今年は初めての地で.... #アオバズク

例年なら、5月のGW明けにフクロウの巣立ち、そしてその後はアオバズクの子育て....と、ダブルで楽しめる大木の地ですが、昨年からフクロウの姿を見かけなくなっています。

数年前からフクロウおよびアオバズクの巣のすぐ近くにカラスが巣をつくっていたので、気にはなっていました。これを嫌ったのか?、それとも実際に襲われるような事件があったのか?は解りませんが、今年もフクロウは来なかったようです。

そして、今年の5月と言えば、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の真っ最中....、さすがに県を跨いで様子を見に行くのは自粛....。この地は行き慣れているとはいえ、けっこう距離があるので、その後も行きそびれてしまっていました。

そろそろ....と思っていたところ、隣県ではなく、隣市の神社にもアオバズクが居るのを教えていただき、今年はそちらにチャレンジしてみることに。ここなら大木の地までの1/3くらいの距離です。

数日前に撮影されたYさんに神社内での詳しいポイントを教えていただき、現地へ向かいましたが、お昼過ぎでもカメラマンはゼロ。小さな神社ですし、昼間動かないアオバズクは長時間撮影するような鳥ではありませんので当然でしょう。

それでも、到着してすぐ鳥居近くの枝に止まっているのを見つけました。

そんなに高い枝ではなかったのですが、角度が真上。しかも、この日は直前にかなりの雨が降り、昼間でも真っ暗で雨粒がポツポツと落ちてきます。レンズ面に雨粒が落ちてこないようにと気を使いますが、仰角は90度近くに。ほとんどお腹しか写らないので、顔を捉えようと後ろへ下がると葉っぱが被ってしまいます。それでも、顔の見えるところを探しながら、なんとか撮影することができました。

それと、この地の前に訪れた地でのSSのまま撮影していたので、なんとISOが6400まで上がっていたのに気づかずでした。現像時に気がついてドキッとしましたが、思ったほどのノイズは無し。ノイズが目立たないような背景だったのと、トリミングが少なかったのがよかったようですね。

この後、この地でも無事に子育てしてくれるといいのですが....。また様子を見に行ってみます。












すぐに見つかりましたが、角度が90度近いです
AOBAZUKU-221b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-223b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-222b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-224b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-225b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-226b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-227b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-228b.jpg
アオバズク

ちょっと移動すると、顔が見やすくなりました
AOBAZUKU-230*2b
アオバズク

AOBAZUKU-230b.jpg
アオバズク

AOBAZUKU-230*1b
アオバズク

AOBAZUKU-230*3b
アオバズク

AOBAZUKU-230*4b
アオバズク

AOBAZUKU-230*5b
アオバズク

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




関連記事

撤収しようとしましたが.... #ムラサキサギ

池の方へ飛び去ってしまったムラサキサギですが、50人ほどのカメラマンが手分けして探してもなかなか見つかりません。

出てくるまで待とうと雑談等が始まり、集中力が切れ始めたので私はもう撤収です。近くの田んぼへ他の鳥でも探しに行こうと、駐車場へ向かいかけたところで眼の前をひらひら〜〜。

「お、居た!」と思わず、連写した後に正面の木の枝に止まりました。先ほどの田んぼよりは近いのですが、微妙に逆光で下半身は葉っぱに隠れています。ただ、その後も違う枝に飛び移ったり、毛繕いをする等動きがあるので、再度楽しむことができました。

ただ、そこからまた飛び去ってしまうのですが、まさかの真後ろに…。そろそろ飛び出しそう…と、その瞬間を期待していたのですが、今度は当てが外れました。

後から聞いた話では、この飛び出しの後、この日も数時間は行方が解らなかったとか。私はこのタイミングで撤収したのですが、時間は8時20分....、すでに500枚近く撮っていました。

この後に来られた方は待ち時間が長く、大苦戦をされた方が多かったようですが、到着からわずか2時間20分で効率のいい撮影ができたようです。やっぱり早起きはお得ですね....。












撤収しかけたところ、眼の前を

ムラサキサギ

MURASAKISAGI-12b.jpg
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-13b.jpg
ムラサキサギ

正面に止まりましたが、下半身が被ってます
MURASAKISAGI-16b.jpg
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-17b.jpg
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-18b.jpg
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-19b.jpg
ムラサキサギ

飛び出しましたが
MURASAKISAGI-20b.jpg
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-20*1b
ムラサキサギ

近くの枝へ
MURASAKISAGI-20*2b
ムラサキサギ

ここも結構被っています
MURASAKISAGI-20*3b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-20*4b
ムラサキサギ

違う角度から撮れるところへまわりました
MURASAKISAGI-20*5b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-20*9**b
ムラサキサギ

空抜けですが、いい感じです
MURASAKISAGI-20*11b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-20*6b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-20*7b
ムラサキサギ

結構動きがあり、眼が離せません
MURASAKISAGI-20*8b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-20*14b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-20*10b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-20*13b
ムラサキサギ

この直後の飛び出しは、まさかの真後ろでした
MURASAKISAGI-20*12**b
ムラサキサギ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




関連記事

ライファーの情報が.... #ムラサキサギ

ライファーのムラサキサギが居るとの情報をいただき、翌日出かけようと思いましたが、その日は土曜日。これは大混雑になるかも?と、朝5時過ぎに出発です。

そして、近辺に差し掛かるともう数名のカメラマンが三脚を立てておられるのが見えました。脇道に入ると、車も5〜6台止まっており、皆さんシャッターを押しておられます。そしてレンズの先に初めて見るムラサキサギの姿が。

とりあえずは車の中から、証拠写真だけはと連写しましたが、このまま駐車して撮影するのはあまりにもまずいです。この後人数が増えてくると、地元の方や通行車とのトラブルになる可能性も高く、近隣の方には大迷惑。

歩いて5分程度のところにあるT大池の無料駐車場まで向かい、徒歩で引き返しました。これで、心置きなく撮影に集中できます。

ムラサキサギですが、引き返した直後は隣の田んぼに移動していました。様子を見ていると、近くの木の枝の方ばかりを見上げながら、西へ西へと移動しています。後から聞いた話では、ムクドリを狙っていたとのこと。確かにその種の鳥はかなり飛んでいましたが、そんな大きな鳥を狙うのにはびっくりです。そういえば、アオサギも、他の鳥のヒナを食べたりしますが、ひょっとして近くに巣があったのかもしれません。幼鳥でも居たのでしょうか。

前日もお昼に長時間行方不明になったと聞きましたが、私の居た時間帯は比較的全身の見える時間も多く、じっくりと観察することができました。欲を言えば、もう少し距離が近かったらなぁ…と。

そして、餌を求めながら、西へ西へと3ヶ所の田んぼを横切った後、近くの池の方へ飛び去りました。もちろん、私も含め、飛び去った池の方へカメラマンが大移動。その頃にはもう50人近くになっていたようです。池の堤防の道に分かれて探しますが、茂った草の中に入ってしまったようで、見つけられません。これだけ大勢の目で見ても、見つからないので前日に続いて、またしばらく行方不明か?と集中力が途絶えました。

ブレ画像も多く、画質的には満足ではありませんが、一応飛び出しも撮れています。ちょっともの足りませんでしたが、人数も増えてきたので、そろそろ撤収することに…。












6:01 到着時にはすでに田んぼで....

ムラサキサギ

何かを狙っていました
MURASAKISAGI-2b.jpg
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-3b.jpg
ムラサキサギ

うまく獲れなかったようです
MURASAKISAGI-4b.jpg
ムラサキサギ

ここまで撮って駐車場へ
MURASAKISAGI-5b.jpg
ムラサキサギ

徒歩で引き返すと隣の田んぼに居ました
MURASAKISAGI-6b.jpg
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-7b.jpg
ムラサキサギ

土手に上がってくれたので
MURASAKISAGI-8b.jpg
ムラサキサギ

常に全身が見え、ラッキーでした
MURASAKISAGI-10b.jpg
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-10*1b
ムラサキサギ

どんどん西へ向かいます
MURASAKISAGI-10*2b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-10*3b
ムラサキサギ

また隣の田んぼへ
MURASAKISAGI-10*4b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-10*5b
ムラサキサギ

田んぼの中へ降りるようです
MURASAKISAGI-10*6b
ムラサキサギ

ん?飛ぶのか?
MURASAKISAGI-10*7b
ムラサキサギ

飛びました
MURASAKISAGI-10*8b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-10*9b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-10*10b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-10*11b
ムラサキサギ

MURASAKISAGI-10*13b
ムラサキサギ

この後、池付近で行方不明に....
MURASAKISAGI-10*14b
ムラサキサギ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




関連記事
近況報告
12月に入りましたが、ますます新型コロナウイルスの第3波が猛威を振るっています。他に普通のインフルエンザも気になりますし、皆さま気をつけながら探鳥しましょう。





FC2カウンター

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2020年9月現在)

* カメラボディ *

Nikon D500
Nikon D7100
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone 6s

* レンズ *

AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(B028)
  18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事


最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











QRコード

QR


カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー