この子は誰?キビタキ?ムギマキ?..... #キビタキ


子育ての様子を観察するために、私が毎年訪れるサギのコロニーは二ヶ所。

そのうち隣市のS池は早々に訪れましたが、もう一ヶ所の北摂のM池へも行ってきました。アオサギ、ダイサギ、コサギ、ゴイサギ、カワウ....と、例年どおりのメンバーの子育てモードが始まっていましたが、誕生直後のヒナは確認できず。

少し大きくなってしまったアオサギは数羽居ましたが、もうそんなに可愛くありません....笑。他には抱卵中のコサギや、頻繁に巣材を運んでいるゴイサギ等がほとんどで、子育てラッシュが見られるのはもう少し経ってからか?という状況でした。

そんな中、現地到着直後から池の傍の丘?あたりから、大きな声の囀りが聞こえてきます。

「ピッピリピー」「ピッピリピー」「ピッピリピー」....と、声の種は間違いなくキビタキです。今季はキビタキの撮影には苦戦していて、この前週にやっと綺麗な♂に出会えたところでした。しかし、やっぱりこの時期のキビタキは撮影しておきたい....と、その丘へ向かいます。

大声で鳴くので、だいたいの居所は察しがつくのですが、覆い茂った葉っぱに隠れてなかなか姿は見えません。それでも、少し鳴いては近くの枝へ...と言う行動を繰り返していて、遠くへ飛び去って行きそうではありません。なので、気づかれないように細心の注意を払いながら追いかけました。

そして、数分後にはやっと被りのない枝へ。

ホッとして撮影を始めましたが、ファインダーを覗くと違和感が。通常出会うキビタキのように全身が黄色くありません。第一回夏羽へ換羽途中の若鳥か?ともと思いましたが、それにしてはぼやっとした♀のような色合いではなく、くっきりはっきりした色合いです。♂のオオルリのようにお腹は真っ白で、胸の黄色い模様は白いお腹とくっきり分かれており、その境目を見るとまるでコマドリです。

そして、顔を確認すると黄色い眉班もなく、黒みも薄くて横顔はムギマキのそっくりさん....。これはひょっとして?....と、ムギマキの第一回冬羽〜夏羽等も調べてみましたが、いずれも少し違うようです。

キビタキにしろムギマキにしろ、幼羽ならもっとぼやっとした色合いのはず....、こんなにくっきり色が出ていないのでは?とも。そして過去、ムギマキはほとんど鳴き声を聞いたことがないので、帰宅後ネットで調べて見ましたが、聞き間違えるような鳴き声ではなく、明らかにキビタキの囀りです。

マミジロキビタキ、リュウキュウキビタキというような亜種?と、ネット上でいろいろ検索しましたが、これも該当するような情報はありません。部分白化?等アルビノの可能性も考えてみましたが、本来アルビノというのは、色素欠乏で白化するはずですので、こんなにくっきりと胸の色が出るのか?と考えると、これも不自然です。

単なる個体差の強い若鳥のようにも思えますが、私の知識ではこれ以上のことが解りません。詳しい方、詳細をご教授いただければ助かります。

そもそも、この日は撮影地がサギのコロニーということでしたので、ネオ一眼しか持って行かなかったのですが、やはりこういう条件での撮影はこのカメラでは厳しいです。光線の微妙な遠い枝の上ではほとんど解像しませんでした。

それでも貴重なこの個体の記録を残すことができました。ほんとにこの子は誰でしょう....。

※追伸です
昨夜は多くの方から数多くのご意見をいただきました。私自身、眉班が無いと思い込んでおりましたが、極端に拡大するとうっすらと黄色い眉班が。と言うことで、第一回夏羽のキビタキで間違いなさそうです。いろいろご教授をいただいた皆さま、ありがとうございました。













キビタキだとファインダーを覗きましたが
KIBITAKI♂-451b
キビタキ♂?ムギマキ? →キビタキ♂

何か異様な違和感が....
KIBITAKI♂-452b
キビタキ♂?ムギマキ? →キビタキ♂

お腹はオオルリの♂のように真っ白です
KIBITAKI♂-453b
キビタキ♂?ムギマキ? →キビタキ♂

しかも、黄色い胸と白いお腹の境目はコマドリ風
KIBITAKI♂-454b
キビタキ♂?ムギマキ? →キビタキ♂

今度は横顔が見えましたが
KIBITAKI♂-455b
キビタキ♂?ムギマキ? →キビタキ♂

眼の上に黄色い眉班はなく
KIBITAKI♂-456b
キビタキ♂ →キビタキ♂

ムギマキの♀か幼鳥とそっくりです
KIBITAKI♂-457b
キビタキ♂?ムギマキ?

残念ながら、この日の機材はネオ一眼
KIBITAKI♂-458b
キビタキ♂?ムギマキ? →キビタキ♂

満足に解像してくれません
KIBITAKI♂-459b
キビタキ♂?ムギマキ? →キビタキ♂

こんな貴重な個体に出会えるのが解っていれば
KIBITAKI♂-460b
キビタキ♂?ムギマキ? →キビタキ♂

一眼レフを持って行けばよかったです
KIBITAKI♂-460*1b
キビタキ♂?ムギマキ? →キビタキ♂

それでも貴重な個体を記録することができました
KIBITAKI♂-460*2b
キビタキ♂?ムギマキ? →キビタキ♂

※極端に拡大すると、うっすら黄色い眉班が
KIBITAKI♂-460-1b
第一回夏羽キビタキ♂

Panasonic LUMIX DMC-FZ1000

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
新型コロナウイルスの感染者も落ち着いて、人の流れも完全に戻ったように見えますが、やはり新たなオミクロン株。年末年始に第6波にならなければいいのですが。

本格的に冬鳥の季節に入りましたが、その頃また行動に制限がかからないかと、まだまだ心配が尽きませんね。

ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。







FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年11月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











兵庫県南部の天気予報

カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


カテゴリー