何とか1種の証拠写真だけは.... #カラムクドリ


先月の末にいただいた、ライファーのタカサゴモズ出現情報。

早速、初めてのフィールドへ出かけたのですが、見事に外してイソヒヨドリしか撮れませんでした。

情報をいただいた方を含め、多くの知人に「もう抜けたのではないか?」とのやりとりをしていると、「その後もずっと居てるよ!」、「昨日も撮り放題だったよ!」とか。どうやら私だけがうまく出会えていない様子で、確かにその後も一ヶ月近く滞在しているようです。

ライファーだけに、是非リベンジしようと思っていると、同じフィールドにカラムクドリも居るとの情報が。これは行くしかない!....と、先週2度目の訪問をしてきました。

この日は午前7時に現地に到着しましたが、前回と違って園内に入るとすでに数人のカメラマンの姿が。

タカサゴモズとカラムクドリのポイントは数十m離れており、2ヶ所に分かれてそれぞれ希望のターゲットの辺りでのでスタンバイが始まりました。

毎日散歩でこの地を訪れるご近所さんにお尋ねすると、この前日は2種とも撮り放題だったとのこと。期待に胸も膨らんだのですが、逆に嫌〜な予感も。これまでいろんな鳥を探索した際、「昨日は撮り放題だった....」と聞いた日に限って、満足に撮れたことがありません....涙。

その後も、ハラハラドキドキしながらの待ちが続きますが、2ヶ所ともにターゲットが現れる気配がありません。カラムクドリの方は早朝に一度出たとのことでしたが、そのときに撮れたのはお二人だけだった....と。

この日も30度近くまで気温が上がり、集中力が続きません。途中、カラムクドリの方の様子も見に行きましたが、そちらで待機されている方々も退屈な表情をされていました。

そして、2時間半後の9時半前になり、駐車場横にある背の高いヤシの木に6羽のムクドリが飛来。ひょっとしたら、その中に混じっているかも?と、タカサゴモズを狙っていたほうのメンバー総勢でそちらへ向かいました。

すると、その中に明らかに色の薄い個体が1羽。

遠くはありませんが、高くて真っ暗なところに居ます。カラムクドリに間違いないのですが、またまた証拠写真しか撮れそうにありません。その後飛び去る前に、少しの間駐車場横の草地に降りてくれたのですが、ここは草の丈が高く、ほとんど鳥の姿を確認することはできませんでした。

やはりGETできたのは証拠写真のみでしたが、この日以来のカラムクドリですのでホッとしました。

その後も2種とも出現はなく、5時間経ったところで撤収です。夕方になって2種とも少しは出たようですが、とても撮り放題というような状況ではなかった....とのことです。

何とかカラムクドリ1種だけの証拠写真は撮れましたが、やはりちょっと不満です。タカサゴモズには出会えていないので、もう一度リベンジに行くつもりです。









⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


まさかのこんなところに出現です
KARAMUKUDORI-30b.jpg
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-30*1b
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-26b.jpg
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-27b.jpg
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-28b.jpg
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-29b.jpg
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-23b.jpg
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-24b.jpg
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-25b.jpg
カラムクドリ

オリジナルはこれ 豆粒程度でした
KARAMUKUDORI-23**b
カラムクドリ

その後草地へ降りてくれましたが
KARAMUKUDORI-30*5*b
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-30*4*b
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-30*6*b
カラムクドリ

KARAMUKUDORI-30*2*b
カラムクドリ

全身を撮れるチャンスはありませんでした
KARAMUKUDORI-30*3*b
カラムクドリ

Nikon Z7Ⅱ + FTZ + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR


関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

こんばんは

カラムクドリは2015年にご一緒に撮影した時以来ですかね〜 久しぶりの再会でしたね!

いいのが撮れましたね

カラムクドリ・タカサゴモズどちらも珍しい鳥ですよね、私はいまだ見ていない鳥です。そちら方面はよく珍重が出ますね、以前にも粒さんに連れてもらいそちら方面でサバクヒタキを見に行きました。いい環境ですね。

Yasuoさん

あの時は初めての出会いでしたが、サービスもよく撮り放題でしたね。今回は長居してくれていますが、大苦戦しています....笑。

どじょう家族さん

おかげさまでそこそこ珍鳥が入るのですが、満足に撮影できていません。私が帰ると出現するようです....涙。
近況報告
第5派の新型コロナウイルスの感染者もようやく落ち着いたようで、無緊急事態宣言等もすべて解除されました。ただ、人の流れも戻り始めただけに、このまま単純に収束の方向に向かうとは思えません。コロナ対策よりも選挙優先の政府の方々の様子を見ていると、まだまだ心配が尽きませんね。

必ず第6波がやってくるとも言われています。ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。







FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年7月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II
AF-S TELECONVERTER
  TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro
  1.4X DGX


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク








兵庫県南部の天気予報
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー