迷っただけならいいのですが.... #ツクシガモ


不満な距離のキョウジョシギを撮影していると、少し離れたところに居たカメラマンが他の鳥を撮影している様子。

ん?と思ってそちらの方向へレンズを向けてみましたが、何が居るのかよくわかりません。そして、そのカメラマンにお尋ねすると、「あそこにツクシガモが。今朝から居るらしい....。」と。

改めてそちらにレンズを向けると、大きな岩の間にじっとしているツクシガモの姿が確認できました。しかし、キョウジョシギの居る岩よりももっと遠い岩上で、初めは俯いていたので気がつきませんでした。

久しぶりの出会いは嬉しかったのですが、またまたこの距離に悩みそうです。

ツクシガモは冬鳥として九州の有明海辺りに飛来することが多く、この辺りでは珍鳥の扱い。それでも、結構大阪湾には飛来するようですし、この日には県内の西の地で出会っています。その日以来、4年半ぶりの出会いには感動でしたが、5月半ばということでちょっと???

九州からの渡りの途中にこの地へ迷い込んだのでしょうか....。それにしても5月の北帰というのもちょっと遅いような気も。もちろん、こんな時期になって渡っていく冬鳥も希に居るので何とも言えませんが。

しかし、何かの予期せぬアクシデントでこの地から動けないのでは、喜んではおられません。

横で観察してたカメラマンは「弱ってるみたい....」と仰っていましたが、果たしてそうなのかは不明です。確かにほとんど動かなかったのでそうなのかもしれませんが、動かなかっただけにほんとに弱っているのかも謎です。この近くでは、つい最近のオオハムや2年前のビロードキンクロの一件があっただけに、この子の今後が気になります。

そして、翌日FKさんがこの地に行かれましたが、もう姿がなかったのこと。やはり遅い北帰の途中に一日だけ休憩していただけでしょうか。今頃北の地へ向かっての旅の途中ならいいのですが....。









⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


発見時のデフォルト画像です
俯いていると、どこに居るか解りません
TSUKUSHIGAMO-41**b
ツクシガモ

精一杯のトリミングをしてやっとこの大きさに
TSUKUSHIGAMO-41*b
ツクシガモ

顔に白っぽい班があるので
TSUKUSHIGAMO-42b.jpg
ツクシガモ

まだ若い子でしょうか....
TSUKUSHIGAMO-43b.jpg
ツクシガモ

TSUKUSHIGAMO-45b.jpg
ツクシガモ

TSUKUSHIGAMO-46b.jpg
ツクシガモ

TSUKUSHIGAMO-47b.jpg
ツクシガモ

TSUKUSHIGAMO-49b.jpg
ツクシガモ

TSUKUSHIGAMO-50*1b
ツクシガモ

TSUKUSHIGAMO-50*2b
ツクシガモ

TSUKUSHIGAMO-50*3b
ツクシガモ

TSUKUSHIGAMO-50*4b
ツクシガモ

TSUKUSHIGAMO-50*5b
ツクシガモ

TSUKUSHIGAMO-50*6b
ツクシガモ

数時間の撮影中もここから動かず
TSUKUSHIGAMO-50*7b
ツクシガモ

ちゃんと飛べるのか?等、体調が気になります
TSUKUSHIGAMO-50*8b
ツクシガモ

しかし、翌日は所在不明とのこと
TSUKUSHIGAMO-50*9b
ツクシガモ

休憩していただけならいいのですが
TSUKUSHIGAMO-50*10b
ツクシガモ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II


関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

こんにちは

この時期にツクシガモとは珍しいですね〜 渡り中に群れから離れてしまったのでしょうか。休憩して無事仲間に追いついていると良いですね〜

Yasuoさん

そうなんですよ、この時期にまさかツクシガモなんて思ってもいなかったのでビックリでした。ほんとに休憩に立ち寄っただけならいいのですがねぇ。
近況報告
今年は前代未聞の早い梅雨明けになりそうですが、今後は熱中症の心配も。6月からこの暑さでは今後が気になりますね。

まだまだ新型コロナウイルスも収束したわけではありませんし、ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年5月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
Nikon
  マウントアダプター FTZⅡ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(F004)
  SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー