チョウゲンボウの真下では....#スズメ

チョウゲンボウばかりが気になりますが、真下の橋脚では密かに子育て中でした。

頻繁にスズメが飛び交っているのは気づいていたのですが、やはりスズメと言うことであまり気にしません。

ふと、眼の前のパイロンに止まった時の口元を見て「んっ?」。
そして、その直後に飛び移った先はわずか数m先の橋脚の穴でした。どうやら、中にヒナがいる様子で、何回も餌を運んでいます。高さは人間の背丈ぐらいですし、真横を頻繁に車や人が通ります。スズメのことですから、人間の近くが安全だと判断したのでしょうね。ただ、親鳥の居ない時間帯にヒナが顔出ししてるような様子はありませんので、まだヒナは小さいのでしょう。

汚れた金属の橋脚ですので、写真的にもいまいちですし、やはり真上のチョウゲンボウのほうが気になります。スズメという希少感の無さもあり、この時はいまいち観察意欲が....。

しかし、調べてみると、スズメの巣立ちは生まれてから12〜3日とかなり短いようです。私が撮影したのが孵化後何日目だったのかは解らないだけに、次回訪問時はもう巣立ってしまっているかも。単なるスズメだからと思わないで、もっときちんと観察しておけばよかった....と反省です。

でも、この小さな穴から巣立つ瞬間の様子はよほどの運が無ければ、撮影できないでしょうね。




パイロンに止まったスズメですが

スズメ

餌を咥えていました
SUZUME-88b.jpg
スズメ

その後、飛び移ったのは
SUZUME-81b.jpg
スズメ


SUZUME-82b.jpg
スズメ

SUZUME-89b.jpg
スズメ

SUZUME-83b.jpg
スズメ

SUZUME-84b.jpg
スズメ

SUZUME-86b.jpg
スズメ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

関連記事

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング




スポンサーリンク




comment

Secret

近況報告
11月も後半に入り、いよいよ新型コロナウイルスの第3波がやってきました。しかも驚異的な感染者が増えているようです。他に普通のインフルエンザも気になりますし、皆さま気をつけながら探鳥しましょう。





FC2カウンター

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2020年9月現在)

* カメラボディ *

Nikon D500
Nikon D7100
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone 6s

* レンズ *

AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(B028)
  18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事


最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











QRコード

QR


カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー