前回から5日が経ちました.... #カイツブリ


2ヶ所で巣作りをしていたK池のカイツブリですが、前回訪問時から5日が経ちました。

まずは東側の道路に近い巣ですが、まだヒナが生まれている様子はありません。しかし、巣の上の親鳥の足元にはいくつかの卵が。画像を拡大してみると、確実に3個は写っています。

そして、親鳥がのんびりと抱卵している様子も見られ、順調そうな感じです。卵を産んだ日が解らないので孵化日の予想ができませんが、毎日の散歩で通る方にお尋ねすると、もうそろそろか?と。

そして、もう一箇所は池の中央です。

少し遠いので解りにくいですが、こちらはまだ巣が小さいみたいで、親鳥2羽が巣材と思われる草や藻をせっせと運んでいます。

なので、卵はまだかと思いましたが、こちらも巣の上に4個の卵が見えました。巣が小さいだけに遠くからでも丸見えです。しかも、東側の親鳥と違い、ここの親鳥は巣材の調達に出かける際も卵を隠すことなく、そのまま出かけてしまいます。ちょっと危機管理能力に欠けているようで、今後が心配ですね。

それでも、2ヶ所の巣で合計7個の卵です。

そして、帰路につこうと隣のN池の横を通ると、ここにも1箇所のカイツブリの巣が。前回訪問時にはなかったように思ったのですが、もう抱卵しているようなので気がつかなかっただけかも。

そして、こちらも3個の卵が見えました。このN池の巣は柵から10m弱の距離ですし、隣のK池よりも水面が低いです。巣の上がよく見えるので、ヒナが生まれると撮りやすそうです。しかし、こちらの親鳥も卵を隠さず、そのままで出かけてしまいます。こちらは岸からも近いですし、ほんとに大丈夫なんでしょうか。

これで、この両池にカイツブリの卵は合計10個となりました。今後の楽しみがますます増えました。












⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


まずはK池の東側の巣です
KAITSUBURI-290*3b
カイツブリ

卵が見えるようです
KAITSUBURI-290*4b
カイツブリ

この画像を拡大してみると
KAITSUBURI-290*6b
カイツブリ

卵が3個見えました
KAITSUBURI-290*6**b
カイツブリ

ここの親鳥は外出時
KAITSUBURI-290*9b
カイツブリ

ちゃんと卵を隠します
KAITSUBURI-290*8b
カイツブリ

この後も抱卵を続けました
KAITSUBURI-290*10b
カイツブリ

一方、こちらは中央の巣です
KAITSUBURI-283b.jpg
カイツブリ

少し遠いですが拡大してみます
KAITSUBURI-284b.jpg
カイツブリ

卵は4個のようですが
KAITSUBURI-284**b
カイツブリ

丸見えのまま外出するのが気になります
KAITSUBURI-282b.jpg
カイツブリ

隣のN池にも巣がありました
KAITSUBURI-289b.jpg
カイツブリ

こちらも卵が生まれています
KAITSUBURI-290b.jpg
カイツブリ

3個見えますが、1個は白いですね
KAITSUBURI-290**b
カイツブリ

KAITSUBURI-288b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-286b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-290*1b
カイツブリ

この子も抱卵を続けました
KAITSUBURI-290*2b
カイツブリ

Nikon Z50 + FTZ + TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD


関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
11月も後半に入り、もう冬の気候となってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルスもまたまた怪しげな状況となり、第8波が懸念されています。しかも今年はインフルエンザも気になりますね。

ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年11月現在)

* カメラボディ *

Canon EOS R7
Canon EOS R10
Canon EOS Kiss Digital N
Panasonic LUMIX DMC FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Canon
   マウントアダプター EF-EOS R
Canon RF100-500mm
   F4.5-7.1 L IS USM
Canon RF600mm
   F11 IS STM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di
   MACRO1:1(272E) For Canon EF
TAMRON 18-270mm F3.5-6.3
   Di II VC PZD(B008) For Canon EF
Canon EF-S 18-55mm
   F3.5-5.6 IS STM


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










天気予報



カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


カテゴリー