今年のK浜は?と.... #カンムリカイツブリ


意外に暖かいと思っていた今年の冬ですが、一気に寒波がやってきました。

急な大雪に見舞われて通勤通学等、日常の生活が大混乱している地域もあるようです。皆さんもくれぐれも気をつけてお出かけください。

さて、昨年の今ごろから今年の2月にかけて珍鳥が入り、非常に熱くなった隣市のK浜。クロガモアメリカヒドリビロードキンクロギンムクドリ夏羽のハジロカイツブリと次々と私たちを楽しませてくれだけに、そろそろ今年も?と様子を見に行ってきました。

この日はこの大寒波の2日目。さすがに初日は寒くて動けませんでしたが、2日目になりちょっと身体も慣れてきたか?と。

渡りの時期にシギチを狙うときは干潮時間の前後に出かけるのですが、潜水カモ等の場合はむしろ満潮の方が近くに来てくれる確率も高く、この日はあえて満潮の時間帯にとのんびりと到着です。しかし、現地駐車場に降り立った瞬間、考えが甘かったのが解りました。

寒いのは覚悟をしておりましたが、車のドアも開けられないくらいの強風です。天気予報でも風が強いとは報道されていましたが、冬場ですので北風か北西の風のはず....、ならば南へ開けたこの浜ならそんなに影響はないだろう....と。

その後、堤防沿いに着いて眼に入ったのは、予想を遙かに上まわる海からの強風とテトラポットへ激しく打ち付ける荒波です。台風接近時にTVレポーターが強風と大雨でふらふらになりながら、海岸から中継している報道番組の画面が眼に浮かびました。

とりあえず、来てしまった以上は何かを撮っておきたいので、とりあえず端から端まで様子を見てみることに。

すると、100羽程度のカンムリカイツブリの群れや、ハジロカイツブリ、スズガモ、キンクロハジロ等の少数の群れはこの荒波の中を必死に泳いでいましたが、遠くてとても撮影できません。数百羽と思われるホシハジロやコガモ等の他のカモ類は、東端のN側河口の堤防の内側に避難しています。この地のレギュラーメンバーのミサゴも何度か上空を舞ってくれましたが、でもこの濁った海面では魚は見えないでしょう。

そして、テトラポットへは常に荒波が打ち付けているので、いつものイソヒヨドリやイソシギもどこかへ避難してるように思われます。

こんな中、必死に餌を探しながらカンムリカイツブリが近くへ来てくれましたので、とりあえずこの状況を....と、レンズを向けました。しかし、堤防のコンクリートの上に両肘を置いても強風でファインダーは揺れっぱなし....、しかもカンムリカイツブリも波間を上下左右に揺れ続けるので、とても満足できる画像は撮れません。

と言うことで、今日は海の様子の報道ブログとなってしまいました。













⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


晴れてはいますが、台風接近時のような海岸でした
KOUSHIENHAMA-2b.jpg
荒波のK浜

カンムリカイツブリは比較的近くで....
KANMURIKAITSUBURI-183b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-184b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-186b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-185b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-189b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-190b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-190*1b
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-187b.jpg
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-190*2b
カンムリカイツブリ

KANMURIKAITSUBURI-190*3b
カンムリカイツブリ

めちゃくちゃ近くに
KANMURIKAITSUBURI-181b.jpg
カンムリカイツブリ

波のこちら側に浮かぶと穏やかに見えますね
KANMURIKAITSUBURI-182b.jpg
カンムリカイツブリ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
昨年秋から落ち着いていた新型コロナウイルスの感染者数ですが、いよいよオミクロン株を中心とした第6波に入りましたね。いよいよ、まん延防止等重点措置が施行される自治体が増えてくると思われます。

ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。

 





FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年12月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
Nikon
  マウントアダプター FTZⅡ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー