FC2ブログ

久しぶりのキョウジョシギでしたが.... #キョウジョシギ

遠い遠い遠い!!!

この日以来3年ぶりにキョウジョシギに出会えたのですが、この距離です。この日は500mmに1.4テレコンの700mm体制で出かけましたが、限界のトリミングを施してもこの画像です。天候がよかったので、くっきり撮れたのはよかったですが、あまりにも遠すぎました。

遠くに見つけました

キョウジョシギ

KYOUJOSHIGI-22b.jpg
キョウジョシギ

KYOUJOSHIGI-23b.jpg
キョウジョシギ

KYOUJOSHIGI-24b.jpg
キョウジョシギ

KYOUJOSHIGI-25b.jpg
キョウジョシギ

KYOUJOSHIGI-26b.jpg
キョウジョシギ

KYOUJOSHIGI-27b.jpg
キョウジョシギ

ここから手前へ向かって飛び出しました
KYOUJOSHIGI-28b.jpg
キョウジョシギ

手前の岩にももう1羽が....
KYOUJOSHIGI-29b.jpg
キョウジョシギ

KYOUJOSHIGI-30b.jpg
キョウジョシギ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





関連記事

K浜のシギチの状況は?....#ユリカモメ

あちこちで子育てが始まりましたが、シギチの状況も気になります。

この日は隣市のK浜へ。
ここは昨年干潟が拡張され、この時期シギチの増加が期待されるものの、奥の方で餌探しを始めると遠くてゴマ粒状態という微妙な状況になりました。それでも、珍しい子が来るかも?と期待が高まります。

早速拡張された干潟に姿を現したのがこの子。またまた、カモメ類は識別に悩みます。身体が微妙な色合いですが、顔や身体の特徴からはユリカモメです。雨覆や風切に黒褐色の班がありますし、主翼もまだらが残っていますので幼鳥のようです。ユリカモメは普段レンズを向けませんが、ちょっと風貌が違うと気になりますよね。


ユリカモメ

YURIKAMOME-92b.jpg
ユリカモメ

YURIKAMOME-93b.jpg
ユリカモメ

YURIKAMOME-94b.jpg
ユリカモメ

YURIKAMOME-95b.jpg
ユリカモメ

YURIKAMOME-96b.jpg
ユリカモメ

YURIKAMOME-97b.jpg
ユリカモメ

YURIKAMOME-98b.jpg
ユリカモメ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





関連記事

ターゲットの猛禽ではありませんが.... #ハヤブサ

アマサギを無事撮り終えた後は、またまた気になるもう2ヶ所へ。

ミサゴとサシバの営巣地です。
サシバの地は昨年は出かける機会に恵まれず、スルーしてしまいましたが、ミサゴの方は一昨年昨年と連続して撮影できています。今年もそろそろ子育てが始まる時期だろうと、様子を見てきました。

まず、出かけたのはミサゴの営巣地。ご覧になって解るように、高圧電線の鉄塔上です。現地に到着して確認すると、鉄塔の上には巣材のようなものは無く、すっきりしています。やはり昨年7月の豪雨もしくは9月の台風で破壊されてしまったのか?それとも、昨年には無かった機器が設置されているようなので、関西電力が撤去してしまった??いずれにせよ、もう今年はここでのミサゴの子育ては見られないだろう....と諦めて撤収しました。

しかし、この画像を現像してみて鉄塔の上にミサゴの番?らしき鳥が2羽居るのを発見。撮影時は巣材がなかったのでこの2羽には気づかなかったのですが、今となってはもっときちんと確認しておけばよかったと大後悔です。ミサゴは孵化から巣立ちまで55〜60日とのことですので、私が訪れた日から逆算すると一昨年、昨年ならちょうど今頃は孵化した頃か?....と。今年のこの時期のこの状況って、今から巣作りしての子育ての可能性はあるのでしょうか??一応、もう一度様子見に行こうと決心しました。

そして、続いて向かったのはサシバの地。
ここは営巣が肉眼で確認できるところではないので、近くを飛翔する成鳥の姿を探しながら、しばらく様子見を。2時間ほど経ちましたが、サシバの気配だけでなく、他のカメラマンの姿もありません。諦めて駐車場に戻ってきたところで、別の鳥狙いのカメラマンがお一人....。

どうやら♂のサシバは来ているようですが、♀の存在が不明なので、一日中粘るくらいでないと撮影は難しい....と。こちらも目的が叶わず残念でしたが、♂だけでも存在が確認されたので、これまた出直すことにして撤収しました。

なかなか、近場でサシバに出会えるところはないので、来月になったら再訪問してみようと思ってます。そして、駐車場まで戻る手前で出会ったのが、ピンチヒッターのハヤブサでした。どうやら幼鳥のようですね〜〜〜。

        今年は巣材等は確認できず
        撮影時に気づきませんでしたが、左右に番?らしき2羽が....
        MISAGO-SU-1b*
        元ミサゴ営巣地

         昨年の様子です
         MISAGO-200*12b
         ミサゴ営巣地(2018.6.4. 撮影)

        一昨年は....
        MISAGO-150*7b*
        ミサゴ営巣地(2017.6.10. 撮影)

サシバのピンチヒッターはハヤブサでした

ハヤブサ

HAYABUSA-92b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-93b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-94b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-95b.jpg
ハヤブサ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





関連記事
近況報告
5月も後半に入り、そろそろ繁殖時期真っ最中に….。あちこちで可愛い子育てシーンが見られるようになってきましたね。

ホトトギス等の杜鵑類の声も頻繁に聞くようになってきましたので、梅雨が始まるまでに撮影しておきたいですね。




プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

カメラボディ
Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10

レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro 1.4X DGX 他


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
スポンサーリンク
最新記事
最新コメント
スポンサーリンク

















スポンサーリンク





カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
天気予報
              -降水短時間予報-
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク