FC2ブログ

♀だけでしたが、希望は叶いました.... #ウミアイサ

一応、遠くの海上を泳いでいるだけのハジロカイツブリは証拠写真のみに終わりましたが、その後はウミアイサにも出会えました。残念ながらこの日は♀だけで、翼をバタバタさせるシーンもなく、地味な画像ばかりとなりましたが、とりあえずハジロカイツブリとウミアイサに出会いたいという目標は達成です。しかし、この地は天気がよすぎると逆光になるので、いい画像を撮るのは苦戦します。

なんとか冬鳥には順調に会えるようになってきましたが、画像的にはいまいち納得できるのが撮れていませんねぇ。


ウミアイサ

UMIAISA-132b.jpg
ウミアイサ

UMIAISA-133b.jpg
ウミアイサ

UMIAISA-134b.jpg
ウミアイサ

UMIAISA-135b.jpg
ウミアイサ

UMIAISA-136b.jpg
ウミアイサ

UMIAISA-137b.jpg
ウミアイサ

UMIAISA-138b.jpg
ウミアイサ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





関連記事

水鳥の冬鳥も..... #カンムリカイツブリ

ルリビタキミヤマホオジロベニマシコや、ツグミシロハラとようやく普通種の冬鳥に出会えるようになりホッとしましたが、水鳥にはまだまだ出会えませんね。この日はハジロカイツブリかウミアイサを期待して、隣市のK浜まで行ってきました。

ターゲットのハジロカイツブリには出会えたものの、豆粒どころかゴマ粒状態で、肉眼ではなんの鳥か解らない状態です。その後はカンムリカイツブリが代役を担ってくれたのですが、画像的にはいまいち不満です。鳥の撮影を始めた当初は独特の風貌のカンムリカイツブリに出会えただけても興奮していましたが、最近はレンズを向けることも少なくなっています。私たちカメラマンの勝手な解釈で、鳥の種の優劣を決めてしまっているのは問題ですよねぇ....。

それでも出会えただけでもよしとしましょう....。

ターゲットのハジロカイツブリは遙か彼方でした これでもかなりのトリミングです
HAJIROKAITSUBURI-80**b
ハジロカイツブリ

代役はカンムリカイツブリでしたが、やはり出会いの感動はいまいち....
KANMURIKAITSUBURI-121b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-124b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-123b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-128b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-127b.jpg
カンムリカイツブリ

こんなに近くに浮上するシーンもありましたが、いまいち感動が....
KANMURIKAITSUBURI-130b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-129b.jpg
カンムリカイツブリ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





関連記事

回って、回って、回って、回るう〜〜〜 #コゲラ

早々にカワラヒワに出会えたものの、その後はほとんど鳥影がありません。

池の水面には♂のミコアイサやカンムリカイツブリが見え隠れしますが、遠い遠いところなのでレンズを向ける気にもなりません。ここしばらく暖かな日が続いていたのであまり厚着をしないで出かけましたが、この時点でこの服装が間違っていたことを痛感....。しかも早朝よりもどんどんと北風が強くなっているようです。寒さで血行が悪くなりだしたためか、じっとしていると指先に感覚がなくなり、頭痛もし始めています。これはちよっとヤバいかも....と思い始めたときに顔見知りの方に遭遇。ホッとして一緒にまわることにしましたが、こういうときって話し相手ができると、心強くなりますよね。

しかし、その心強さに反してその後もほとんど鳥を見つけることができません。この地で有名なオオタカもこの日は姿を現しませんし、前日まで居たという水場のルリビタキやアトリにも出会えません。もう撤収しようかと思い始めたところで、眼の前の遊歩道の木にちょっと珍しい行動をするコゲラを発見しました。

当初はコゲラと言うことでレンズを構えずに肉眼で見ていましたが、私たちの眼の前の背丈より低いところを、上方へ登るのではなく横へ横へとまわっていきます。ほとんど撮影する鳥の居ないこの日ですが、この珍しい行動に思わずレンズを構えてしまいました。珍しくもないコゲラですが、一枚一枚の背景がどんどんと変わっていくという面白いシーンが撮れました。

見つけたところは2〜3mの至近距離で地上から1mほどの高さでした
KOGERA-90*4b
コゲラ

上へではなく、奥へ奥へと移動します
KOGERA-90*6b
コゲラ

私もコゲラを追いかけて、木の周りをまわります
KOGERA-90*7b
コゲラ

KOGERA-90*10b
コゲラ

今度はこの位置から手前へ移動

コゲラ

またまた私も手前へ手前へと移動です
KOGERA-82b.jpg
コゲラ

KOGERA-83b.jpg
コゲラ

KOGERA-84b.jpg
コゲラ

KOGERA-85b.jpg
コゲラ

ここからはまた奥へ奥へと....
KOGERA-87b.jpg
コゲラ

KOGERA-88b.jpg
コゲラ

KOGERA-89b.jpg
コゲラ

KOGERA-90*1b
コゲラ

KOGERA-90*2b
コゲラ

KOGERA-90*3b
コゲラ

コゲラ自身は同じポーズばかりですが、一枚一枚背景の違う面白いシーンが撮れました
KOGERA-90*11b
コゲラ

KOGERA-90*12b
コゲラ

KOGERA-90*13b
コゲラ

KOGERA-90*14b
コゲラ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





関連記事
近況報告
5月も後半に入り、そろそろ繁殖時期真っ最中に….。あちこちで可愛い子育てシーンが見られるようになってきましたね。

ホトトギス等の杜鵑類の声も頻繁に聞くようになってきましたので、梅雨が始まるまでに撮影しておきたいですね。




プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

カメラボディ
Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10

レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro 1.4X DGX 他


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
スポンサーリンク
最新記事
最新コメント
スポンサーリンク

















スポンサーリンク





カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
天気予報
              -降水短時間予報-
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク