定点観測のS川に.... #カルガモ

この日は定点観測をしている、K市のS川へ行ってきました。

ターゲットはもちろんカルガモファミリーです。この川は途中にかなりの高低差のある急流があり、ダイナミックなシーンが見られる可能性も高くこの時期は毎年訪れています。今年はすでにN池隣市S川でカルガモファミリーに出会えていますが、穏やかな水面でののんびりした光景ばかりで、ちょっと不満が残っています。

3年前のこの日は数十センチの高さの堰堤をジャンプしながら、100m以上も下流まで移動する迫力のあるシーンが見られました。この感動に再開したくて今年も訪れてみましたが、少しタイミングが悪かったのか、この日の子供たちはもうかなり大きくなっていて、ちょっと可愛さには欠けています。

それでも、この後どんなシーンが見られるか?と密着取材です。
堤防脇の草地に上陸して休憩していたこのファミリーですが、まず子供たちが水に入り始め、下流へ向おうとしました。ところが、後を追いかけた親鳥は子供たちを上流へと導きます。そして、その後試練の場所へ到着。数十センチ以上あるかと思う高い堰堤が立ちはだかります。親鳥はさっさと上がってしまいますが、子供たちは上がれないようです。かなり大きめの子供たちとはいえ、やはりこの子たちにはちょっと高過ぎるようです。

足止めをくらった後、初めのうちは右へ左へと上れそうな所を探しますが、さすがに高過ぎるとわかったのか、ほとんど動かなくなりました。さて、親鳥および子供たちはこの後どうするのか?と期待しましたが、すぐにこの様子を察したようで、結局親鳥が子供たちの元へ戻りました。その後は親子で餌を探しながら、下流へと泳ぎ、元いた休憩場所までの短い旅を終えました。

今回はダイナミックなシーンこそありませんでしたが、高低差のあるこの川での行動は見ていて面白いです。欲を言えば、子供たちがもう少し幼かったら、よかったのですが…。

草地で休憩中 5羽の子供たちはかなり大きいです

カルガモ

KARUGAMO-202b.jpg
カルガモ

そろそろ行動開始です
KARUGAMO-203b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-204b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-205b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-206b.jpg
カルガモ

子供たちは下流へ行きたかったようですが
KARUGAMO-210b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-209b.jpg
カルガモ

親鳥は上流へと導きます
KARUGAMO-210*1b
カルガモ

KARUGAMO-210*2b
カルガモ

そこには高い堰堤が
KARUGAMO-210*3b
カルガモ

親鳥はさっさと上へ....
KARUGAMO-210*4b
カルガモ

しかし、子供たちは上がれません
KARUGAMO-210*5b
カルガモ

        親鳥は上がってくるように、促しますが
        KARUGAMO-210*7b
        カルガモ

やはり無理のようです
KARUGAMO-210*8b
カルガモ

結局、親鳥は子供たちのところへ戻りました
KARUGAMO-210*9b
カルガモ

そして、みんなで下流へ
KARUGAMO-210*11b
カルガモ

KARUGAMO-210*12b
カルガモ

結局、元の辺りへ戻りました
KARUGAMO-207b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-208b.jpg
カルガモ

子供たちがもう少し幼かったらなぁ....
KARUGAMO-210*13b
カルガモ

KARUGAMO-210*14b
カルガモ

KARUGAMO-210*18b
カルガモ

KARUGAMO-210*15b
カルガモ

KARUGAMO-210*17b
カルガモ

Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







関連記事

グラスに注ぐのはやめた方が.... #飲むおにぎり

本格的に梅雨になり、四国、九州方面は酷い豪雨になっているようですね。
被害に遭われた地域の皆さまには、謹んでお見舞いを申し上げます。

こちらの地域は梅雨に入ったものの、まだ雨量はたいしたことありません。しかし、朝晴れていても昼から大雨に....とか、予報は雨ではないのに局地的に狭い一部分だけ土砂降り....というような急変の可能性も高く、よほどの珍鳥でも出てくれないとなかなか出かける気にはなりません。と言うことで、今日はその他ネタです。

つい先程ですが、「飲むおにぎり」を飲んでみました....。

先週、このブログにUPした「飲むおにぎり」ですが、鳥のネタより反響が多かったのは微妙でした…笑。その後も、是非飲んだ後の感想を…とのコメントや、個人的なメールを数多くいただきましたので、早速報告いたします。本来なら昼食用として撮影地へ持って行き、チューブのまま飲むのでしょうが、今回はブログネタなので室内でグラスに注いでみました。

さて「飲むおにぎり」って、皆さまはどんな味を想像されますか?私は冷えたお粥を想像し、見た目も白い液状のものと思っていましたので、いまいち食欲が湧きません。そして、味に関しても私が毎年受けている、大腸内視鏡検査の洗浄液のニフレックを思い浮かべてしまい、口へ入れるのにもちょっと勇気が....。温かいお粥なら、それなれに味わいもあり、お好きな方も多いと思いますが、冷えたお粥ってどうなんでしょうね。

