マニュアル露出とISO自動設定の併用....

野鳥を撮影されるときの露出の設定はどうされていますか?
ISO値をできるだけ低くして、絞り優先で撮っておられる方が多いのではないでしょうか?

私もつい最近までは過去の風景写真やスナップ等の経験を引きずったまま、絞り優先で撮影していました。私が撮影に出るときは、たまに18-400mmズームを使うこともありますが、300mm F4+1.7テレコンの510mm相当か、500mm F5.6+1.4テレコンの700mm相当(もちろんテレコン無しの場合も)のどちらかです。手持ちの場合がほとんどなので、できれば510mm相当の場合で1/500、700mm相当の場合は1/1000以上、ましてや飛翔シーンなら1/2000程度のシャッター速度で撮りたいものです。

しかし絞り優先にしていると、気がつかないうちにシャッター速度が落ちてしまいブレ画像を量産....。それを嫌ってISOを上げ過ぎると塗り絵のような画像になってしまうのも困りものです。少々ノイズがあっても、ビシッと止まった画像を撮りたいのですが、なかなかうまく撮れないのです。どうしたものか?と、どうにも納得できない日々が続いておりました。

そんな時、とあるサイトでマニュアル露出とISO自動設定との併用という技を見つけました。
もちろん、シャッター優先という選択肢もあるのでしょうが、これもむやみに絞りが開いてしまい、解像度が落ちて眠い画像になってしまいます。素速い判断が求められる野鳥の撮影時、しかもこれだけカメラボディの性能が上がっているこのご時世に、まさかマニュアル露出?....と思いましたが、試してみるとこれがなかなかのものです。

まずは露出設定をマニュアルモードにしたうえで、ISO感度を自動設定にして自分が撮りたいシャッター速度と絞り値を決めて撮影するだけです。カメラボディの高感度性能がよくなってるとはいえ、無限に上がるとノイズだらけになるので、ISOの上限設定を3200〜8000くらいにするのがいいでしょう。小さい鳥や距離が遠くて、トリミング度が大きくなる場合は低めが無難かも。ただ、あまり低く設定し過ぎると適正露出とならずに真っ黒になってしまうので、今度は露出補正で補う必要があります。絞り値に関しても、開放では解像度が落ち、眠たい画像になってしまうので私は1〜2絞り絞った値にしています。

この設定を初めて数ヶ月経ちましたが、なかなか良好です。どうしてもISO値が上がってしまいますが、カメラによって高感度性能が違うので、自分自身で納得できる上限値を決定して、露出補正をすればいいでしょう。それでも、ノイズが気になる場合いは、少しずつ様子を見ながら、ブレない範囲でシャッター速度を落としていくのがいいかも。

高ノイズになってしまうような条件の場合は、元々ブレていたわけですから、ほとんどが止まっているのはありがたいです。もちろん、明るいフィールドのときや三脚使用時はシャッターを速度を落とすと、ISOが自動的に下がりますのでノイズも減っていきます。

最近のカメラには簡単には使いこなせないくらいの、便利な性能や機能があります。デフォルトのモードではなく、ご自分に合った撮影設定を試してみられてはいかがでしょう。





露出設定はマニュアルモードです
D500-5b.jpg
D500 露出設定

ISO感度は自動 上限は8000にしています
D500-4b.jpg
D500 露出設定

Nikon D7100 + AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G






Lexar 128GB SDXCメモリーカード(SDカード) 1000x UHS-II U3 Class10 V60 4K対応 米国版 [並行輸入品]

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







関連記事

滑り止めだったかも.... #キセキレイ

アカショウビンの地で、開門前に撮影したキセキレイです。

まさかこの地でアカショウビンを外す事はないだろう....とは思いましたが、一応滑り止めとして撮影しておきました。かなり管理が行き届いているこの地ですが、ここは動物園ではありません。ましてや相手は野生のアカショウビン....、自然界は何があるかわかりませんよね。

結局、この後アカショウビンとの出会いは実現したので、滑り止めのメイン画像にはならなくてよかったです。それでも、先日ご紹介したとおり厳しい子育て状況でしたので、もう数日ずれていれば撮影できていなかったかも。そう思うと、やっぱりフィールドで出会った鳥はなんでも撮っておかないと....とつくづく思います。

このキセキレイはカップルでいたようで、この枝の上で交互に気持ちよく囀っていましたが、残念ながらちょっと遠かったです。ここは結構明るく、そんなにISOは上がってないのですが、かなりのトリミングでノイズだらけになってしまいました。

それでも、普段は汚い泥の混じった下草の地でしか出会えないキセキレイの枝止まりは新鮮でした。


キセキレイ

KISEKIREI-32b.jpg
キセキレイ

KISEKIREI-37b.jpg
キセキレイ

KISEKIREI-33b.jpg
キセキレイ

KISEKIREI-34b.jpg
キセキレイ

KISEKIREI-36b.jpg
キセキレイ

KISEKIREI-35b.jpg
キセキレイ

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR + AF-S TELECONVERTER TC-14E Ⅲ

いつも訪問ありがとうございます
⬇️ 応援よろしくお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

スポンサーリンク







関連記事
近況報告
7月にはいり、いよいよ梅雨も本格的になってきました。

災害級の豪雨になっているところもありますが、皆さまが被害に遭われことのないよう祈っております。そして、既に被害に遭われた皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。




FC2カウンター
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

えむ・おー

Author:えむ・おー
居住地:兵庫県宝塚市
年 齢:1955年生まれ
性 別:男性

撮影機材(2019年1月現在)

カメラボディ
Nikon D500
Nikon D7100
OLYMPUS XZ-10

レンズ
AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR
TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

テレコンバーター
AF-S TELECONVERTER TC-20E III
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
AF-S TELECONVERTER TC-14E III
Kenko テレプラス HD pro 1.4X DGX 他


画像はクリックすると大きくなります。 画像および動画の著作権は管理人に属します。無断転載・複製・流用はご遠慮ください。



訪問ありがとうございます
⬇️応援よろしくお願いいたします


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村


鳥ランキング

カテゴリ
天気予報
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサーリンク