もうかなり大きかったです.... #カイツブリ


例年とはちょっと違う光景でしたが、可愛いカルガモのヒナが撮れました。その後は次の定点観測地、もう少し西のN池へ向かいます。

このN池を訪れるのはたいていこの時期ですが、この日にはホオジロハクセキレイが入ったとのことで、今年は子育ての時期以外にも訪問しています。

すると、これまでどうしても出会えなかったクイナヒクイナに会えるという幸運も。

やはり、定点観測の時期以外も覗いてみないとダメですね。その日はターゲットのホオジロハクセキレイ以外にもセッカオオジュリン、それにコジュリンと思われる子にも遭遇し、大豊作の日を過ごしました。

その日から2ヶ月あまりが過ぎ、例年観測をしている子育ての時期となりました。毎年、複数組のカルガモ、カイツブリ、バンが子育てをしており、賑やかな状態を予想して現地に到着。

しかし、全体的に鳥影が少なく、なぜかひっそりしています。

それでも、遠い水面に2羽のカイツブリを見つけました。どうやら顔に独特の縞があるので幼鳥のようです。しかし、それにしても身体が大きく、白っぽくてふっくらしていて違和感が。

成長の過程でこんなに白い時期があったのか?と思いながらの撮影となりました。

昨年10月のこの日には地元のN池/K池で、このくらいの大きさに育った幼鳥が単独で餌探しをしており、近くに親鳥の姿はありませんでした。今回のこの子たちはすぐ近くから親鳥が見守っていましたが、もうそろそろ親離れの時期でしょうね。









⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


遠くからはもっと白く見えたので別の鳥か?と
KAITSUBURI-253b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-252b.jpg
カイツブリ

ほんとにお腹が白いです
KAITSUBURI-254b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-255b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-256b.jpg
カイツブリ

元気に単独で採餌中
KAITSUBURI-258b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-259b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-260b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-260*1b
カイツブリ

KAITSUBURI-260*2b
カイツブリ

近くからは親鳥が見守っていました
KAITSUBURI-260*3b
カイツブリ

KAITSUBURI-260*4b
カイツブリ

KAITSUBURI-260*5b
カイツブリ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR + Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
今年は前代未聞の早い梅雨明けになりそうですが、今後は熱中症の心配も。6月からこの暑さでは今後が気になりますね。

まだまだ新型コロナウイルスも収束したわけではありませんし、ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年5月現在)

* カメラボディ *

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z50
Nikon D500
Panasonic LUMIX DMC-FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Nikon
  マウントアダプター FTZ
Nikon
  マウントアダプター FTZⅡ
AF-S NIKKOR
  500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR
  300mm f/4E PF ED VR
TAMRON(A035)
  100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD
TAMRON(F004)
  SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
AF-S DX NIKKOR
  16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
TOKINA AT-X 124 RRO DX Ⅱ
  12-24mm F4(IF)

* テレコンバーター *

AF-S TELECONVERTER
  TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER
  TC-17E II


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










兵庫県南部の天気予報
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリー