忘れていたものが届きました....


最近はもう話題にも出なくなり、すっかり忘れていたアベノマスク。
昨日の夕方になってやっと届きました....。

毎日毎日感染者が増え続けていた4月、5月はどこへ行っても手に入らなかったマスクですが、商品不足や高騰した価格も少し落ち着き、最近はもう普通に店頭に並んでいます。当時は、たとえ効果が薄いと言われても、国が配布してくれると言うのなら少しの期待もありましたが、緊急事態宣言が発令されてからも一向に届きませんでした。

その緊急事態宣言も解除され、ようやく感染者数も減り始めたこの時点での到着には、甚だ疑問です。国民みんなが不安になったあの時期に届くのなら少しは役だったと思いますが、4/1に配布が発表されてからなんと2ヶ月半も経っています。

時期ももちろんですが、いろいろ物議を醸してるこのマスク。

医学的にも効果が薄いと言われていますし、世帯の人数に関係なく一世帯に2枚です。一人住まいの世帯にも大家族の世帯にも同数というのが、そもそも???。途中、不良品の回収騒ぎもあって大幅に遅れたようですが、私としてはその時点でもう中止してもよかったのでは?....と。

そもそもこのマスクですが、1億2000万枚を配布する費用が466億円。1枚当たりの単価は不明ですが、梱包や輸送費というマスク以外の費用だけでも、ほぼ半分くらいはかかっているのでは?と思われます。

到着したこのマスクを見ると、住所や氏名も印刷されていません。広告チラシのように各ポストに投函されるだけなら、どうしてこんなに時間がかかるのでしょう。そして、同梱されているこんなパンフレットのようなものも、わざわざ印刷する必要があったのか?と腑に落ちないことが多過ぎです。この印刷代にもかなりの費用がかかっているでしょうし、印刷にかかった時間も無駄です。安倍首相の発言どおり、ほんとに「効果のあるマスク」ならば、さっさと届けていれば、4月中旬の爆発的な感染増加を防げたのではないか?とも思えます。

この466億円はもともと私たちが納めた税金です。こんな形で使うより、今後の第二波、第三波の到来に備えて、感染者の収容場所を確保しておくとか、検査数や医療機器を強化する等、もっと有意義なところに使って欲しいものだとつくづく思います。

なお、この顛末に関しては海外のメディアでもいろいろ話題になっていたようですが、その各メディアもまさか今頃届いているなんて、夢にも思っていないことでしょうね。もちろん、このアベノマスクというのは正式名称ではなく俗称だったのにもかかわらず、Wikipediaにこんなに詳しい紹介がされているのには驚きました。












      やっと届きました
      ABENOMASUKU-1*b
      アベノマスク

      こんな印刷って必要でしょうか?
      ABENOMASUKU-2*b
      アベノマスク

海外でもいろいろ話題になりましたが、
これらのメディア等も今ごろ届いているとは思ってないはず
KBSニュースb
引用:Jcastニュース4月3日付より(画像は韓国KBS公式サイト)

1〜2枚目
iPhone 6S



関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
2023年も2月に入りましたが、新型コロナウイルスも相変わらず怪しげな状況で、猛威を振るっています。

ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年11月現在)

* カメラボディ *

Canon EOS R7
Canon EOS R10
Canon EOS Kiss Digital N
Panasonic LUMIX DMC FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Canon
   マウントアダプター EF-EOS R
Canon RF100-500mm
   F4.5-7.1 L IS USM
Canon RF600mm
   F11 IS STM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di
   MACRO1:1(272E) For Canon EF
TAMRON 18-270mm F3.5-6.3
   Di II VC PZD(B008) For Canon EF
Canon EF-S 18-55mm
   F3.5-5.6 IS STM


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











天気予報



カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー
QRコード
QR