そして、いよいよグラスに注いだ見た目がこれ....。
予想に反して白い液状ではありませんでしたが、これを見た瞬間に益々食欲が萎えました....。

それでも、一口でも飲んでみないことには前に進みません。まぁ、見た目の感想はともかく、とりあえずレンゲを使って一口だけ恐る恐る口に含んでみました。すると、この絶望的な見た目とは違って、意外に違和感はありません。この製品は梅こんぶ味....、それなりに梅の酸味とこんぶの塩味が口の中へ漂い、お粥状のご飯の食感も....。口へ入れるまでは罰ゲーム感で満たされていましたが、意外に美味しく130gを完食しました。私としてはちょっと塩辛いのが気になり、絶品というほどの味わいではありませんでしたが、これなら美味しいと思われる方もいらっしゃるでしょう....。まあ、好き嫌いが大きく別れるかとも思いますね。

常温保存で、賞味期限は1年とのこと....、意外に味わえましたので皆さま一度試されたらいかがでしょうか。
でも、見た目は絶望感たっぷりです、決してグラスに注がないでチューブのまま飲みましょう!梅かつお味もあるようなので、今度はこちらをフィールドに持って行ってみようか?と。

        やっと試飲です
        
        飲むおにぎり

        白いと思っていたのにグラスに注ぐと度肝を抜かれました
        ONIGIRI-3b.jpg
        飲むおにぎり

        これはあかんやろ....と思いましたが、
        レンゲで少しだけそっと口へ....
        ONIGIRI-2b.jpg
        飲むおにぎり

        意外と美味しく、完食しました
        ONIgIRI-4*b
        飲むおにぎり

        iPhone 6S

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







関連記事

リベンジできず.... #オオルリ

近畿地方もようやく昨日の午前中に梅雨入りが発表されました。

それでも、昨日の雨の降り出しは夕方とのことでしたので、貴重な午前中はどこへ撮影に行こうか?....と。かなり行き先に迷いましたが、結局出かけたのは先日から気になっていたサシバの撮影ポイントです。先週訪れたときに、証拠写真程度ですが無事に撮影できているので、存在そのものは確認できています。

ただ、先週の撮影後にSさんからこの地のサシバは子育てを失敗しているという情報をいただきました。ですので、一昨年のように♂、♀が交互に餌を運んでくるようなシーンは無理のはず。どうやら♂1羽しか生息していないようですので、出現確率は低そうですが、成鳥だけでもきちんと撮っておきたいと思って出かけました。

現地へは7時到着。通常は隣接の県立公園を縦断してポイントへと歩くのですが、まだ開園前なのですぐ脇の尾根沿いの山道を進みます。すると、ウグイス、ホオジロ、キビタキ、オオルリ、ホトトギス、コジュケイ等の鳴き声が。もう地元近くの都市公園では、キビタキやオオルリの姿を見なくなってしまったので新鮮です。しかし、どの鳥の声も覆い茂った葉っぱの奥から聞こえるようで、ほとんど姿は見えません。とりあえず、覆い茂る葉っぱの隙間からオオルリ♂の後ろ姿を撮った後、サシバの出現を待つことに。

しかし、4時間が経った11時過ぎ、結局サシバには出会えずに撤収しました。ちょうどこの時間帯くらいに梅雨入りが発表されていたようですが、まだ快晴の状態で脱水症状直前でした。私としてはかなり頑張ったつもりですが、さすがに集中力も途絶えてダウンです。またまたターゲットに出会えない状況となりましたが、居るのが解っているのでまたチャンスはあるかも?と気は楽です。そして来年への楽しみも残りました。

なお、この地はこれまであまり馴染みがなく、I町やK川河口等、西の地を訪れた帰りにしか寄っていなかったので、かなり遠いイメージでしたが、一般道を走っても自宅から1時間強で行けるようです。こんなに近いとは思っていなかったので、これからももっと定点観測するつもりです。

OORURI♂-311b
オオルリ♂

OORURI♂-312b
オオルリ♂

OORURI♂-313b
オオルリ♂

OORURI♂-314b
オオルリ♂

OORURI♂-315b
オオルリ♂

OORURI♂-316b
オオルリ♂

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







関連記事
近況報告
お盆入り、2019年も折り返しを迎えましたが、まだまだ猛暑が続きそうですね。

当方の関西地方もすでに36〜37度の酷暑になっています。この時期は鳥影も少ないのであまり無理をせず、秋の渡りが始まる頃で体力を温存しておきたいものですね。。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

カメラボディ
Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10

レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro 1.4X DGX 他


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
天気予報
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク