30秒間の1チャンス.... #ムギマキ


先日、旬のムギマキを求めて西の地のK山へ向かいましたが、見事に外れ。

キビタキオオルリ等鳥影が多かった割には、ムギマキは気配すらありませんでした。その地にムギマキが入ったのはなんと私の行った翌日とのこと、この嫌なパターンが最近多過ぎます....涙。

その翌日にKさんが行かれたのですが、4時間待ってやっとシャッターが押せた....と。Kさんのお言葉を借りると、「たまに出てきてもタッチ&ゴーを繰り返すばかりで、すぐに飛び去ってしまう」と。その日は前日の出現情報で、平日にもかかわらず数十人の人出になっており、その影響もあったと思われます。

そもそもムギマキはまさにタッチ&ゴーで、枝に止まっても1秒もじっとしておらず、次々と枝渡りしていくのが習性です。あの狭いフィールドにそれだけ多くのカメラマンが居たのなら、じっとしてはいないでしょうね。

それを聞き、迷ったのがリベンジ日。例年に比べると今年は数も少ないようなので、早めに....とも思っていましたが、そんなに人が多いのなら撮れないかも....と。

ここ数年連続して出会えていますし、慌てて行かなくてもちょっと人出が落ち着いてからにしようと決断。一週間あまり経ってから出かけたのがこの日となりました。

現地到着後、前回キビタキオオルリを見かけた下のポイントで30分ほど待ちますが、メジロとコゲラしか居ません。その後到着されたカメラマンにお尋ねすると、ここ2〜3日は上のポイントによく出ている....と。そして、上のポイントへ向かうと、キビタキ♂、♀、オオルリ若、メジロ、コゲラ等が入り乱れて飛び交っていました。

そして数分後にはムギマキと思われる個体も。飛び去っても10〜20分ほどすると再登場してくれるのですが、縦横無尽に覆い被さった奥の枝ばかりにタッチ&ゴー....。何度も何度も出てくれるのですが、撮影できる状況ではありません。

それでも、2時間ほど経ったときに眼の前の被りのない枝に止まり、しばらくじっとしていてくれました。その時点で10名ほどのカメラマンが居たのですが、私だけでなく全員が狂ったように連写したのは言うまでもありません。狭いフィールドに甲高いシャッター音が響き渡っていました。

その後も2時間あまり粘ってみましたが、被った枝のタッチ&ゴーばかりで、撮影できたのはなんとこの1チャンスだけとなりました。

Exifを確認すると、枝に止まっていたのは30秒足らず。たったの30秒ですが、枝止まりの30秒って結構長いですね。同じシーンばかりですが、右を向いたり左を向いたり、そして身体の向きを変えたりしてくれたので、違った角度の画像も撮れたのはラッキーでした。









⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


眼の前の枝に登場です

ムギマキ

この後しばらくじっとしてくれました
MUGIMAKI-105b.jpg
ムギマキ

MUGIMAKI-106b.jpg
ムギマキ

うっすらと眉班らしきものが見えるので
MUGIMAKI-101b.jpg
ムギマキ

若♂でしょうか....
MUGIMAKI-108b.jpg
ムギマキ

MUGIMAKI-104b.jpg
ムギマキ

ここから身体の向きを変えてくれましたが
MUGIMAKI-110*8*b
ムギマキ

MUGIMAKI-110*7b
ムギマキ

顔には光線が当たりません
MUGIMAKI-110*1*b
ムギマキ

MUGIMAKI-110*3b
ムギマキ

同じシーンばかりですが
MUGIMAKI-109b.jpg
ムギマキ

色んなポーズが撮れました
MUGIMAKI-110*5*b
ムギマキ

Nikon Z7Ⅱ + FTZ + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR


関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

えむ・おーさん、こんにちは!

ムギマキですか・・・・
残念ながら未だこの鳥さんは未見ですので
垂涎状態で拝見させていただきました。
私がもし出会っても、あっキビタキかぁ~と
同定すらできないかも知れませんね~
じっくり見させていただきました。

写游暇人1987さん

私もつい2〜3年前まで知らなかったのですが、ムギマキって関西でしか見られないらしいですね。
そういえば、静岡や横浜ナンバー、それに四国のナンバープレートもこの地ではよく見かけます。

No title

ワンチャンス逃さず、バッチリです。
さすがですね。
今年は成鳥が見られず残念でした。
また来年頑張りましょう。

翡翠♪♪さん

はい、ひやひやのワンチャンスでしたが、なんとかGETできました。
確かに成鳥ではなかったのが残念でしたが、被りもなく撮れたので良しとしましょう。
近況報告
夏場の状態が信じられないくらい、新型コロナウイルスの感染者も落ち着いています。ただ、人の流れも完全に戻ったようですので、またリバウンドしなければいいのですが。

これから本格的に冬鳥の季節に入りますが、その頃にまた行動に制限がかからないかと、まだまだ心配が尽きませんね。

必ず第6波がやってくるとも言われています。ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。







FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年11月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク











兵庫県南部の天気予報

カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー