まさかの天敵が登場です.... #コマドリ


先週初めに、コマドリ狙いで出かけた地元K山の渓流ポイントですが、出会えたのはまさかのルリビタキ。うーん、ちょっと早すぎたのかもしれませんね。

と言うことで、数日後に再訪です。カメラマンだけでなく、ウォーキングや散歩の人が居ない早朝に到着して足早にポイントへ向かいますが、この日もコマドリらしき鳴き声は聞こえません。

嫌〜な予感を感じながら、ポイントへ到着。

予想どおり私一人です。そして、できるだけ目立たないようにとそっと座り込んで待つことにしました。そして、約一時間が経ち、少し緊張が緩みかけたところでブッシュの奥に何かの気配が。

前回はルリビタキでしたし、昨年はソウシチョウも....。当然、生息しているのはコマドリだけではありませんので、再度気を引き締めます。

そして、直後に現れたのは待ち焦がれていたコマドリでした。

しかし、じっとしている時間が異常に短く、次から次へと移動の繰り返しです。しかも移動するのはブッシュ付近の暗くて汚いところばかり。まだ辺りは薄暗く、SSを1/320程度まで落としてもISOは6400の最上限....、とても満足するような画像が撮れません。

このブッシュの手前には渓流が流れていて、そこには苔の生えた数個の石があります。昨年3年前もそうでしたが、出現してしばらくすると、その石の上に降りてポーズをとってくれました。

ここなら明るくて抜けた画像が撮れるので、このフィールドでのベストポジションです。今年も楽しみに待つことにしますが、今年の子はいつまで経っても草だらけのところから移動しません。

それでも、しばらくするとようやく石に近づき、もうあと少しの距離です。その辺りなら少し明るいので、やっとISOも800〜1600程度に下がってくれます。そして、やっと石の上に!と思った瞬間、思わぬ天敵が現れました。

私が座っている横の植え込みから、バサバサという大きな物音が近づいてきます....。

イタチ?イノシシ?とビクッとしましたが、目の前に現れたのは何と大きな2匹の犬を連れた散歩の女性でした。その直後、コマドリは飛び去ってしまい、撮影も振り出しに。まさか、犬や人間に邪魔されるとは思っていなかったので、少しショックが拭えません。

余程ビックリしたのか、その後一時間以上もコマドリは戻って来ません。公共の場所ですので文句は言えませんが、複雑な気持ちを引きずったままの撤収となりました。

でも、もう一度リベンジに行くつもりです。









⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


やっと待望のコマドリが登場しましたが
KOMADORI-91*b
コマドリ

真っ暗なところでISOは6400
KOMADORI-92*b
コマドリ

当然ノイズがひどく塗り絵状態
KOMADORI-93*b
コマドリ

トリミングも限られてしまいます
KOMADORI-94*b
コマドリ

しかも、ブッシュ付近から移動しないので
KOMADORI-95*b
コマドリ

背景は汚いところばかり
KOMADORI-96*b
コマドリ

少し明るいところへ移動してくれました
KOMADORI-97*b
コマドリ

KOMADORI-98*b
コマドリ

ISOも800〜1600程度になりましたが
KOMADORI-99*b
コマドリ

KOMADORI-100*b
コマドリ

相変わらず、背景は汚いです
KOMADORI-100*1*b
コマドリ

KOMADORI-100*2*b
コマドリ

KOMADORI-100*7*b
コマドリ

KOMADORI-100*8*b
コマドリ

やっと石の近くに降りてきましたが
KOMADORI-100*3*b
コマドリ

直後に2匹の犬と飼い主が
KOMADORI-100*4*b
コマドリ

当然、直ぐに飛び去ってしまいました
KOMADORI-100*6*b
コマドリ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

立派なオスで、羨ましい限り。
私は坊主ばかり。
しかし、散歩の人に飛ばされるとは、モヤモヤ残りますね。
次回リベンジ楽しみにしてます。
私もコマドリ撮りたいものです。

翡翠♪♪さん

待ち時間の間ならまだしも、まさに撮影中だったので驚きでした。
以前にも見かけたことがありますが、ここは犬を水浴びさせるためにはいい場所なんでしょうねぇ。
近況報告
GWが終了し、人の流れは落ち着きましたが、新型コロナウイルスの感染者が増え始めています。 予想されていたことですが、今後の状況が気になりますね。

ブログをご覧の皆さまも、今後も充分に気をつけながらお過ごしください。

 





FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年5月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
Nikon
  マウントアダプター FTZⅡ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(F004)
  SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)
Zoom-NIKKOR Auto
  43~86mm F3.5

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー