マガンの大群の中に居たのは.... #ヒシクイ




残念ながらカリガネを見つけることはできませんでしたが、マガンの大群の中に居たのはこの子たち。

今年の1月の遠征時にマガンの画像の後ろに写り込んでいたのですが、群れの前面に出てくることがなく撮影できたという実感はありませんでした。

ところが、今回は個体数も多く、この種単独の撮影ができましたが、ここで悩むのはヒシクイか?オオヒシクイか?

単に身体の特徴からすると、

◆ヒシクイ
  頭は丸みを帯びていて嘴が短くずんぐりしている

◆オオヒシクイ
  首が長く、嘴も細くて長い

と言うのが識別ポイントですが、これだけでは個体差もあるでしょうし、なんとも言えません。

他には餌場の生態や渡りのルートが違うようです。

まず、餌場ですが、ヒシクイは水田で稲の籾や水田に生える植物を食べるのに対し、オオヒシクイの餌場は湖沼で主な餌はマコモやヒシ等の水生植物....と。

それと渡りのルートです。ヒシクイもオオヒシクイもカムチャッカ半島付近の繁殖地から渡ってくるのですが、オオヒシクイは樺太から北海道へ渡った後、東北、北陸の日本海側や霞ヶ浦へ。それに対し、ヒシクイは択捉、国後島から北海道に渡り、その後は太平洋側を南下して伊豆沼あたりへ渡るとのこと。

これだけを考えると、この地で見られるのはオオヒシクイか?となりますが、もう一種別のルートが....。このルートは繁殖地からロシアと中国大陸を沿岸沿いに進んだ後、日本海を越えて山陰地方へ。しかも、このルートを渡るのはオオヒシクイではなくヒシクイらしいです。

私は過去、この種の鳥には数回出会っていますが、北陸もしくは琵琶湖周辺の湖沼です。さきほど表記した渡りのルートからしてもそれらはオオヒシクイだと思われます。

そういう意味では、今回出会ったのは山陰ですし、マガンとともに田んぼで採餌しており、頭は丸みを帯びていて嘴が短くずんぐりしています。さきほどの中国経由のルートを渡ってきたヒシクイでしょうね。

ただ、中には嘴が長いオオヒシクイかも?と思われる個体も。個体差かもしれませんし、途中で迷い込んだ可能性があるでしょうから、全てがヒシクイではないのかもしれませんが、貴重な初撮影となりました。













⬇️ 画像はクリックしていただくと大きくなります ⬇️


今回はこの子たちも多かったです

ヒシクイ

HISHIKUI-2b.jpg
ヒシクイ

HISHIKUI-3b.jpg
ヒシクイ

HISHIKUI-4b.jpg
ヒシクイ

HISHIKUI-6b.jpg
ヒシクイ

HISHIKUI-5b.jpg
ヒシクイ

HISHIKUI-8b.jpg
ヒシクイ

HISHIKUI-9b.jpg
ヒシクイ

HISHIKUI-10*13b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*14b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*2b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*3b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*4b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*5b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*6b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*7b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*8b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*9b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*10b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*11b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*12b
ヒシクイ

うーん、車が写り込んでしまいました 残念....
HISHIKUI-10*15b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*16b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*17b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*18b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*19b
ヒシクイ

HISHIKUI-10*20b
ヒシクイ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR



いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

つぶさん

おはようございます。
地元では見られないだけに、ほんとにこの種の鳥は見応えありますよね。しかも、何百何千の大群が眼の前を飛んでいるのを見ると大迫力です。

Yasuoさん

おはようございます。
ややこしい個体も居て、いまいち見ためはよく解らないです。でも、湖北や北陸と違ってこの子たちの餌場はたんぼでした。渡りのルートの件を考えても、どうやらヒシクイのようです。

こんばんは

マガンやヒシクイのような大型のガンはやはり見応えあります!
亜種について考察するのも楽しいものです。

今年は暖かい日が多いですが、もうたくさん越冬に移動してるんですね(^^)

こんばんは

たしかに嘴はあまり長く見えませんね〜 亜種ヒシクイなんでしょうね!いつも琵琶湖でオオヒシクイを見ますがヒシクイは貴重ですね。
近況報告
新型コロナウイルスの騒ぎも、もうそろそろ1年を迎えようとしていますが、収束するどころかますます未曾有の状態が続いています。

首都圏をはじめ、こちらの京阪神地域も2度目の緊急事態宣言が発出されています。今後も充分に気をつけながらお過ごしください。





FC2カウンター

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします


プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2020年9月現在)

* カメラボディ *

Nikon D500
Nikon D7100
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone 6s

* レンズ *

AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(B028)
  18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











兵庫県南部の天気予報
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー