たくさん撮ったので2部構成に.... #ニシオジロビタキ


西の地の公園では、以前に2シーズン連続して綺麗な♂の成鳥に出会えましたが、その後5年半ぶりのニシオジロビタキ。

今回の子は喉元からオレンジ色が広がっていないので、成鳥の♂ではなさそうです。♀なのか若鳥なのかは微妙ですが、愛想よさは抜群です。現地到着後すぐに出会えて私から数mの適度な距離を保って、ずっとモデルになってくれていました。

しかし、水浴びをした直後に♀のジョウビタキに追いかけられて行方不明に。

長居しているだけに、このまま居なくなることはないだろうと思っていると、やはり10分もしないうちにメジロの群れと共に帰ってきてくれました。

その後は行動範囲も広がり、枯れ葉の積もる地面に降りたり、陽射しの当たる枝に止まってくれたり....と大忙し。しかも、またまた嬉しい距離感を保ってくれます。おかげでISOも程なく下がり、解像した画像も撮れるようになりました。しかし、直射日光が当たるとギラついてしまうので難しいですね。

今回は「ニシオジロビタキが居る」と聞いて出かけたので識別に困ることはありませんでしたが、もし自分自身が最初に発見していたら、識別には苦戦していたでしょう。

そもそも「ニシオジロビタキ」と「オジロビタキ」の主な相違点とは....、

○ オジロビタキの嘴は上下とも黒、ニシオジロビタキは下嘴の基部が淡色
○ ニシオジロビタキの最上尾筒は灰色がかり、中央尾羽より淡い

と言うことですが、当然個体差もあるでしょうし、嘴も日陰では黒く見える等判断は難しそうです。

確かに、撮影した画像を見る限り下嘴は淡色で、上尾筒も上半分は色が薄いです。後にニシオジロビタキの第一回冬羽と聞きましたが、私一人の判断ではよく解りません。

これだけ近い距離でいろんなシーンが撮れるのですから、詳しい人には解りやすいのでしょうが、迷えば迷うほど解らなくなりそうですね。









⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


NISHIOJIROBITAKI-60*7b
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-60*6b
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-60*5**b
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-57b.jpg
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-56b.jpg
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-58b.jpg
ニシオジロビタキ


NISHIOJIROBITAKI-52b.jpg
ニシオジロビタキ


ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-60*4b
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-60*2b
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-60*3b
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-53b.jpg
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-54b.jpg
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-59b.jpg
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-60b.jpg
ニシオジロビタキ

NISHIOJIROBITAKI-60*1b
ニシオジロビタキ

Nikon Z7Ⅱ + FTZ + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR


関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
昨年秋から落ち着いていた新型コロナウイルスの感染者数ですが、いよいよオミクロン株を中心とした第6波に入りましたね。いよいよ、まん延防止等重点措置が施行される自治体が増えてくると思われます。

ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。

 





FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2021年12月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Nikon D3000
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
Nikon
  マウントアダプター FTZⅡ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(272E)
  SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
NIKKOR-H Auto
  50mm F2
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー