何故か明るいところがお好み?.... #アオバズク


アオバズクの定点観測をしている隣市Y神社での、先週末17日土曜日の撮影です。

その日の前にこのフィールドを訪れたのは14日。巣から♀が出てきたとの情報を聞いての訪問でしたが、♂?と思われる1羽にしか出会えませんでした。

ただ、私が出会えなかっただけで、この日前後には確実に2羽が観察されており、ヒナの巣立ちも間近かと思われます。その後できるだけ頻繁に様子を見に行くつもりでしたが、朝からゲリラ豪雨が続いたり....と、うまくスケジュールが熟せません。

それでも、訪問できなかった間に巣立ち情報はなく、ある意味運には恵まれたかも?と。そしてこの17日を迎え、「もう絶対今日に間違いない!」と勝手に決めつけての訪問です。

現地に到着すると、またまた私一人。嫌〜な予感の中、ヒナを探しますがこの日も見当たりません。それでも、前回とは違って2羽の親鳥の姿を見ることができました。

まず、すぐ頭上に1羽、高さ5mほどの低い枝です。巣から近いと思われるので、この子は♀でしょうか。そしてそこから7〜8m上にもう1羽が。こちらは、1羽しか確認できなかった前回とほぼ同じ場所に同じような姿勢で止まっていたので♂か?と思われます。

「もう絶対今日に間違いない!」と根拠のない判断で訪問しましたが、今回も見事に外れ....、なかなか焦らせてくれます。

その後、2羽の親鳥の撮影を始めますが、何故か2羽とも明るい枝に止まっています。アオバズクは過去何度も出会っていますが、こんな明るい枝に止まっているのは初めて。夜行性のアオバズク、少し移動すれば暗いところがいくらでもあるのに、どうしたのでしょうね。

しかも、身体に陽射しが当たっているところと暗い陰になっているところとがあり、撮影は大苦戦。陽射しが当たっているお腹に露出を合わせると顔は真っ黒、逆に眼が出るようにと顔に露出を合わせ直すと、お腹が白飛びしてしまいます。前回のように画面全体が暗いのならそれなりに補正ができますが、こういう光線条件はほんとに難しいです。

それと、昨年この地を訪れたときに、「来年忘れないように持って行くのは、ズームレンズと虫除けスプレー」と決めていたのですが、見事に忘れていました。やはり今年も低い枝に止まっており、どこから撮ってもはみ出るような画像ばかり。そして、蚊の応酬にも耐えられなくなり、短時間で撤収しました。

さて、次回こそヒナを撮影したいです!












⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


低い枝には♀?が居ました
AOBAZUKU-269b.jpg
アオバズク

直射日光が当たっています
AOBAZUKU-270b.jpg
アオバズク

かなり眩しそうでしたが
AOBAZUKU-270*1b
アオバズク

その後少し待つと
AOBAZUKU-270*2b
アオバズク

陽射しが当たらなくなりました
AOBAZUKU-270*3b
アオバズク

AOBAZUKU-270*4b
アオバズク

一方、高い枝には♂でしょうか?
AOBAZUKU-267b.jpg
アオバズク

やはり直射日光が当たっています
AOBAZUKU-268b.jpg
アオバズク

綺麗に撮れるところを探して
AOBAZUKU-263b.jpg
アオバズク

右へ動いたり
AOBAZUKU-264b.jpg
アオバズク

左へ動いたりしてみましたが
AOBAZUKU-265b.jpg
アオバズク

同じような画像しか撮れませんでした
AOBAZUKU-266b.jpg
アオバズク

Nikon Z7Ⅱ + FTZ + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
第5派が始まろうとしている中、いよいよオリンピックが開催されました。

ゴリ押しのオリンピックで開催に関しては疑問が残りましたが、始まってしまった以上は爆発的感染が起きないことを祈るのみです。

引き続いて人の多く集まるところへは撮影に行かないようにしながら撮影を続けています。

ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。





FC2カウンター

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします


プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年7月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











兵庫県南部の天気予報
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー