旅支度の直前に.... #キビタキ



ムギマキで賑わう某公園ですが、多くのキビタキやオオルリ等の姿も。この子たちは、この後東南アジア等、南の地への長旅が待っています。数千kmの地までの渡りを毎年繰り返しますが、こんな小さな身体のどこにそんな体力があるのでしょうね。本当に自然の大きさを感じさせられます。そして、また翌年の春になると、ほぼ同じ地方に戻ってくるという体内に備わったGPSの正確さにも感心させられます。この地で出会ったこの子も、警...

☞この記事を読む

ターゲットは不在でした.... #キビタキ



そろそろムギマキが気になり、西の地のK山へ。まだ、すこし早いかな?とも思いましたが、大阪城公園では早々に出現しています。やはり、長く滞在しだして混雑するまでに....と、早朝から車を走らせました。ここには上下2か所のポイントがあるのですが、まず下のポイントへ。まだ、薄暗くてよく見えないのですが、どうも実の数が少ないような気が。なら、先にもう1ヶ所で待ってみようと、上のポイントへ。しかし、この時点でどち...

☞この記事を読む

1ステージだけでしたが、大サービス.... #キビタキ



昨年までの3年間、毎年ツツドリに出会っている地元K山。例年に比べるとまだ少し早いかも?とは思いましたが、様子を見に行ってきました。そして、ポイント付近に到着するとすでに4〜5名のカメラマンが三脚を立てておられます。おっ?これは?と思いましたが、レンズの向いてる方角がほぼ目線から下方に....。これはツツドリではないな....と、お一人の方に伺うと「キビタキとコサメビタキを待ってる....」と。レンズの向いてる...

☞この記事を読む

この地で初めてアオバズク以外にも.... #キビタキ



子育ての状態がいまいち解りにくい隣市のアオバズクですが、親鳥に関しては訪問時に毎回出会えるようになっています。頻繁に観察されている地元の方からは、もう随分前にヒナが生まれていると聞いていますので、たぶん巣立ちはもうそろそろ?と思いますが、ほんとに今年はなかなかです。当初のように留守と言うことはなくなり、毎回親鳥は撮影できるようになってはいますが、止まる枝は毎回同じですし、当然昼間は動きがありません...

☞この記事を読む

巣立ち直後のようです.... #キビタキ



サンコウチョウの他にも、オオルリやキビタキがずっと鳴いていて、声だけ聞いていても癒されるフィールドですが、囀っているのはやはり遠くて高い枝ばかり。時々低めの枝に止まってくれたので、何度かはシャッターを押す機会がありましたが、やはりISOは上限の6400を超えて真っ黒。それを現像時に再補正したうえ、かなりのトリミングとなると、やはりひどいノイズで全滅でした。次回、こういう暗いフィールドでの撮影機会があった...

☞この記事を読む

またまた同一ポーズのみ.... #キビタキ



先日のキビタキの撮影は、ピンポイントでの同一ポーズのみ。同じような画像ばかりで、いまいち不満なものでした。そして今回は隣市のもう一つ隣のN公園。この日はシギチの撮影の予定でしたが、干潮時間までの合間に時間限定で立ち寄ってみました。早朝から公園に入ると、すでに「ピッピリピー、ピッピリピー....」と大きな声が。これは短時間でGETできるかも?と、声の方向を探します。初めのうちは繁った葉っぱの中ばかりを動き...

☞この記事を読む

今回も微妙な満足度.... #キビタキ



今季初のキビタキは、先日コマドリの撮影に向かう途中での一瞬の出会いでした。やはりその後のコマドリが気になり、飛び去った後も深追いをしなかったので、撮影後にポイントに戻ると姿は無し。結局、手元に残った画像はたった3枚の証拠写真程度の画像のみでした。そして、2度目の出会いは近くのA公園。早朝から、キビタキとオオルリを探しましたが、なぜか2種とも鳴きません。繁殖前のこの時期はこの子たちの鳴き声も楽しみの...

☞この記事を読む

寄り道は厳禁です.... #キビタキ



コマドリのリベンジに向かったこの日ですが、駐車場から渓流ポイントへ歩く途中で聞こえたのが数羽のキビタキの囀り。それも、眼の前の木の高い枝で鳴いているようです。ターゲットのコマドリが気になるのですが、キビタキも今季初です。すぐに撮れるのならちょっと寄り道も?と、声のする方を見上げてみました。すると、少し枝が被っているものの、姿がくっきりと見えました。しかも、綺麗な♂の成鳥のようです。今季初ですし、こ...

☞この記事を読む

オレンジ色ではなく黄色でした.... #キビタキ



ムギマキ探しのこの日ですが、フィールドに着くまでにコサメビタキに出迎えてもらい、これは幸先がいい....とテンションが上がります。そして、登山道を歩いてまず下のポイントへ。この地のムギマキのポイントは200〜300mを隔てて2ヶ所あります。ここ5〜6年前までは、もう一つ上のポイントのほうが出現率が高かったので、毎回ここで待ちの時間を過ごしました。ただ、このポイントは暗くて枝被りが多く、なかなか思うような画像が...

☞この記事を読む

この子は誰?キビタキ?ムギマキ?..... #キビタキ



子育ての様子を観察するために、私が毎年訪れるサギのコロニーは二ヶ所。そのうち隣市のS池は早々に訪れましたが、もう一ヶ所の北摂のM池へも行ってきました。アオサギ、ダイサギ、コサギ、ゴイサギ、カワウ....と、例年どおりのメンバーの子育てモードが始まっていましたが、誕生直後のヒナは確認できず。少し大きくなってしまったアオサギは数羽居ましたが、もうそんなに可愛くありません....笑。他には抱卵中のコサギや、頻繁...

☞この記事を読む

やっと待望の種に.... #キビタキ



一瞬だけのアカハラとの出会いでしたが、実はその直前にキビタキの♂に出会っていました。しかし、これまた一瞬の枝止まりで、背景は人工物の白い壁です。数枚連写しましたがすぐに飛去。しばらく追いかけたのですが、見失ったところでアカハラに出会っていました。そのアカハラもすぐに飛び去られてしまったので、リセットして先ほどのキビタキ探しです。この時点でもカメラマンは6〜7人、広いフィールドの中、密にならない程度...

☞この記事を読む

うーん、前途多難.... #キビタキ



ゴマ粒のようなオオルリには出会えましたが、その後も再登場するような気配はありません。そして、耳を澄ましてもコマドリの囀りも聞こえずです。このままでは、3枚だけの収穫で終わってしまうかも?と、センダイムシクイの囀りが聞こえていた辺りまで戻ることにしました。ここ数年は夏鳥の到着も早く、一昨年はキビタキ、オオルリとも、桜絡みでの撮影に成功しています。今年は桜の開花が早かったので、これらの鳥の到着には間に...

☞この記事を読む

この子もムギマキ♂に見えました.... #キビタキ



先日の某植物園での出会いに戻ります。この地に集まったカメラマンは総勢60〜70人....。そのほとんど全員が待っているのが、ムギマキ♂の成鳥です。しかし、この日は一瞬の♀しか撮れず、時間ばかりが過ぎていきます。ジョウビタキの♂が出たときも、周りのカメラマンからは、「おっ!」とどよめきが起こりましたが、この色の濃いキビタキ♂が出たときもざわざわと....。やはりムギマキの♂を待っていると、この種の色の鳥が来たと...

☞この記事を読む

ちょっと色が薄かったです.... #キビタキ



ヤマドリを断念して向かったポイントは、ムギマキの有名ポイントです。途中、ムギマキが出てるという情報も入りましたので期待が膨らみます。そして、ポイントに着くと十数名のカメラマンがあちこちにレンズを向けておられました。様子を見ると、メジロ、キビタキの♂♀、コサメビタキ、サメビタキ....と鳥影が濃く、実に向かって次から次へと飛んできます。これはひょっとするとムギマキも?....と期待をしながら待つことに。しかし...

☞この記事を読む
近況報告
12月に入り、寒さが厳しくなってきていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルスもまたまた怪しげな状況となり、第8波が懸念されています。しかも今年はインフルエンザも気になりますね。

ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年11月現在)

* カメラボディ *

Canon EOS R7
Canon EOS R10
Canon EOS Kiss Digital N
Panasonic LUMIX DMC FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Canon
   マウントアダプター EF-EOS R
Canon RF100-500mm
   F4.5-7.1 L IS USM
Canon RF600mm
   F11 IS STM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di
   MACRO1:1(272E) For Canon EF
TAMRON 18-270mm F3.5-6.3
   Di II VC PZD(B008) For Canon EF
Canon EF-S 18-55mm
   F3.5-5.6 IS STM


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










天気予報



カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


カテゴリー