定点観測のS川に.... #カルガモ


この日は定点観測をしている、K市のS川へ行ってきました。

ターゲットはもちろんカルガモファミリーです。この川は途中にかなりの高低差のある急流があり、ダイナミックなシーンが見られる可能性も高くこの時期は毎年訪れています。今年はすでにN池隣市S川でカルガモファミリーに出会えていますが、穏やかな水面でののんびりした光景ばかりで、ちょっと不満が残っています。

3年前のこの日は数十センチの高さの堰堤をジャンプしながら、100m以上も下流まで移動する迫力のあるシーンが見られました。この感動に再開したくて今年も訪れてみましたが、少しタイミングが悪かったのか、この日の子供たちはもうかなり大きくなっていて、ちょっと可愛さには欠けています。

それでも、この後どんなシーンが見られるか?と密着取材です。
堤防脇の草地に上陸して休憩していたこのファミリーですが、まず子供たちが水に入り始め、下流へ向おうとしました。ところが、後を追いかけた親鳥は子供たちを上流へと導きます。そして、その後試練の場所へ到着。数十センチ以上あるかと思う高い堰堤が立ちはだかります。親鳥はさっさと上がってしまいますが、子供たちは上がれないようです。かなり大きめの子供たちとはいえ、やはりこの子たちにはちょっと高過ぎるようです。

足止めをくらった後、初めのうちは右へ左へと上れそうな所を探しますが、さすがに高過ぎるとわかったのか、ほとんど動かなくなりました。さて、親鳥および子供たちはこの後どうするのか?と期待しましたが、すぐにこの様子を察したようで、結局親鳥が子供たちの元へ戻りました。その後は親子で餌を探しながら、下流へと泳ぎ、元いた休憩場所までの短い旅を終えました。

今回はダイナミックなシーンこそありませんでしたが、高低差のあるこの川での行動は見ていて面白いです。欲を言えば、子供たちがもう少し幼かったら、よかったのですが…。

草地で休憩中 5羽の子供たちはかなり大きいです

カルガモ

KARUGAMO-202b.jpg
カルガモ

そろそろ行動開始です
KARUGAMO-203b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-204b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-205b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-206b.jpg
カルガモ

子供たちは下流へ行きたかったようですが
KARUGAMO-210b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-209b.jpg
カルガモ

親鳥は上流へと導きます
KARUGAMO-210*1b
カルガモ

KARUGAMO-210*2b
カルガモ

そこには高い堰堤が
KARUGAMO-210*3b
カルガモ

親鳥はさっさと上へ....
KARUGAMO-210*4b
カルガモ

しかし、子供たちは上がれません
KARUGAMO-210*5b
カルガモ

        親鳥は上がってくるように、促しますが
        KARUGAMO-210*7b
        カルガモ

やはり無理のようです
KARUGAMO-210*8b
カルガモ

結局、親鳥は子供たちのところへ戻りました
KARUGAMO-210*9b
カルガモ

そして、みんなで下流へ
KARUGAMO-210*11b
カルガモ

KARUGAMO-210*12b
カルガモ

結局、元の辺りへ戻りました
KARUGAMO-207b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-208b.jpg
カルガモ

子供たちがもう少し幼かったらなぁ....
KARUGAMO-210*13b
カルガモ

KARUGAMO-210*14b
カルガモ

KARUGAMO-210*18b
カルガモ

KARUGAMO-210*15b
カルガモ

KARUGAMO-210*17b
カルガモ

Nikon D500 + TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 Di II VC HLD


関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

こんばんは

カルガモファミリーは今年も楽しませてくれてますね〜 3年前のグレート・ジャーニーのシーンを思い出しました(^^)

Yasuoさん

おはようございます。
そうなんですよ、あの日のようなダイナミックなシーンを期待して今年も訪問しましたが、地味な行動しか見られませんでした。
近況報告
第5派が始まろうとしている中、いよいよオリンピックが開催されました。

ゴリ押しのオリンピックで開催に関しては疑問が残りましたが、始まってしまった以上は爆発的感染が起きないことを祈るのみです。

引き続いて人の多く集まるところへは撮影に行かないようにしながら撮影を続けています。

ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。





FC2カウンター

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします


プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年7月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











兵庫県南部の天気予報
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


カテゴリー