嬉しいピンチヒッター.... #ミコアイサ



地元のS池で昨季から見られるようになったアメリカヒドリですが、2羽になったという情報をいただき、様子を見に行きました。ここの施設付近には池が3つあり、ミコアイサ同様それらの池を巡回してる様子です。昨季は南側の公園の池でしたので撮りやすかったのですが、今季撮影できたのは西側にある住宅地の間の小さな池。民家に近いので、私が撮影中も通勤通学の人が頻繁に横を通りますし、長いレンズを着けたカメラで長時間うろ...

☞この記事を読む

今度は南側の池へ.... #ミコアイサ



早々に撤収しかけた○○パークのミコアイサ。機材をリュックに収納し、駐車場へ向かおうと背中を向けて歩き出すと、後方から白い鳥が頭上を通過。そして道路を挟んだ南側の池へ向かったようです。「えっ、さっきのミコアイサ!?」と気がつきましたが、機材は背負ったリュックの中です。あまりに動きがないから諦めたのに、飛ぶのなら「もうすぐ飛ぶ!」って言って欲しかったです〜〜〜笑。もちろん、撮影はできませんでしたが、南側...

☞この記事を読む

相変わらず豊作です.... #ミコアイサ



今季は地元のN池/K池で出会えなかったミコアイサですが、その後は近辺の池で頻繁に出会えています。例年のように隣市のK池を中心に数ヶ所の池を巡回しているように思われますが、今季は初めて出かけたN池でも出会えています。毎年苦戦するのですが、今季は相性がいいようです。今回情報をいただいたのは、昨季、今季とアメリカヒドリが渡ってきたS池近辺....。この池と国道をはさんだ園芸関連の施設のある北側の池を行き来し...

☞この記事を読む

新年あけましておめでとうございます.... #ミコアイサ



新年明けましておめでとうございます本年も昨年同様、訪問していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。新型コロナウイルスの騒ぎが始まってもう2年を迎えようとしていますが、まだまだ先が不透明な状況が続きますね。国内の感染者数は少し落ち着いているとは言うものの、世界的にはまだまだ感染者数は増え続けていて予断が許せません。この年末年始の人出の影響で第6波が始まらなければいいのですが。ブログをご覧の皆さ...

☞この記事を読む

ようやく念願のパンダに.... #ミコアイサ



先日、遠征の地でエクリプス姿に出会えたものの、毎年出会える地元のN池/K池では今季はミコアイサに出会えませんでした。まだこの時期で、今季は出会えなかった....という表現はおかしいのですが、この両池はすでに水が抜かれており、今季はもうこの池で出会える可能性は低いと思われます。例年ならこの池でもエクリプス姿で到着を確認した後、付近の池を巡回している間に綺麗なパンダになっていくのですが、たいていその過程の...

☞この記事を読む

今季初出会いは遠征地でした.... #ミコアイサ



無事、今回もコハクチョウとマガンを撮り終えたうえ、まさかのナベヅルにも出会えました。ただ、このフィールドには猛禽類等他にもターゲットが多く、近くの堤防上の道路からは昨年もハイイロチュウヒやサンカノゴイを撮影しており、4年前にはノスリやハヤブサも。今回も、この後時間をかけて猛禽類を探すつもりでしたが、今年はちょっと様子が違います。晴れていて直射日光が当たっているかと思うと、すぐに雨が降り出します。こ...

☞この記事を読む

今更ですが至近距離で.... #ミコアイサ



3年ぶりのトラフズクとの出会いでしたが、夜行性のこの種の鳥ですので、朝昼はまず動きません。眼を開けるのや翼を動かすのを待って、粘っておられる方も多かったですが、その後もどんどんカメラマンが増え続けてきたので30分足らずでさっさと撤収。2羽が一画面に収まる撮影場所が限られるので、やはりその辺りは密になっています。この時点でまだ10時にはなっておらず、そのまま帰宅してビールを開けるにはさすがにまだちょ...

☞この記事を読む

遠くはないけど近くでもない.... #ミコアイサ



このブログにも散々記載していますが、今季はどうしても至近距離で♂のミコアイサが撮れません。地元近くのK池公園には長期滞在しているのですが、この公園の池はかなり広く、撮影場所から見えなくなるところも多いので、至近距離で撮影できるかは運に左右されます。もう数回通っているのですが、私が訪れたときに限って遠いところを泳いでいます。他にも、隣県での出現情報を聞き早速訪れてみましたが、この時も外してしまい、負...

☞この記事を読む

遠い遠い遠い!!



先日、K池公園でやっとミコアイサに出会えました。到着の情報を聞いてからは、毎回K池公園、Z池、N池/K池、S池....と近辺の池を全て回るようにしていましたが、私とはよほど相性が悪かったのか一度も出会えませんでした。ただ、ブログにあげておられる方もいらっしゃいますし、撮影したという情報も聞いていますので、抜けたのではなく単なる入れ違いのようです。この日もまずはK池公園に。すると、多くのカモたちやカンム...

☞この記事を読む

今度は♀タイプ.... #ミコアイサ



先日は東のY川で、荒波と戦う♂に出会いましたが、今回の出会いは静かな池での♀タイプでした。晩秋から初冬にかけて、日本に到着した頃は♂もこの風貌でしたが、この時期を迎えると立派なパンダになっています。と言うことで、この日は純粋な♀だと思って撮影していましたが、よく見ると眼の周りが微妙に黒く、ややこしい個体です。当然、個体差や気候の違いもあるのでしょうが、まだこれからパンダになっていく可能性ってあるのでし...

☞この記事を読む

久々のパンダでした.... #ミコアイサ



このフィールドは河川敷とは言え、川岸は雑木林状となっており、出会える可能性が多いのは水鳥よりも山の小鳥です。この日も歩き出すと数多くのツグミやウグイスに囲まれました。それでも途中雑木林が途切れ、川の水面が見えるところも数ヶ所....、当然レアな子でも居ないかと気になります。その都度、確認しましたが、カモ類も少なく、遠いところに数羽が見え隠れしている状況です。そんな中、かなり上流に白い子が波間に見え隠れ...

☞この記事を読む

ようやくパンダに.... #ミコアイサ



今季ミコアイサには昨年11月に地元のN池/K池で早々に出会えました。しかし、その日はまだ♀タイプの風貌....。そして、1ヶ月ほど経てその後の様子を見に行くと、なんと池の水が抜けれていて出会うことができず。それでも、完全に居なくなってしまったわけではなく、この辺りの水鳥は近辺に池が多く、K池やZ池等を巡回しています。ということで、K池公園を数度訪ねてみましたが、居るのは大きな池の中程よりも遠いところ。...

☞この記事を読む

やっと主役が登場.... #ミコアイサ



やっとミコアイサに出会えました。毎年、ミコアイサで賑わう地元のN池/K池ですが、到着済みという情報はあるものの、私が訪れるときはいつもお留守....。この地へ来る渡りの鳥たちは、すぐ近くのK池やZ池を常に巡回しているようなので、運が悪いと出会えません。これまでに私が訪れた日には、綺麗なヨシガモや交雑種と思えるアメリカヒドリ、そしてある意味レアなトモエガモの♀と、それなりの種に出会えたのにもかかわらず、...

☞この記事を読む

あけましておめでとうございます #ミコアイサ



新年あけましておめでとうございます。本年も訪問していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。本年最初の画像はこの子です。今季は池の水が抜かれることもなく、順調にこの地で過ごしているようです。ここはつい先日、20羽近くのミコアイサがお祭り騒ぎをしていたN池....。その数日後に再訪問してみるとやはりこの日も賑やかでした。前回より遙かに寒くなって時々雪がちらつく中、パンダに一番近い子が迫力のテイクオフ...

☞この記事を読む
近況報告
今年は前代未聞の早い梅雨明けになりそうですが、今後は熱中症の心配も。6月からこの暑さでは今後が気になりますね。

まだまだ新型コロナウイルスも収束したわけではありませんし、ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年5月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
Nikon
  マウントアダプター FTZⅡ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(F004)
  SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー