2羽とも無事でした.... #カワアイサ


カワアイサの生存確認に向かったこの日でしたが、ササゴイを撮影した後は自宅方面にUターン。この辺りまでで自宅から7kmほどあり、さすがにこの炎天下ではもうバテバテです。

まぁ、見つけられなかったと言っても、探索した範囲より上流や下流に居るかもしれないので何とも言えません。しかも、範囲内でも歩いている河川敷から見透せないポイントもかなりあるので、見落としてしまった可能性も。

少し落胆しながら途中で右岸に戻り、あと数百mで帰宅へというところで、流れの中に1羽のカワアイサを見つけました。

往路ではこの辺りに姿はなかったので、上流から泳いできたのでしょうか。

ホッとして撮影を始めると、すぐに下流へ向かって泳ぎ始めました。しかし、この時点でまだ午前中....、相変わらず右岸からでは逆光です。このまま、下流に向かって泳いでいる姿を追いかけても、いつもどおりの真っ暗な画像しか撮れません。

この後、いつもの堰の手前のコンクリートに上陸するのでは?....と、先回りをすることに。

このすぐ下流の堰の手前には、上陸しているシーンを何度も撮影したことのあるコンクリートがあります。しかも、このコンクリートのすぐ近くまでは、堤防から階段で降りた後、飛び石を歩いて近づくことが可能です。鳥が上陸してから近づくのは警戒されてしまいますが、先回りなら大丈夫だろう....とできるだけ身をかがめて座り込みます。

その直後、上流からさきほどのカワアイサがこちらへ泳いでくるのが見えました。座り込んでいるので目線の高さで撮影できるのでいい感じです。そしてその隣にはもう1羽が並んでいました。

そして、その後は2羽揃って予感どおりコンクリートに上陸です。私が座り込んでいるあたりからは、10mあまりの距離....、仲のいい2羽の様子をゆったりと観察することができました。

そもそも、今回の目的はこの2羽のカワアイサの生存確認。

翼を痛めて?飛べないこの2羽たちが、この地で猛暑の夏を越すのがもう10年近く続いています。

しかし、ここ数年この地域でも初めて体験するような大雨や台風に見舞われており、その度にこのM川も河川敷へ溢れるほどの濁流が流れているのを眼にします。この2羽にとっては、猛暑以外にも濁流から身を守るという試練も加わっているはず。

そういう天候に見舞われる度、この子たちは何処へ避難しているんだろう....と気になりますが、これまではその後に元気な姿を見せてくれていました。

ところが、今年はお盆前から梅雨末期よりも遙かにひどいゲリラ豪雨の毎日が続き、その都度ものすごい濁流が。飛べないと言われているこの子たちだけに、いったいどこに身を潜めているのか?と心配でした。

それだけに、今回またまた元気な2羽に再会できましたので、ホッとしています。









⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


諦めて帰宅する寸前に発見です

カワアイサ

下流へ泳ぎ始めましたので
KAWAAISA-253b.jpg
カワアイサ

下流のコンクリート上へ先回り
KAWAAISA-255b.jpg
カワアイサ

するともう1羽も一緒でした
KAWAAISA-254b.jpg
カワアイサ

身をかがめての撮影なので
KAWAAISA-259b.jpg
カワアイサ

目線も低くいい感じです
KAWAAISA-258b.jpg
カワアイサ

もう1羽も追いかけてきました
KAWAAISA-260b.jpg
カワアイサ

KAWAAISA-260*2b
カワアイサ

予感どおり、コンクリートに上陸です
KAWAAISA-260*3b
カワアイサ

距離は10mあまりでトリミングもほとんど無しです
KAWAAISA-260*4b
カワアイサ

もう1羽も無事上陸です
KAWAAISA-260*6b
カワアイサ

♀同志ですが2羽仲よく
KAWAAISA-260*14b
カワアイサ

休息の時間が始まりました
KAWAAISA-260*9b
カワアイサ

KAWAAISA-260*10b
カワアイサ

KAWAAISA-260*11b
カワアイサ

KAWAAISA-260*12b
カワアイサ

KAWAAISA-260*13b
カワアイサ

この後は座り込んで寝てしまいました
KAWAAISA-260*15b
カワアイサ

Nikon Z7Ⅱ + FTZ + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
近況報告
第5派の新型コロナウイルスの感染者もようやく減りかけていますが、はたしてこのまま収束の方向に向かうのでしょうか。コロナ対策よりも選挙優先の政府の方々の様子を見ていると、まだまだ心配が尽きません。

引き続いて人の多く集まるところへは撮影に行かないようにしながら撮影を続けています。

ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。






FC2カウンター

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします


プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年7月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク








兵庫県南部の天気予報
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ


カテゴリー