今年もグレートジャーニーが見たくて.... #カルガモ


昨年は4年ぶりにグレートジャーニーが見られたとあって、今年もS川へカルガモ親子を探しに行ってきました。

カルガモの子育ての地とは言え、この地は街中の小さな川の河川敷です。川幅も両脇の歩道も狭いので、緊急事態宣言中に人が多かったらどうしよう....と。

昨年もこのコロナ禍の同時期に訪れていますが、昨年は5月末まで学校が休校だったこともあり、散策やランニング、犬の散歩等人で溢れかえっていました。カルガモの子育ては他の場所でも見られるのですが、やはり急流を下るグレートジャーニーはこの地が大迫力。チャンスがあるのなら、やはり見ておきたい....と。

もちろん、コロナ感染の危険を冒してまで....とは思わないので、昨年の人出のようなら、すぐ諦めてさっさと撤収しようとの決心での訪問です。

現地到着は7時半過ぎ、通勤ラッシュが始まる前に到着です。

そして、現地に到着してビックリ....、覚悟して出かけたもののほとんど人出がありません。昨年は視界に入る限りはびっしりで、すれ違うのも大変でしたが、今年は100m先まででも10人も居ません。3回目の緊急事態宣言中とはいえ、もう慣れてしまって街中の繁華街から人が減らないようですが、この地に関しては効果が出てるのかも。これなら、予定どおりカルガモ探しができそうです。

そして、河川敷に降りると早速1組のファミリーが。

これはラッキーと思いましたが、草地の上でお休み中です。ヒナは7羽が居るようですが、もうかなり大きくなっており、どれが親鳥でどれがヒナか?も解らないくらいです。しかも、背丈の高い草地で寝てしまっているのであまり撮影意欲が沸きません。

それでも、もしこの子たちだけにしか出会えなかったら?と、とりあえずは数枚だけシャッターを。そして、他のファミリーを探して上流に向かいます。すると、直ぐ上流で少しもっと小さめのヒナを連れたファミリーに出会いました。

このくらいのヒナが可愛くて写真映えするのですが、なんとヒナは3羽だけです。もう下流へ降りてきているのですが、この場へ移動してくるまでにいろんな出来事があったのだと思います。もうこれ以上、数を減らすこと無く無事に育ってほしいものです。

その後も、他のファミリーやグレートジャーニーを期待して、上流まで1時間ほどかけて往復しましたが、結局この2組に出会えただけでした。まあ、まだ5月の半ばですので、今後も期待はできそうです。













⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


スタート直後に出会いましたが、ヒナは大きすぎました

カルガモ

次に出会ったのはヒナが3羽だけでした
KARUGAMO-240*4b
カルガモ

KARUGAMO-232b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-233b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-234b.jpg
カルガモ

この場へ来るまで何があったのでしょう
KARUGAMO-236b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-235b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-240b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-240*1b
カルガモ

でもこの大きさくらいが一番可愛いです
KARUGAMO-237b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-238b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-239b.jpg
カルガモ

KARUGAMO-240*7b
カルガモ

KARUGAMO-240*6b
カルガモ

一旦上流まで歩いて戻ってみると
KARUGAMO-240*11b
カルガモ

石の上へ上がって休憩中
KARUGAMO-240*12b
カルガモ

ヒナたちはかなり疲れたのか
KARUGAMO-240*8b
カルガモ

爆睡していましたが
KARUGAMO-240*9b
カルガモ

親鳥の眼は開いていました
KARUGAMO-240*10b
カルガモ

Nikon D500 + TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
今年は前代未聞の早い梅雨明けになりそうですが、今後は熱中症の心配も。6月からこの暑さでは今後が気になりますね。

まだまだ新型コロナウイルスも収束したわけではありませんし、ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年5月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
Nikon
  マウントアダプター FTZⅡ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(F004)
  SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ


カテゴリー