池の中の小旅行Ⅱ.... #カイツブリ


隣市の公園でのカイツブリの子育て情報をいただきましたが、その日はあいにく新型コロナワクチンの接種日

翌日の朝には副反応と思われる腕の痛みが出ていたので、さすがにその日は断念して様子見。痛みは一日で治まったのですが、その後は天候不順続きで朝から通り雨が降っていたり、一日に2〜3回も雷雨が降ったり....と、しばらく運に見放されていましたがようやく出かけてきました。

結局、背乗りを撮影されていた日からほぼ一週間が経過しています。

もう大きくなっていると思われるので、背乗りではなく、ヒナの遊泳シーンが撮れるかも?と目的を切り替えての現地到着です。

思った以上に巣は近く、その巣には4羽のヒナとその子たちを見守る親鳥の姿が。ブログにあげておられる方の画像から想像はしていたのですが、まさかこんなに近い....とはビックリでした。しかし、ヒナが後ろ向きなので撮影にはちょっと不安もありそうです。

撮影を始めて数枚シャッターを押した直後に大きな動きがありました。

巣の横に居た親鳥が突然池の中央へと泳ぎ始め、直後に1羽のヒナが追いかけるという展開に。残された3羽のヒナも一瞬ビックリしたようでしたが、すぐに追跡を始めました。そして、途中でその親鳥と先に追いかけたヒナにも追いつき、どんどん池の中央へ向かいます。

せっかく至近距離での撮影を始めたところなのに、こうなると豆粒みたいにしか撮れません。またすぐに巣へ戻ってくるかも?と、その場所で待つことにしますが、どんどん遠ざかっていきます。

その後、肉眼では見にくくなったところで、やっと動きが止まりました。

どうやら対岸近くで親鳥の採餌が始まったようなので、私もその場を離れて対岸へ。対岸からは逆光気味なので、戻ってくるのを待とうと思っていましたが、この移動は正解でした。その後は至近距離で何度もヒナたちへ魚を給餌するシーンが見られ、満足に観察をすることができました。

酷い逆光ではなかったものの、潜ったり浮かんできたりする度にできる大きな波紋に陽差しが反射し、いまいちくっきりと撮れなかったのは残念でした。












⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


巣は近いのですが、ヒナはこちらを向いてくれません

カイツブリ

この直後、この親鳥とヒナの1羽が行動を起こします
KAITSUBURI-232b.jpg
カイツブリ

残された3羽はビックリしたようでしたが
KAITSUBURI-236b.jpg
カイツブリ

直ぐに後を追いかけます
KAITSUBURI-233b.jpg
カイツブリ

親鳥に追いついた後も
KAITSUBURI-234b.jpg
カイツブリ

どんどんと対岸の方へ遠ざかってしまいました
KAITSUBURI-235b.jpg
カイツブリ

私も対岸へ移動しての撮影開始です
KAITSUBURI-238b.jpg
カイツブリ

きちんと整列して親鳥に続きます
KAITSUBURI-237b.jpg
カイツブリ

この後いきなり親鳥は水中へ....
KAITSUBURI-239b.jpg
カイツブリ

親鳥の姿が見えなくなったからか
KAITSUBURI-240b.jpg
カイツブリ

不安げにキョロキョロしています
KAITSUBURI-240*1*b
カイツブリ

そしてヒナたちが何かを見つけた先には
KAITSUBURI-240*2b
カイツブリ

魚を咥えた親鳥が居ました
KAITSUBURI-240*3b
カイツブリ

後ろ向きなので給餌シーンは見えませんでしたが
KAITSUBURI-240*4b
カイツブリ

魚を落としてしまったようです
KAITSUBURI-240*5b
カイツブリ

それでも、その後は何度も給餌するシーンを
KAITSUBURI-240*8b
カイツブリ

撮影することができました
KAITSUBURI-240*9b
カイツブリ

KAITSUBURI-240*12b
カイツブリ

KAITSUBURI-240*14b
カイツブリ

KAITSUBURI-240*13b
カイツブリ

KAITSUBURI-240*10b
カイツブリ

KAITSUBURI-240*7b
カイツブリ

Nikon Z7Ⅱ + FTZ + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
第5派が始まろうとしている中、いよいよオリンピックが開催されました。

ゴリ押しのオリンピックで開催に関しては疑問が残りましたが、始まってしまった以上は爆発的感染が起きないことを祈るのみです。

引き続いて人の多く集まるところへは撮影に行かないようにしながら撮影を続けています。

ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。





FC2カウンター

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします


プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年7月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











兵庫県南部の天気予報
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー