まだ夏羽の余韻が残る子も.... #カンムリカイツブリ

この日、ウミアイサとともに撮影したかったのは、ハジロカイツブリ....。

春のこの日は運よく、レアな夏羽の子に出会えて感動しましたが、やはりこの時期になると早々に出会っておきたいですね。毎年、この地で出会えるのですが、沖合遠くを泳いでいることが多く、なかなか近づいてはくれません。そして、ウミアイサが沖合に去った後、くまなく探してみましたが、居てるのはカンムリカイツブリでした。

10羽以上が忙しそうに餌探しをしており、その中の数羽は愛想がよく、時折近くまで来てくれました。もうほとんどの子が白い冬姿になっていましたが、中には夏羽の余韻の残る子も....。今年はいつまでも暑かったですもんねぇ〜〜〜笑。

この子はもう冬姿です
KANMURIKAITSUZURI-141b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUZURI-142b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUZURI-147b.jpg
カンムリカイツブリ

どんどん近づいてきてくれました
KANMURIKAITSUZURI-145b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUZURI-146b.jpg
カンムリカイツブリ

一方、この子はまだ夏羽の余韻が....
KANMURIKAITSUZURI-148b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUZURI-149b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUZURI-150b.jpg
カンムリカイツブリ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







関連記事

赤い子を探鳥のはずでしたが.... #ウミアイサ

この日はベニマシコが来ているという情報で、地元のK山へ。

そして、いつもどおりに朝早く駐車場へ到着しましたが、いつもと様子が違います。普段なら車が入れない自由広場に石灰で白線を引いて、臨時駐車場の準備?....。しかも、まだ早朝なのにガードマンの姿もちらほら見えます。そして、あちこちに立てられた案内板を見ると、「ひょうごの森まつり2019」....と書いてありました。

広場まで臨時の駐車場になり訪問客が増えてくると、落ち着いて探鳥などできないだろうと、またまた行き先を変更です。先日の駐車場が閉鎖されていたKの森といい、最近は現地に到着後、ドタバタするというパターンが続いてます。結局、ベニマシコはお預けにしました。

そして、向かったのは同市内のK浜、ここからなら20分余りでしょうか。そろそろウミアイサやハジロカイツブリがも気になっていました。しかも、干潮がお昼前なので、隣の浜で確認されているハマシギの群れも期待できます。そして、到着早々のんびりと泳いでいたのはウミアイサ♀....、3羽、3羽、2羽、2羽の4グルーブ10羽が確認できました。ただ、この地が元々のターゲットではなかったので、サンヨン+1.7ではちょっと遠過ぎです、せっかく出会えたのにいまいちの画像で残念でした。

そして少し目を離した隙にどんどんと沖合に移動してしまいました。

遠かったです これでもかなりのトリミングを
UMIAISA-172b.jpg
ウミアイサ♀

UMIAISA-171b.jpg
ウミアイサ♀

UMIAISA-173b.jpg
ウミアイサ♀

UMIAISA-174b.jpg
ウミアイサ♀

UMIAISA-175b.jpg
ウミアイサ♀

UMIAISA-176b.jpg
ウミアイサ♀

UMIAISA-177b.jpg
ウミアイサ♀

そして、どんどん沖合へ....
UMIAISA-178b.jpg
ウミアイサ♀

UMIAISA-179b.jpg
ウミアイサ♀

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







関連記事

メインターゲットに見事遭遇.... #ミヤマホオジロ

エナガの撮影中、突然黄色っぽい小鳥が横切りました。

露出の確認等で、のんびりエナガを撮っている場合ではない....と緊張が走ります。黄色っぽく見えたので、アオジかも?と思いましたが、眼の前の枝に止まった姿はメインターゲットのミヤマホオジロ....、しかも綺麗な♂でした。

葉っぱの被りはないのですが、身体の正面に枝が被っています。そして、鳥まではほんの3〜4mで、ファインダーに収めるのがギリギリ....、はみ出しそうな難しい距離です。それでもレンズの最短撮影距離に達していただけ、運があったのかもしれません。もう少し距離があったほうがいい画作りができると思いましたが、さすがに私が動くと飛ばれてしまいそうで動けません。十数枚、連写したところで、そっと2,3歩後ずさりしてみると、やはり直ぐに飛ばれてしまいました。

これだけ近いので、暗くてもそこそこ解像していますが、やはりもう少し引いた画像が撮りたかったです。贅沢な話ですが、図鑑のような画像となってしまったのが残念です。

その後もう一度の出会いを期待して数時間探鳥しましたが、ミヤマホオジロどころか他の鳥にも出会えず、この日はエナガとミヤマホオジロを撮っただけ....と、微妙な一日になりました。それでも、メインターゲットに出会えたのですから、素直に喜ばないといけませんね。

途中、ご一緒したIさん、その他お目にかかった皆さん、お疲れ様でした。

もう5cm、右に止まって欲しかったです....
MIYAMAHOOJIRO♂-154b
ミヤマホオジロ♂

MIYAMAHOOJIRO♂-155b
ミヤマホオジロ♂

MIYAMAHOOJIRO♂-153b
ミヤマホオジロ♂

MIYAMAHOOJIRO♂-156b
ミヤマホオジロ♂

MIYAMAHOOJIRO♂-152b
ミヤマホオジロ♂

MIYAMAHOOJIRO♂-158b
ミヤマホオジロ♂

MIYAMAHOOJIRO♂-157b
ミヤマホオジロ♂

MIYAMAHOOJIRO♂-159b
ミヤマホオジロ♂

MIYAMAHOOJIRO♂-160*1b
ミヤマホオジロ♂

この後、2,3歩後ずさりを試みましたが、直ぐに飛ばれました
MIYAMAHOOJIRO♂-160*2b
ミヤマホオジロ♂

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







関連記事
近況報告
いよいよ11月も中頃に入り、続々と到着する冬鳥が楽しみの季節になってきました。

毎年、今年も無事にやって来るか?と言われている湖北のオオワシもあと1週間ほど....、今年も無事来てくれたらいいのですが。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

カメラボディ
Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10

レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro 1.4X DGX 他


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
スポンサーリンク











天気予報
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク