負の連鎖はまだまだ続きます.... #ヒバリ


例年なら、翌日はシノリガモ、クロサギ等の探索に隣県の海岸線を歩くのですが、今年は起床時に大きく迷いました。

前日は楽勝で出会えるはずのマガンに出会えていませんし、チュウヒやノスリの猛禽も恥ずかしい画像しか撮れていません。ましてや、本来なら鳥影の濃いH川河口域での撮影ではほとんどボウズの状態です。この地域でこんな収穫は過去一度もありません。

なので、もう一度H川河口域でリベンジをしようか?と。

迷った理由の一つとしては、昨年より訪問日が少し早いので、シノリガモも外すような予感が。クロサギは未見ですので習性等詳しい知識がありませんし、負の連鎖が続いているだけに2種とも出会えるような気がしません。

かなり迷いましたが、もう一度H川河口域へ行った方が2日も続けてボウズはないだろう....と、早朝から再度マガンの到着を待つことに。

現地到着直後から、数グループの群れが飛び交っているのですが、何となく身体が少し小さいです。初めのうちは暗くてよくわからなかったのですが、朝日に照らされた姿を見てやっぱり....と。

かなりの数の大群は全てマガモとカルガモです。ほんとにマガンは何処へ行ったのだろうと首を傾げます。それでも、まだ夜が明けたところなので、これからたっぷり時間をかけて探そうと。

しかし、一時間が経ち、二時間が経ってもマガンの群れは一向に現れません。それどころか、河口あたりの猛禽ポイントにも何も居ません。

いつもの河口域ポイントを諦め、H川の左岸、そして両岸のもっと上流域、そしてもっともっと西側のJZ湖付近の田んぼまで探索範囲を広げます。もうこの近辺の田んぼは他に無いのでは?というくらい探し回りましたが、マガンおよび猛禽類に出会えることはありませんでした。

例年なら、収穫の悪い年でも滑り止めのタゲリには会えるのですが、そのタゲリすら居ません。前日も含めると、このフィールドにかなりの時間を費やしましたが、出会えたのはヒバリだけでした。マガンはいったい何処で食事をしているのでしょう。

多額の交通費をかけて、ヒバリだけとは悲しいですね。せめて渡りの鳥ならそれなりに納得したのですが。












⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


数グループの群れは飛んでいますが
MAGAMO-80*21b
マガモ&カルガモ

マガンにしては小さいかも?
MAGAMO-80*22b
マガモ&カルガモ

やっばりマガモの群れでした
MAGAMO-80*24b
マガモ

その中にはカルガモの姿も
MAGAMO-80*23b
カルガモ

このH川河口域で
HIBARI-161b.jpg
ヒバリ

2日もかけて撮れたのは
HIBARI-162b.jpg
ヒバリ

ヒバリだけでした
HIBARI-163b.jpg
ヒバリ

HIBARI-164b.jpg
ヒバリ

HIBARI-165b.jpg
ヒバリ

HIBARI-168b.jpg
ヒバリ

HIBARI-166b.jpg
ヒバリ

Canon EOS R7 + RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク





comment

Secret

近況報告
11月も後半に入り、もう冬の気候となってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルスもまたまた怪しげな状況となり、第8波が懸念されています。しかも今年はインフルエンザも気になりますね。

ブログをご覧の皆さまもくれぐれも体調に気をつけながらお過ごしください。

 






FC2カウンター


FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2022年11月現在)

* カメラボディ *

Canon EOS R7
Canon EOS R10
Canon EOS Kiss Digital N
Panasonic LUMIX DMC FZ1000
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Canon
   マウントアダプター EF-EOS R
Canon RF100-500mm
   F4.5-7.1 L IS USM
Canon RF600mm
   F11 IS STM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di
   MACRO1:1(272E) For Canon EF
TAMRON 18-270mm F3.5-6.3
   Di II VC PZD(B008) For Canon EF
Canon EF-S 18-55mm
   F3.5-5.6 IS STM


私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。





訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク










天気予報



カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ


カテゴリー