その後の真相は.... チョウゲンボウ


前回の撮影日から3週間が経ちました。

3月末に撮影を始めてしばらくした頃には、「ヒナを見た….」、「ヒナがカラスにやられた….」というような話も聞いたのですが、私自身の眼ではヒナを見ていませんし、情報は「又聞き」の伝聞ばかりです。

ただ、このブログでも報告しているように、訪問するたびに交尾する姿を確認しているので、カップルを解消したのでもなさそうです。その後もヒナの情報は途絶えてしまっているので、久しぶりに朝から様子見に行きました。

到着すると、いつものところに♀が居ました。

しかし、ちょっと目を離した僅かな間に行方不明に。飛び去ったようには思えなかったので、ひょっとしたら2ヶ所の窪みのどちらかに入ったのか?と確認してみましたが、窪みの奥までは見えません。

すると今度は♂が飛んで来ました。今回も餌は持っていません。しばらく窪みの上に止まっていましたが、大きな声で鳴き始めました。いや、鳴いたように思ったのですが、レンズを向けてみると口を開けていません。

えっ?先ほどの♀が?と思いましたが、これまた姿がないままです。すると、♂もどこかへ飛び去ってしまいました。

その直後、なんと窪みから♀が顔を出しました。
やっぱりこの中で鳴いていたようです。飛び去ったのではなく、この窪みに入っていたようです。

と言うことは、いよいよですね。
頻繁に餌を運び込んでいるような様子はありませんので、ヒナが居るのではなく、抱卵が始まっているように思えます。Wikipediaによると、チョウゲンボウの抱卵日数は27〜29日ということですので、今後が楽しみです。その後、しばらくストレッチ等をしていたようですが、またまた窪みの中へ入ってしまいました。

少し前に飛び去った♂ですが、いよいよ狩りに出たのでしょう。この♂は餌獲りが下手なのか、これまで♀に渡すシーンを見たことがなかったのですが、そんなことは言ってられません。ヒナが生まれたら頑張ってもらわなければ....笑。












いつものところに♀が居ました

チョウゲンボウ

すぐに居なくなったので
ChOUGENBOU-282b.jpg
チョウゲンボウ

この2ヶ所の窪みを見ましたが
ChOUGENBOU-283b.jpg
チョウゲンボウ

暗くて高いので奥まで見えません
ChOUGENBOU-284b.jpg
チョウゲンボウ

その後♂が登場....
ChOUGENBOU-290b.jpg
チョウゲンボウ

しきりに鳴いていると思いましたが
ChOUGENBOU-289b.jpg
チョウゲンボウ

口を開けていません
ChOUGENBOU-290*1b
チョウゲンボウ

♂が飛び去ると、♀が出てきました
ChOUGENBOU-290*2b
チョウゲンボウ

やっぱりこの窪みに居たようです
ChOUGENBOU-290*3b
チョウゲンボウ

外へ出てきて、休憩でしょうか
ChOUGENBOU-290*4b
チョウゲンボウ

ChOUGENBOU-290*5b
チョウゲンボウ

ChOUGENBOU-290*6b
チョウゲンボウ

ChOUGENBOU-290*7b
チョウゲンボウ

ChOUGENBOU-290*8b
チョウゲンボウ

翼が傷んでいるようにも見えます
ChOUGENBOU-287*b
チョウゲンボウ

なにかあったのでしょうか
ChOUGENBOU-288*b
チョウゲンボウ

その後、再び窪みの中に入りました
ChOUGENBOU-284b.jpg
チョウゲンボウ

撤収時に少し離れた高いところから狙ってみましたが、
やはり奥まで見えませんでした
ChOUGENBOU-290*9b
チョウゲンボウ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

こんばんは

抱卵してそうで良かったです(^-^
でも抱卵期間がそんなに長いとは知りませんでした。小鳥の倍ぐらいあるんですね~

つぶさん

ヒナの姿を見るまではまだ安心できませんが、2羽の挙動がこれまでとは明らかにちがいます。
抱卵日数が27–29日で、孵化後巣立ちまでは27–32日だそうですので、まだ先が長そうです。楽しみでもありますが、心配でもありますね。
近況報告
昨年秋から落ち着いていた新型コロナウイルスの感染者数ですが、いよいよオミクロン株を中心とした第6波に入りましたね。いよいよ、まん延防止等重点措置が施行される自治体が増えてくると思われます。

ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。

 





FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年12月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
Nikon
  マウントアダプター FTZⅡ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー