外さず、AFエリアを瞬時に切り替えるというマルチな撮影ができるようになりました。

もともと、カメラボディに装備されている機能ですので、裏技でもなんでもないですが、なかなかうまく利用されている方は少ないと思います。なかなかきっかけがないと、使ってみようとは思いつかないですよね。

メーカーや機種によってこういう機能は様々でしょうが、デフォルト設定で撮っておられる方で、不便をお感じの方はぜひチャレンジしてみてください。





AF-ONボタンにはシングルポイントAF
D500-3b.jpg
D500 カスタムボタン割り当て

PvボタンにはダイナミックAF
D500-1b.jpg
D500 カスタムボタン割り当て

Fn1ボタンにはプレビュー機能
D500-2b.jpg
D500 カスタムボタン割り当て

Nikon D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G





Lexar 128GB SDXCメモリーカード(SDカード) 1000x UHS-II U3 Class10 V60 4K対応 米国版 [並行輸入品]


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







マニュアル露出とISO自動設定の併用....

野鳥を撮影されるときの露出の設定はどうされていますか?
ISO値をできるだけ低くして、絞り優先で撮っておられる方が多いのではないでしょうか?

私もつい最近までは過去の風景写真やスナップ等の経験を引きずったまま、絞り優先で撮影していました。私が撮影に出るときは、たまに18-400mmズームを使うこともありますが、300mm F4+1.7テレコンの510mm相当か、500mm F5.6+1.4テレコンの700mm相当(もちろんテレコン無しの場合も)のどちらかです。手持ちの場合がほとんどなので、できれば510mm相当の場合で1/500、700mm相当の場合は1/1000以上、ましてや飛翔シーンなら1/2000程度のシャッター速度で撮りたいものです。

しかし絞り優先にしていると、気がつかないうちにシャッター速度が落ちてしまいブレ画像を量産....。それを嫌ってISOを上げ過ぎると塗り絵のような画像になってしまうのも困りものです。少々ノイズがあっても、ビシッと止まった画像を撮りたいのですが、なかなかうまく撮れないのです。どうしたものか?と、どうにも納得できない日々が続いておりました。

そんな時、とあるサイトでマニュアル露出とISO自動設定との併用という技を見つけました。
もちろん、シャッター優先という選択肢もあるのでしょうが、これもむやみに絞りが開いてしまい、解像度が落ちて眠い画像になってしまいます。素速い判断が求められる野鳥の撮影時、しかもこれだけカメラボディの性能が上がっているこのご時世に、まさかマニュアル露出?....と思いましたが、試してみるとこれがなかなかのものです。

まずは露出設定をマニュアルモードにしたうえで、ISO感度を自動設定にして自分が撮りたいシャッター速度と絞り値を決めて撮影するだけです。カメラボディの高感度性能がよくなってるとはいえ、無限に上がるとノイズだらけになるので、ISOの上限設定を3200〜8000くらいにするのがいいでしょう。小さい鳥や距離が遠くて、トリミング度が大きくなる場合は低めが無難かも。ただ、あまり低く設定し過ぎると適正露出とならずに真っ黒になってしまうので、今度は露出補正で補う必要があります。絞り値に関しても、開放では解像度が落ち、眠たい画像になってしまうので私は1〜2絞り絞った値にしています。

この設定を初めて数ヶ月経ちましたが、なかなか良好です。どうしてもISO値が上がってしまいますが、カメラによって高感度性能が違うので、自分自身で納得できる上限値を決定して、露出補正をすればいいでしょう。それでも、ノイズが気になる場合いは、少しずつ様子を見ながら、ブレない範囲でシャッター速度を落としていくのがいいかも。

高ノイズになってしまうような条件の場合は、元々ブレていたわけですから、ほとんどが止まっているのはありがたいです。もちろん、明るいフィールドのときや三脚使用時はシャッターを速度を落とすと、ISOが自動的に下がりますのでノイズも減っていきます。

最近のカメラには簡単には使いこなせないくらいの、便利な性能や機能があります。デフォルトのモードではなく、ご自分に合った撮影設定を試してみられてはいかがでしょう。





露出設定はマニュアルモードです
D500-5b.jpg
D500 露出設定

ISO感度は自動 上限は8000にしています
D500-4b.jpg
D500 露出設定

Nikon D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G






Lexar 128GB SDXCメモリーカード(SDカード) 1000x UHS-II U3 Class10 V60 4K対応 米国版 [並行輸入品]

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







AF-S Nikkor 600mm F8 ???

先日、T氏がT社の150-600mmズームを購入された旨をブログにUPされていましたが、最近T社やS社の150-600mmズームを導入される方が増えましたね。私も過去にS社の150-500mmズームを使用したことがありましたが、当時のD200とは相性が悪くて満足できず、すぐに手放してしまったことを思い出します。もちろんそれから10年近く経っており、カメラのボディもレンズもその当時の性能を遙かに上回っているでしょうが、やはりこの種のズームには抵抗があります。ましてや、暗いズームよりは単焦点+テレコンの方がマシだろうと言う思い込みも強く、最近はサブシステムの「ニコンのサンヨン1.7テレコン」の手持ちと言うのが私のデフォルトの撮影スタイルとなっています。ただ、よくご一緒する方の中にも600mmまでのズームを使用されている方も多く、鳥までの距離が遠いフィールドでは100mmのアドバンテージをひしひしと感じる事も多々ありました。

で、今回思いついたのが、ずっと防湿庫で眠っているメインのサンニッパにデフォルト装着している2.0テレコンをこのサンヨンに試してみようと。これも過去D7100+旧サンヨン当時に試したことがありますが、AF合焦速度および精度や画質のクォリティに満足できず、それ以来この使用方法は断念していました。当時とは機材も変わっていますので、D500+現サンヨンなら少しは満足できる画が撮れるかも?と今日は地元近くのM川河川敷に持ち出しました。

撮影した感触です。
やはりAF合焦の速度はそれなりに落ちますが、精度はまずまず….。画質のクォリティに関しても陽が射して光量が確保できるとそれなりに満足できますが、若干コントラストが低くなってるかな?....と。常用するのは無理がありそうですが、少し補正してやるとブログにUPする程度の画像なら、使えそうかも....と言うのが結論です。3倍以上の価格のサンニッパの画質とは比べものにはならないでしょうが、価格ほどの差が無いようにも思えます。重くて持ち出すことが極端に減っているサンニッパを今後どう使っていこうか?と悩むところです。

今回も手持ちで普通種ばかりをラフに撮ってみましたが、これらの画像を見られて皆様はどうお感じになりますか?
トリミング比の少ないツグミ等はなかなかイケそうですよね。

KOGAMO-40*1b
コガモ

OOBAN-20*1b
オオバン

MAGAMO-30*1b
マガモ

KINKUROHAJIRO-40*1b
キンクロハジロ

KISEKIREI-30*1b
キセキレイ

HAKUSEKIREI-30*1b
ハクセキレイ

TSUGUMI-180*2b
ツグミ

TSUGUMI-180*3b
ツグミ

TSUGUMI-180*1b
ツグミ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-20E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







やっぱりこれを....

先週、この機種発表時にも書きましたが、やっぱりポチッてしまいました。

そして前回同様発売日に手元に到着....笑。D7100のときほどスペック面等での感動はありませんが、やはり気になる高感度ノイズや連写時のバッファ不足等の不満点がほとんど解消されてるとのことで期待感は↑↑です。ただ、身内に病人が出たため、残念ながらこの週末は撮影に出られず、試写および使用感のレポートは来週末以降になりました。

撮影に関する不満点はおそらく解消できるとは思いますが、また別の不満要素も....。
長年使用してきて気に入っていた現像ソフトのNikon CaptureNX2のサポートが終了したため、この機種をも含め今後の新機種は現像できなくなりました。それに替わる新ソフトのCaptureNX-Dが無償ダウンロードできるようになりましたが、コントロールポイントが使えなくなるなど機能面で廉価版になりましたので、満足な現像ができるのかどうかが不安です。おそらく慣れるまでの間だとは思うのですが、インターフェイスも替わっており、満足な現像ができるのはしばらく先かも。.....。

さあ、今度は相場が下がらないうちにさっさとD7100を処分しないと....笑。

それと、聞くと私と同日にCanon 7D MarkⅡを手に入れた方がいらっしゃいます。こちらのほうのレビューも気になりますよね。

またまた発売日に到着....

D7200

予約購入特典は32GBのSDHC
D7200-2b.jpg
D7200

D7200-4b.jpg
D7200

全機種との外観の違いはここだけ?
D7200-5b.jpg
D7200

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







Nikon D7200発表!

D7200.jpg
D7200発表

Nikonのサイトにもありますように新機種D7200が発表され、3月19日に発売されることになりました。

私はこれまでカメラやPC等、機械ものを購入する時は初回ロットを見送り、大きな不具合とかがないのを確認してから…と慎重路線を繰り返してきました。そんな私が、今の愛機D7100の購入に関しては何か閃きがあったのか、なんと発売当日に手に入れる快挙を成し遂げております…笑。結果としては写りそのものには大変満足しており、不具合等に悩まされることはなく、この快挙を後悔することはありませんでした。

あれからちょうど2年が経ち、写りは満足なものの機能性能での不満点も。連写に関しては秒間6〜7コマとはいえ、バッファ不足のために6〜7コマ連写すると数秒間はシャッターが押せなくなり、完全に止まってしまいます。昨年末遠征のオオワシ撮影日のように飛び出し時の肝心なシーンを逃すこともしばしばでした…。それと私は早朝の薄暗い光線での撮影が多く、高感度のノイズにより画像の荒れも悩みの種でした。この辺りはNikonさんもきちんと認識しているようで、この2点に関しては今回の新機種の重要改良ポイント。そして画像処理エンジンもEXPEED4にバージョンアップされ、画質に関しても向上してるものと見込まれます。

あくまでカタログ上ではありますが、私の感じた不満点がほぼ改良されて性能的にもさらに進化しているのを見てしまうと、もうむらむらと買い替え願望が....。ただ、発売時点ではそこそこの価格設定なのでわずか2年の使用のD7100からの買い替えはやはり勿体ないか....と決心ができません。日にちが経てば、販売価格も下がるでしょうが、逆に現D7100の処分価格の相場もそれ以上に下がるはずです。どの時点で判断して決心するか....と、大きな大きなな悩みを抱えてしまいました〜。

買い替えならむしろ上級機種にステップアップするほうが....との意見も数多くあるでしょう。私ももちろん当初はそうでした。D200やD300の1,000〜1,200万画素級で鳥撮りを始めたころは、「いつかはFXサイズのフラッグシップボディ+ゴーヨンあるいはロクヨンクラスの明るいレンズ....を」という大砲への憧れが....。しかし現在はボディの進化が著しく、フラッグシップ機に予算をつぎ込んで長い期間使い続けるより、たとえ中級クラスでも日進月歩のボディを常にバージョンアップしていくほうが賢明だと判断しています。山道での機動性をも考えると、私の撮影スタイルではこの普及クラスのDXボディと今のサンニッパ+×2のテレコンでベストだ....と。

さて、明日明後日は2日間とも微妙に雨の予報ですね....。こういう時って、この精神状態でPCの前に座ってしまうと非常に危険なんですよねぇ....。

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







近況報告
7月にはいり、いよいよ梅雨も本格的になってきました。

災害級の豪雨になっているところもありますが、皆さまが被害に遭われことのないよう祈っております。そして、既に被害に遭われた皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

カメラボディ
Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10

レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro 1.4X DGX 他


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
天気予報
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク