ターゲットの猛禽ではありませんが.... #ハヤブサ


アマサギを無事撮り終えた後は、またまた気になるもう2ヶ所へ。

ミサゴとサシバの営巣地です。
サシバの地は昨年は出かける機会に恵まれず、スルーしてしまいましたが、ミサゴの方は一昨年昨年と連続して撮影できています。今年もそろそろ子育てが始まる時期だろうと、様子を見てきました。

まず、出かけたのはミサゴの営巣地。ご覧になって解るように、高圧電線の鉄塔上です。現地に到着して確認すると、鉄塔の上には巣材のようなものは無く、すっきりしています。やはり昨年7月の豪雨もしくは9月の台風で破壊されてしまったのか?それとも、昨年には無かった機器が設置されているようなので、関西電力が撤去してしまった??いずれにせよ、もう今年はここでのミサゴの子育ては見られないだろう....と諦めて撤収しました。

しかし、この画像を現像してみて鉄塔の上にミサゴの番?らしき鳥が2羽居るのを発見。撮影時は巣材がなかったのでこの2羽には気づかなかったのですが、今となってはもっときちんと確認しておけばよかったと大後悔です。ミサゴは孵化から巣立ちまで55〜60日とのことですので、私が訪れた日から逆算すると一昨年、昨年ならちょうど今頃は孵化した頃か?....と。今年のこの時期のこの状況って、今から巣作りしての子育ての可能性はあるのでしょうか??一応、もう一度様子見に行こうと決心しました。

そして、続いて向かったのはサシバの地。
ここは営巣が肉眼で確認できるところではないので、近くを飛翔する成鳥の姿を探しながら、しばらく様子見を。2時間ほど経ちましたが、サシバの気配だけでなく、他のカメラマンの姿もありません。諦めて駐車場に戻ってきたところで、別の鳥狙いのカメラマンがお一人....。

どうやら♂のサシバは来ているようですが、♀の存在が不明なので、一日中粘るくらいでないと撮影は難しい....と。こちらも目的が叶わず残念でしたが、♂だけでも存在が確認されたので、これまた出直すことにして撤収しました。

なかなか、近場でサシバに出会えるところはないので、来月になったら再訪問してみようと思ってます。そして、駐車場まで戻る手前で出会ったのが、ピンチヒッターのハヤブサでした。どうやら幼鳥のようですね〜〜〜。

     今年は巣材等は確認できず
     撮影時に気づきませんでしたが、左右に番?らしき2羽が....
     MISAGO-SU-1b*
     元ミサゴ営巣地

     昨年の様子です
     MISAGO-200*12b
     ミサゴ営巣地(2018.6.4. 撮影)

     一昨年は....
     MISAGO-150*7b*
     ミサゴ営巣地(2017.6.10. 撮影)

サシバのピンチヒッターはハヤブサでした

ハヤブサ

HAYABUSA-92b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-93b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-94b.jpg
ハヤブサ

HAYABUSA-95b.jpg
ハヤブサ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II
関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
12月に入り、寒さが厳しくなってきていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルスもまたまた怪しげな状況となり、第8波が懸念されています。しかも今年はインフルエンザも気になりますね。

ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年11月現在)

* カメラボディ *

Canon EOS R7
Canon EOS R10
Canon EOS Kiss Digital N
Panasonic LUMIX DMC FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Canon
   マウントアダプター EF-EOS R
Canon RF100-500mm
   F4.5-7.1 L IS USM
Canon RF600mm
   F11 IS STM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di
   MACRO1:1(272E) For Canon EF
TAMRON 18-270mm F3.5-6.3
   Di II VC PZD(B008) For Canon EF
Canon EF-S 18-55mm
   F3.5-5.6 IS STM


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










天気予報



カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


カテゴリー