またまた5日が経ちました.... #カイツブリ


合計3ヶ所で営巣しているN池/K池のカイツブリですが、前回訪問日からまたまた5日が経ちました。

この日もどうせヒナはまだだろうと、まずはN池の巣を確認しますが、やはり抱卵中の様子です。

それでも、ひょっとするとお腹の下にヒナが居るかも?と、親鳥が巣から離れるまで待ってみましたが、見えるのは卵だけでした。それでも、前回は3個だと思っていましたが、6個あるように思えます。

そして、そのまま遊歩道を歩き、お隣のK池へ。まず視界に入ってくるのは池の中央の巣ですが、ここも親鳥が真ん中に座ったまま動きはありません。しかも、私が滞在中は巣から離れることはなかったので、ここもまだヒナは生まれていないのでは....と。

その後は3ヶ所目の東側の巣へ。

到着時は親鳥が2羽とも巣の上に座っていましたので、うーんここもまだか?....と。

しかし、直後に1羽の親鳥が立ち上がると足元にはヒナらしき姿が。その時は親の身体に隠れてよく見えませんでしたが、無事ヒナが生まれていたようです。

そして、2羽の親鳥が水の中に入った途端、巣の上は丸見えに。するとそこには3羽の可愛いヒナが居るのが見えました。

その後、散歩で通りかかられた方といろいろお話を。前日は来られなかったらしいですが、前々日にはヒナの姿はなかった....と仰っていました。ということで、生まれたのは前日か?この当日か?....、生後1〜2日と思われます。

さすがに自分で餌を獲るのは無理なので、親鳥が運んでくるものを食べるようですが、この種の鳥は生後すぐに歩いたり、泳いだりが可能。身体はこんなに小さいのに、ほんとに自然の大きさを感じますね。

ただ、気になるのは巣の位置です。

遮るものはなく、大きな池のど真ん中。生まれて間もない間は親鳥のそばから離れないでしょうが、少し大きくなって自分で餌を探しにいくようになると、かなり危険度が増すような気も....。この辺りはカラスも多いですし、襲われることなく元気に育ってほしいものです。












⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


最初に向かったN池はまだ抱卵中
KAITSUBURI-300*21b
カイツブリ

先日は3個だと思いましたが、6個見えますね。
KAITSUBURI-300*22b
カイツブリ

一方、K池中央の巣は動きがありません
KAITSUBURI-300*16b
カイツブリ

そして、K池東側の巣です

カイツブリ

親鳥が立ち上がると足元に2羽のヒナが
KAITSUBURI-292b.jpg
カイツブリ

向こうの親鳥の手前にも1羽居るようです
KAITSUBURI-293b.jpg
カイツブリ

合計3羽の可愛いヒナが生まれていました
KAITSUBURI-294b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-296b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-297b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-299b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-300b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-300*3b
カイツブリ

KAITSUBURI-300*13b
カイツブリ

KAITSUBURI-300*14b
カイツブリ

KAITSUBURI-300*7b
カイツブリ

KAITSUBURI-300*8b
カイツブリ

KAITSUBURI-300*11b
カイツブリ

KAITSUBURI-300*12b
カイツブリ

可愛いのでもっと拡大してみました
KAITSUBURI-300*10b
カイツブリ

KAITSUBURI-300*9b
カイツブリ

Nikon Z50 + FTZ + TAMRON 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
11月も後半に入り、もう冬の気候となってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルスもまたまた怪しげな状況となり、第8波が懸念されています。しかも今年はインフルエンザも気になりますね。

ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年11月現在)

* カメラボディ *

Canon EOS R7
Canon EOS R10
Canon EOS Kiss Digital N
Panasonic LUMIX DMC FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Canon
   マウントアダプター EF-EOS R
Canon RF100-500mm
   F4.5-7.1 L IS USM
Canon RF600mm
   F11 IS STM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di
   MACRO1:1(272E) For Canon EF
TAMRON 18-270mm F3.5-6.3
   Di II VC PZD(B008) For Canon EF
Canon EF-S 18-55mm
   F3.5-5.6 IS STM


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










天気予報



カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


カテゴリー