またまた大外れ....

大外れの確率の高いこの頃ですが、今日も限られた時間しかとれなかったので、お城のリベンジを延期して他の気になるフィールドをチェックしてきました。

フクロウ、アオバズクで超有名な大木の地です。昨年も書きましたが、私はフクロウの親鳥はまだ撮影したことがありません。ヒナの巣立ちの様子は毎年撮影に訪れていますが、未だ親鳥には出会えていません。今年はヒナの育ちが遅いと聞きますので、逆に親鳥に会えるチャンスかもと、今朝様子見に行ってきました。

早朝に到着すると、巣穴付近には鳥の姿はなく、ひっそりとしています。先着の現地の方にお尋ねすると、例年より遅いものの子育ては順調とのことでホットはしましたが、それならなおさら親鳥が見たくなります。昨日は朝7時半ごろから2時間余り金網より上にはっきり姿が見えたらしいですし、今日も私が到着する前に少しだけ見えた....と。またまた大外れの予感がする中、数時間待ちましたが、動きがありません。途中、何度か金網の中の下部でそれらしき物体がもぞもぞと動くのは確認できましたが、はっきりフクロウと認識できるほどではありませんでした。

結局、9時頃まで待ちましたが、諦めて撤収することに。ヒナは例年5月8日ごろに巣立ちしているようですが、この分ですと今年はもっと遅くなりそうです。それまで親鳥の見れるチャンスがあるのかが微妙なところです。

なお、それよりもっと気になったのはこの巣の10mほど横の枝上にカラスが営巣しています。今後、フクロウ、アオバズクの巣立ちの頃に、悲劇のドラマが起こらなければいいのですが....。

親も子も姿は見えませんでした

フクロウ

FUKUROU-42b.jpg
フクロウ

違う角度からも確認できませんでした
FUKUROU-43b.jpg
フクロウ

10mほど横にこんなものが 悲劇が起こらなければいいのですが....
FUKUROU-46b.jpg
カラス

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







関連記事
近況報告
お盆入り、2019年も折り返しを迎えましたが、まだまだ猛暑が続きそうですね。

当方の関西地方もすでに36〜37度の酷暑になっています。この時期は鳥影も少ないのであまり無理をせず、秋の渡りが始まる頃で体力を温存しておきたいものですね。。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

カメラボディ
Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10

レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro 1.4X DGX 他


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
天気予報
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク