レアものか?と思いましたが.... #コチドリ



いよいよ待望の渡りのシギチを?と言うことで、久々にK浜へ。すると、駐車場を出て野球グラウンドの横から休憩所にあがったところに、「通行禁止」の標識が。そして、バリケードが築かれ東側へは行けなくなっています。あまりのショック(笑)で、標識の内容を読むのを忘れてしまいましたが、禁止期間は令和4年の3月末日までだったと。そう言えば、数年前の台風で遊歩道脇の柵が著しく破損しましたが、その後も応急処置だけでず...

☞この記事を読む

その直ぐ近くにはコチドリも.... #コチドリ



キアシシギを撮影していると、すぐと近くには別の水鳥が。コチドリ風の姿が見えましたが、この時期だけにイカルチドリかも?と。しかし、ファインダーを覗いてみると真っ黄色のアイリングがくっきりはっきり....。コチドリが2羽、仲よく餌探をしておりました。この鳥はこういう苔の上がよく似合いますね。⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️コチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコ...

☞この記事を読む

近いとやはり嬉しいですね.... #コチドリ



オオルリやキビタキがまだうまく撮れていない今季ですが、渡りのシギチとの出会いもいまいちです。緊急事態宣言発出中ということもあり、出かけるフィールドも限られているので、仕方がないといえば仕方がないのですが、運にも見放されています。季節の鳥は誰よりも早く撮りたいという願いが強すぎるのか、まだ到着していないフィールドへ出かけてしまって何も居ない....とか、空回りばかりが続いています。そこへここ数日は天候も...

☞この記事を読む

幼鳥はますます悩みます.... #コチドリ



まだまだ猛暑の真っ最中ですが、皆さまいかがお過ごしですか?大阪城公園にはコルリ到着のニュースも入り、そろそろ秋の渡りの鳥たちが気になる時期になってきました。お城へのコルリの初到着は先週8月15日、どうしようか?と迷いましたが、翌日は日曜日で混雑も予想され、出そびれてしまいました。結果としては初日一日で抜けていたので後悔はしませんでしたが、相変わらず新型コロナウイルスの影響も続いており、混雑したフィ...

☞この記事を読む

今回の識別は迷いません.... #コチドリ



キアシシギを撮影していると、直ぐ近くに飛んで来たのがコチドリ。今季初の撮影となりました。先日、ササゴイを撮影したフィールドでもコチドリらしき鳥に出会っていましたが、幅の広いM川の対岸を鳴きながら飛んでいるのを見ただけ。あまりに遠すぎて、残念ながらシャッターを押せませんでした。ただ、キアシシギが歩いている向こう側に降りたので、少し遠いのが不満です。豆粒やゴマ粒ほどではないものの、かなりのトリミングを...

☞この記事を読む

今回はコチドリのようです.... #コチドリ



今季初のトウネンの横ではこの子がしきりに餌を啄んでいました。最近、トラウマになっているのが、コチドリとイカルチドリの識別です。なぜか、最近はどちらとも言えるような中途半端な個体ばかりに出会います。この日も撮影時は嘴が長く見え、アイリングの黄色も薄かったので、またまたイカルチドリかと。しかし、現像して改めて見ると嘴はそんなに長くありません。アイリングは薄いのでなんとも言えませんが、羽淵の色合いなどか...

☞この記事を読む

今度こそ、コチドリ.... #コチドリ



コチドリだと思ったのがイカルチドリと言うことで、少し落胆しながら下流へ向かうと、またまた同じような風貌の鳥が....。今度こそ、コチドリのようです。眼の黄色いアイリングもはっきりしていますし、嘴も短くてシュッとしています。こうして、同時に出会って比べてみると、違いがよく解りますね。ようやく、渡りの子に出会えましたものの、地味な子ばかりで、この日のメインターゲットのササゴイにはなかなか出会えません。コチ...

☞この記事を読む

コアジサシと一緒に子育てしていたのは....



コアジサシはいまいち納得できる画像を残せませんでしたが、一緒に子育てをしていたコチドリはサービス満点でした。えっ、大丈夫?....というくらい向こうから近寄って来ます。すぐ傍で親鳥が見守っていましたが、あまりに警戒心がないのでこちらがびっくり....です。こんな事では緊急時にヒナを守れるのでしょうかねぇ〜〜〜。しきりにこちらを気にする視線の先には....コチドリコチドリコチドリ可愛いヒナが居ましたコチドリコチ...

☞この記事を読む

またまた識別に悩みます....



先日はせっかくのミユビシギをきちんと識別できず、喜びが半減してしまいましたが、この日も地元近くでややこしい子に出会っていました。シロチドリ?コチドリ?イカルチドリ?ハジロコチドリ?と悩みましたが、シロチドリやハジロコチドリではなさそうです。コチドリかイカルチドリかと絞ったうえ、脚の色、嘴の色、アイリングの不鮮明さ等々を考慮して、イカルチドリだと判断しましたが、いかがでしょうか?ほんとにこの種の識別...

☞この記事を読む

ここにはコチドリが1羽だけ....



小鳥から猛禽まで色々な鳥が至るところで子育中です。そして、もう多くのヒナも巣立っていきましたね。そんな中、どうも具合の良くないのがこの地のコアジサシ....。サシバ撮影の日も早々に訪れましたが、ヒナが生まれている様子はありません。それでも砂浜にはコチドリが佇んでいました。カップルでもなく、抱卵姿でもありません。、昨年はコアジサシだけでなく、シロチドリの子育てが見られたので、ひょっとして今年はこの子の.....

☞この記事を読む

この子も近い近い....



至近距離のセイタカシギに出会えた後、飛んできたのはコチドリ....。この子も近いところでモデルになってくれ、私たちを癒やしてくれました。どこでも普通に出会えますが、これだけ近くで撮れれば嬉しいですよね。この時期ならではの画像が撮れました。コチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコチドリNikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II...

☞この記事を読む

コチドリの飛翔は新快速級....



地元の武庫川で出会ったコチドリです。この日はターゲット云々よりも密かにデビューしたこの機種に慣れるのが第一目的。のんびりと河川敷を歩いていると3羽のコチドリに出会いました。しばらく様子を見ていると3羽で囀りながら、∞の文字を描くように快速で飛び回ります。ずっと3羽がくっついているので、♀を取りあっているのかと思いましたが、そんな雰囲気でもありません。仲のいい3兄弟かも?早速レンズを向けましたが、快速...

☞この記事を読む

こちらではコチドリも....



コアジサシのヒナが無事誕生してホッとしましたが、少し離れたところにはコチドリのヒナたちが走りまわっていました。一度目に訪問した日は、コアジサシの手前で抱卵していた個体しか気がつかなかったのですが、どうやらここでも子育てが始まっていたようです。この子たちも生まれたてのコアジサシのヒナくらいの大きさで、まだスズメよりはるかに小さな体格です。親鳥を追いかけてのヨチヨチ歩きが見られるかと思いましたが、予想...

☞この記事を読む

目鼻立ちが愛くるしいですね....



キアシシギのパレードの次は、目鼻立ちの愛くるしいコチドリです。この子もほんとに癒やしてくれますね〜。コチドリコチドリコチドリコチドリコチドリコチドリNikon D7100 + SIGMA AF APO 300mm F2.8 EX HSM + APO TELE CONVERTER 2x EX DG...

☞この記事を読む
近況報告
昨年秋から落ち着いていた新型コロナウイルスの感染者数ですが、いよいよオミクロン株を中心とした第6波に入りましたね。いよいよ、まん延防止等重点措置が施行される自治体が増えてくると思われます。

ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。

 





FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年12月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
Nikon
  マウントアダプター FTZⅡ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー