やっぱり昨年と同じ地に.... #アメリカヒドリ


池巡りの前に少しの区間だけM川河川敷を歩いてみましたが、出会えたのはゴイサギのみ。

それでも、滅多に出会えないゴイサギに会えたので運があるかも?と先を急ぎます。その後は、河川敷から外れてN池/K池へ。

アメリカヒドリもそうですが、そろそろミコアイサも気になります。

ミコアイサはまだ少し早いか?とも思われますが、この両池は12月になると池の水が抜かれるので、それまでに撮影しておきたいのです。

数年前まではこの時期にこの池へ到着し、水が抜かれるまでにパンダになっていたのですが、最近は飛来するまでに水が抜かれてしまうことの方が多く、もう数年この土地ではパンダを撮影できていません。

まず、N池に着くと水面にはヒドリガモとカルガモが数羽だけです。隣のK池へ行ってみると、なんと500〜600羽のカモ類が。多くの鳥たちが飛来してくれているのは嬉しいですが、これではアメリカヒドリやミコアイサ等、特定の種を探し出すのは大変です。

よほど、手前に来てくれるか、群れの端にでも居ない限り、探しようがありません。この中に混じっているのかも?と思いながら、次の池へと向かいました。

途中2〜3カ所の池を経由して、AパークのS池へ。

この地は一昨年昨年と長居をしてくれ、昨年の途中からはアメリカヒドリが2羽に増えたところで、今回本命のフィールドです。そして、水面を見ると、ヒドリガモとキンクロハジロを合わせて20羽足らず。

すると、その中の1羽が群れから外れ、私の方へ一目散に泳ぎはじめました。ちょうど南向きになるので、逆光でよく見えなかったのですが、キラリと見えた目の周りは緑色。

やっぱり、本命の地でターゲットのアメリカヒドリに出会えました。今回は1羽だけでしたが、この人懐っこさは昨年この地に居て、散歩の人たちから毎日のように餌をもらったのを覚えているのかも。

一緒に群れているヒドリガモより強い警戒心を持っているはずですが、この子は渡ってくる途中に落としてしまったのかもしれません。

それと、今回の機材はネオ一眼のJPG撮影。顔の白飛びがうまく補正できなかったのが残念でした。












⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


カモ類は500〜600羽か?と
AMERIKAHIDORI-160_13b.jpg
K池

奥の方にもたくさん居ます
AMERIKAHIDORI-160_14b.jpg
K池

1羽がこちらへ向かってきました
AMERIKAHIDORI-160_10b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-160_9b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-160_3b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-160_4b.jpg
アメリカヒドリ


アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-152b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-159b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-160b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-153b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-154b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-157b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-158b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-155b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-156b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-160_1b.jpg
アメリカヒドリ

AMERIKAHIDORI-160_2b.jpg

Panasonic LUMIX DMC FZ1000


関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
11月も後半に入り、もう冬の気候となってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルスもまたまた怪しげな状況となり、第8波が懸念されています。しかも今年はインフルエンザも気になりますね。

ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年11月現在)

* カメラボディ *

Canon EOS R7
Canon EOS R10
Canon EOS Kiss Digital N
Panasonic LUMIX DMC FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Canon
   マウントアダプター EF-EOS R
Canon RF100-500mm
   F4.5-7.1 L IS USM
Canon RF600mm
   F11 IS STM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di
   MACRO1:1(272E) For Canon EF
TAMRON 18-270mm F3.5-6.3
   Di II VC PZD(B008) For Canon EF
Canon EF-S 18-55mm
   F3.5-5.6 IS STM


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










天気予報



カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


カテゴリー