ようやく安定の兆しが.... #カイツブリ


今年はこれまで子育てがうまく進んでいない定点観測地のN池/K池です。

K池では巣の上で抱卵していても数日後には巣が消滅....というような不安定な状況が何回も繰り返され、GW前に4羽が育った後は1羽のヒナも生まれていません。

前々回訪問した6月17日にも、隣のN池との境目の南西側の端で抱卵する姿を見届けていたのですが、その3日後に訪れると巣は見当たらず、またまた降り出しに。それでも、今度は南東側の隅に、また新たに巣らしきものを作りかけてるような様子で、それなりに逞しさは続いています。

ただ、これまで何回もこんな様子を見ては、次回の訪問時に落胆させられているので安心はできません。

ということで、今回は少し日にちを空けて7月4日の訪問です。

まずチェックしたのは、前回新たに巣を作り始めていたように見えたK池南東側の角。岸から5mほど....と近いところに巣があり、今回は卵の姿も見えました。

卵は5個(ひょっとすると6個かも?)見えましたが、ここは岸から近いだけに今後が気になります。そして、親鳥が抱卵する姿はあまり見られず、まだまだ巣の補修中なのか巣材を運び続けている姿が印象的でした。

その場をしばらく撮影した後、そのまま池の縁を歩いて他の場所のチェックも。

すると、今度は北東側の隅にも新たな巣が。卵が4個見えたのですが、ここも抱卵というより、まだカップルでせっせと巣材を運んでいました。

しかし、ここも先ほどよりもっと岸に近く約2m。柵の上から覗くと巣の位置は真下で、手の届くようなところです。あまり、親鳥を刺激しないようにと短時間で撮影は切り上げましたが、その後も犬の散歩やウォーキングの人が足を停めて頻繁に覗き込みます。こんなところで、落ち着いて子育てができるのでしょうか?相変わらず、今回も?な様子です。

それでも、GW後に卵が確認できたのは初めてで、ようやく安定してきたようにも思えます。このままこれらの卵が孵化すると、9羽か10羽、このまま無事に可愛いヒナを育ててほしいです。

ちなみに、この後私は気づかずに帰ったのですが、GTさんのブログによると、隣のN池にも新たな巣があった....と。どうやら、木の葉っぱに隠れて見えないところらしいです。私も気づかなかったですし、見えないところとなると、天敵対策はほぼ完璧かも。

次回訪問時はこの3か所めもチェックしてきます。











⬇️ 画像はクリックすると大きくなります ⬇️


前回?と思った南東側に巣ができていました

カイツブリ

KAITSUBURI-352b_20230706082355b9a.jpg
カイツブリ

抱卵というより、まだ2羽でせっせと巣材運び
KAITSUBURI-358b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-353b_20230706082353cbb.jpg
カイツブリ

岸から5mと近いのが気になります
KAITSUBURI-356b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-355b.jpg
カイツブリ

5個の卵?右端の白いのも卵なら6個かも?
KAITSUBURI-359b.jpg
カイツブリ

北東隅にも新たな巣が
KAITSUBURI-360_6b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-360b.jpg
カイツブリ

ここはもっと近くて岸から2m
KAITSUBURI-360_1b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-360_2b.jpg
カイツブリ

こちらもまだ巣材を運んでいます
KAITSUBURI-360_4b.jpg
カイツブリ

KAITSUBURI-360_5b.jpg
カイツブリ

こちらの卵は4個でした
KAITSUBURI-360_3b.jpg
カイツブリ

Canon EOS R10 + EF-EOS R + EF 100-300 F4.5-5.6mm USM
+ KENKO C-AF1 1.5X TELEPLUS SHQ

関連記事


いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

広告





広告

comment

Secret

近況報告
GWもあっという間に過ぎてしまいましたが、皆さまいかがお過ごしですか?

次から次へと夏鳥の飛来も始まりましたが、朝と昼との寒暖の差が激しい日々が続きます。

ブログをご覧の皆さまにおかれましては、くれぐれも健康に留意してお過ごしください。

 






広告
FC2カウンター


広告
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

広告
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年8月生まれ
性 別:男性

当サイトではアフィリエイト広告を
利用しております

撮影機材(2024年1月現在)

* カメラボディ *

Canon EOS R7
Canon EOS R10
Canon EOS Kiss X4
Panasonic LUMIX DC FZ85
Apple iPhone SE(第2世代)

* レンズ *

Canon マウント変換アダプター
   EF-EOS R
K&F Concept マウント変換アダプター
   KF-PKRF
K&F Concept マウント変換アダプター
   KF-PKEF
Canon RF100-500mm
   F4.5-7.1 L IS USM
Canon RF600mm
   F11 IS STM
Canon EF100-300mm
   F4.5-5.6 USM
Canon EF 24-85mm
   F3.5-4.5 USM
Canon EF 20-35mm
   F3.5-4.5 USM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di
   MACRO1:1(272E) for Canon EF
KENKO
   2X TELEPLUS PRO 300 for Canon EF
PENTAX
   SMC PENTAX-M 50mm F1.7
RICOH
   RICOH RIKENON XR 28mm F2.8

私が出会った野鳥を撮影した趣味のブログです。識別は間違っているかもしれませんが、ご容赦ください。野鳥の生息地および撮影地に関しましては、自然環境の保護や付近住民の方々への影響を考慮して、明確には記載しておりませんのでご了承ください。

画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



広告


訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

最新記事
最新コメント
リンク
ランキング
スポンサーリンク


広告




広告


広告
天気予報



カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ


広告
更新通知登録ボタン
更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

広告
カテゴリー
QRコード
QR