ツリスガラの代打は.... #ハッカチョウ


この日はツリスガラ情報でY川河川敷へ。

この地は1月末にもキレンジャク情報があり、期待をして出かけましたが外しています。今回もあまり相性がよくないのでは?と、嫌〜な予感を持ちながらの訪問です。

頻繁ではないものの、この地へは定期的に訪れますので、毎年出現する鳥のだいたいのポイントはある程度解ります。そしてこの時も、ツリスガラのポイントと思われるところへ到着し、ブッシュの中を探しますが、あまりにも広すぎて見つけられません。しかも、広いだけでなく、人が入っていけない川の縁までフィールドが広がっており、難易度の高さはかなりのものです。

それでもブッシュの奥に数羽の小さな鳥を見つけて、近づいてくるのを待っていると、ツリスガラではなくオオジュリンでした。

オオジュリンも久しぶりですので、とりあえず代打にと撮影を始めますが、全身が見えるショットはほとんど撮れません。単に草が被っているだけでなく、この日はかなりの強風ですので、縦横無尽に折り重なった手前の草がワイパーのような動きをします。

何とか顔が見えそうな子を選んで20〜30枚ほどシャッター押しましたが、かろうじて顔が見えたのはたった2枚だけでした。

ツリスガラの代打のつもりでしたが、代打の役割も果たせず....。結局、代打の代打は、前回同様この地にお住まいのハッカチョウとなりました。この日は吹き飛ばされそうな強風ですし、曇天のグレーの空抜けの黒いハッカチョウにはテンションもあがらず、早々に撤収いたしました。













⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


顔が見えたのはこの2枚だけ
OOJURIN-60*21b
オオジュリン

お腹が白いのは手前に草がありそうです
OOJURIN-60*22b
オオジュリン

結局、代打の代打はハッカチョウ
HAKKACHOU-41b.jpg
ハッカチョウ

HAKKACHOU-42b.jpg
ハッカチョウ

でも、曇天の空抜けはテンション上がりません。
HAKKACHOU-43b.jpg
ハッカチョウ

HAKKACHOU-44b.jpg
ハッカチョウ

HAKKACHOU-45b.jpg
ハッカチョウ

HAKKACHOU-46b.jpg
ハッカチョウ

HAKKACHOU-47b.jpg
ハッカチョウ

HAKKACHOU-48b.jpg
ハッカチョウ

この後、早々に撤収しました
HAKKACHOU-49b.jpg
ハッカチョウ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
今年は前代未聞の早い梅雨明けになりそうですが、今後は熱中症の心配も。6月からこの暑さでは今後が気になりますね。

まだまだ新型コロナウイルスも収束したわけではありませんし、ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年5月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
Nikon
  マウントアダプター FTZⅡ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(F004)
  SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー