はたしてベニか?アカアシか?.... #ベニアジサシ

近場の浜にベニアジサシが居ると教えていただき、早速出かけてきました。

現地に到着すると、数多くのコアジサシが乱舞しています。おそらく、その中に混じっているのだろうと思いましたが、なかなか見つけることができません。とりあえず、撮れそうな個体は全て撮っておこうという作戦にでました。たしかに、そうして撮影していると、眼も慣れてきたのか、コアジサシより一回り大きく、違った飛び方をしている個体が数体居るようです。先着のカメラマンには2羽と聞きましたが、もっと多いようです.....。

そして帰宅後、情報をいただいたSさんに御礼の電話をしていると、「あれはアカアシアジサシかも?」....と。たしかに昨夏出会ったときと違って、今回は嘴が黒く、見ためも随分地味で、ややこしい風貌です。赤い脚が見えないシーンはアカアシアジサシどころか、普通のアジサシか?とも思いました。

うーん、またまた識別の難易度が高そうで悩みます。
図鑑やネットで調べて見ると、ベニアジサシと比べてアカアシアジサシは、初列風切りより尾羽が短い、嘴と脚が赤黒い、胴および羽縁の色が濃い、....というのが識別ポイントのようです。しかし、いずれの種も冬羽時は嘴が赤くならない、尾羽もそれほど長くならない....ともあり、見分けるのが難しそうです。しかも、今回は静止姿はなく、飛翔シーンばかりでしたので余計に解りにくいです。

そして自分の撮った画像を確認してみると、尾羽の長さが違う個体が複数いたので、両者が混じっていたのかもしれません。

ちなみに1〜12枚目の画像は、明らかに尾羽が長く、ベニアジサシと思われます。
13〜19枚目は身体と雲の色が同化してなんとも判断しにくいですが、これらの個体もたぶん尾羽は長そうです。
そして問題は20〜24枚目....。明らかに尾羽は短くて魚の尾のように見えるので、これらはひょっとするとアカアシアジサシでは?しかし、決め手に欠け、いまいち判断しかねています。もともとこの種の識別は苦手ですので、またまたご指導していただける方がいらっしゃいましたら、アドバイスいただけますようお願いいたします。

1〜12枚目 これらの個体はベニアジサシでしょう
BENIAJISASHI-19b.jpg
ベニアジサシ

BENIAJISASHI-20*10b
ベニアジサシ

BENIAJISASHI-20*9b
ベニアジサシ

BENIAJISASHI-20*18b
ベニアジサシ


ベニアジサシ

BENIAJISASHI-20*11b
ベニアジサシ

BENIAJISASHI-20*17b
ベニアジサシ

BENIAJISASHI-20*12b
ベニアジサシ

BENIAJISASHI-20*8b
ベニアジサシ

BENIAJISASHI-18b.jpg
ベニアジサシ

BENIAJISASHI-17b.jpg
ベニアジサシ

BENIAJISASHI-16b.jpg
ベニアジサシ

=========================================

13〜19枚目 これらも尾羽が見にくいですが、たぶんベニアジサシか?と
BENIAJISASHI-20*16b
ベニアジサシ?

BENIAJISASHI-20*1b
ベニアジサシ?

BENIAJISASHI-20b.jpg
ベニアジサシ?

BENIAJISASHI-12b.jpg
ベニアジサシ?

BENIAJISASHI-20*2b
ベニアジサシ?

BENIAJISASHI-20*13b
ベニアジサシ?

BENIAJISASHI-14b.jpg
ベニアジサシ?

=========================================

20〜24枚目 問題はこの子たち 
ひょっとするとアカアシアジサシかも いかがでしょうか?
BENIAJISASHI-20*3b
アカアシアジサシ?

BENIAJISASHI-20*4b
アカアシアジサシ?

BENIAJISASHI-20*5b
アカアシアジサシ?

BENIAJISASHI-20*6b
アカアシアジサシ?

BENIAJISASHI-20*7b
アカアシアジサシ?

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

スポンサーリンク


関連記事

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







comment

Secret

キンタさん

おはようございます。
数ある識別ポイントもいまいちはっきりしませんでしたが、あの白さが決め手になりそうですね。これでスッキリ…、今回もありがとうございました。いい勉強になりました。

山の中のかかしさん

おはようございます。
私が行った時はお一人が先着されていましたが、途中からは独り占めでした。あそこは広いので撮影にあまり影響はないでしょうが、鳥の警戒心はどうなんでしょうね、結構真上を飛んでくれていましたが…。

こんばんは

こんばんは~
ベニアジサシとアカアシアジサシ、いざ識別となると難しいもんですね。
アカアシアジサシは、翼上面、翼下面、腹部において
もっと灰色味が強いはずです。
また、つぶさんも言っておられるように尾羽最外の外弁が黒いので、
えむ・おーさんの写真からは、そうは見えないので、
すべてベニアジサシと判断していいと思いますよ。

カメラマンさんが多すぎるので
私は別の場所に避難しています(笑)
クロハラの目撃したとの情報もあります。

つぶさん

早速のコメントありがとうございます。
20枚目以降の子ですが、尾羽が極端に短かったのでアカアシベニサシ?と思いましたが、確かに白いですよね。ということは全てがベニアジサシだったのかも…。

こんばんは

色合いや尾羽、嘴の長さなどなど、並んで止まってくれないとむつかしいですよね。
アカアシアジサシは最外尾羽の外弁が黒いようですが、これすら快晴だと白く光って見えてしまいます。ただ、20枚目~の子は尾羽が真っ白なのでベニで良いのではないでしょうか?

takuさん

そうなんですよね、調べれば調べるほど難しくなって迷ってます。
脚の色の濃い薄いは光線の向きでも変わりますし、尾羽の長さも飛翔の角度でどうにでも見えそうです。2種が浜辺に降りて並んでくれないと解らないですよね。

No title

こんにちは おやニアミスでしたか。岩場のとんがった岩に腰掛けて
手持ちで撮っておりました。
調べてみると私も同じようなのを撮っていました。
ベニアジサシとアカアシアジサシ?尾羽の長さはもちろん
足の赤さ加減が全然違うようです。
アカアジサシ?の方が濃い赤色をしているように感じます。
てなわけで素人判断でアカアジサシに1票入れたい気分です。

近況報告
お盆入り、2019年も折り返しを迎えましたが、まだまだ猛暑が続きそうですね。

当方の関西地方もすでに36〜37度の酷暑になっています。この時期は鳥影も少ないのであまり無理をせず、秋の渡りが始まる頃で体力を温存しておきたいものですね。。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

カメラボディ
Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10

レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro 1.4X DGX 他


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
天気予報
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク